さて、突然ですが、わたしは第一子である娘を出産したとき里帰りしませんでした
その時のことについての話です

※娘は現在小学生です。当時と今ではいろい事情が違っているかもしれません。。

里帰りするかしないかはひとそれぞれですよね!?
わたしは「里帰りしないんだ??」「里帰りしなかったの?!」とよく聞かれました
でも、それぞれの家庭にはそれぞれの事情があって…
色々調べてサービスを使ったりと工夫をして過ごしました。

里帰りしないのをおススメしているわけではありません
でも、わたしのように里帰りしないという選択をした(これからする)人について少しでも理解してもらえるようになったらいいなとは思います
(当時、里帰りしないことに対する否定的な意見も言われたので…)
また、わたしが産後に利用したサービスについても書いておきたいとおもいます

【当時の状況について】

★住んでいた場所★

結婚して主人の仕事の都合で住んでいたとある地方都市。わたしの実家へは電車や飛行機を乗り継いで7時間以上かかり、主人の実家も電車や飛行機を乗り継がなければならないところでした。

★当時の生活状況★

結婚して半年程度で娘の妊娠がわかったため、友人はおろか知り合いレベルの人もほぼゼロ
主人は、残業多めな部署に所属しており家事などに協力的ではあるが、時間がとれない状況でした

★当時の実家の状況★
わたしの実家は、父が闘病中(ガンでした…)で入退院を繰り返していた時だったこと、母は父のサポートをしながらフルタイムで仕事をしていたので余裕がなく…頼れる状況になくて…
主人の実家は、義母はフルタイムで仕事をしている&老健施設に入所しているおばあちゃんのサポートをしているため長期で頼るのは難しく、また、結婚したてだったこともあり、まだそこまで義母に頼ることに遠慮していました。

★切迫早産★
わたしは、以前に娘の妊娠出産について書いたとき(→)で書いたように、妊娠8か月から切迫早産で入院しました。点滴&安静の入院生活でしたので、もちろん里帰りの大移動なんてもってのほか
妊娠8か月までには里帰り出産はしないと決めてはいましたが、里帰りするつもりだったとしても移動は無理だということで里帰りできなかったと思います

★帝王切開★
わたしは、以前に娘の妊娠出産について書いたとき(→)にも触れましたが、第一子の娘を緊急帝王切開で出産しています。
緊急帝王切開だったので、自分が帝王切開になるとは思っていませんでしたが…。
帝王切開だと、産後の入院日数が普通分娩より長くなります。また、一般的に回復も帝王切開のほうが時間がかかると言われています。

【里帰りをしない準備】


さて、里帰りしないということを決めたとして、産後退院してからの産褥期をどうやって乗り切るかを考えなければなりません
一般的に、産後退院してから1か月健診までは大人しくしているように言われますよね??
その数週間、だれのサポートもなくやっていく自信はわたしにはありませんでした知らない土地ではじめての子育て&切迫早産で寝たきり生活での体力・筋力の衰え…急に産後パワフルに動けるとは思えませんでした…

★実家の母・義理母に数日だけでもお願いする★

先ほど書いたように、わたしの実家の母も義理母もフルタイムで仕事をしていたり家族のサポートをしていたりだったのですが、産まれた孫の顔を見がてら数日ずつだけでも来てもらえないか相談しました。
実母・義母ともになんとか都合をつけてくれて、交代で数日ずつ来てもらえることになりました!週末は主人がお休みなので、退院後10日程度はだれかしら家族のサポートがあるということになりました

★産後に利用できるサービスを探す★
☆家事☆
実母、義母が帰ってしまったあと、食事の準備や掃除洗濯などの家事をどうするかということですが、調べてみたところ産後の家事援助OKの地域のNPO法人を見つけました。
その地域のファミリーサポートは基本的にこどものお世話ということでしたが、そのNPO法人の事業ではファミリーサポートではフォローしきれないような産褥期の家事援助だったり病児の預かりだったりも大丈夫とのことでした。当時、1時間あたり800円(現在は値上がりしているようです)でお願いすることができました。お金がかかるということでちょっと躊躇してしまいましたが、主人に相談すると主人はいざというときにはお金をつかってもいいという考えなので「使えばいいよ!」と。
それに甘えさせてもらい、1日2時間×10日間程度お願いをすることにしました。
☆買い物☆
買い物などの外出がままならないということを考え、生協とネットスーパーに登録しました。買い物は基本的に生協とネットスーパー、あるいはAma〇on・楽〇などのネット通販を利用しました。

【産後の家事援助をお願いするまでの流れとお願いしたこと】

★利用するまでの流れ★
産後の家事援助をお願いすることを決め、まずはそのNPO法人の窓口の電話番号に電話をかけて産後の家事援助で利用したい旨を伝え、登録や利用の方法について聞きました。
そのNPO法人ではファミリーサポートと同様にまずは登録をして、その後実際に担当してくださる方との面談・打ち合わせを経てからの利用となります。登録の書類と登録料を入金し担当してくださる方と面談をしました。わたしの場合、産前は切迫早産で入院していた&正産期すぐに緊急帝王切開となってしまったことから、登録が産後になってしまったので時間があまりなく…実母がサポートにきてくれているときに面談をしました。

★家事援助でお願いしたこと★
担当してくださる方は、実母と同年代のかたでお子さんもわたしと同年代でお孫さんもいらっしゃるというかたでした。とても明るいかたで、テキパキ手際よく家事をこなしていただきました。
お願いした家事はこんな感じです!

 ●夕飯(私・主人)の準備
 ●風呂掃除
 ●洗濯干し
 ●トイレ掃除
 ●掃除機をかける
 ●布団干し
 ●ごみをまとめる

いわゆる家事全般をお願いしました。毎日お願いしたのは、夕食と風呂掃除だったかな??そのほかのことは臨機応変にお願いしていました。
赤ちゃんのお世話は基本的にわたし。家事をお願いするというスタンスでした
「ママは赤ちゃんと一緒に寝てていいのよ~!」と言ってもらい、体調がまだ不安定な時は横になっていることもありましたし、わたしが元気な時はリビングでお茶を飲みながらお料理中のサポーターさんとおしゃべりしたりもしていました
今思えば、そのおしゃべりがわたしにとって気分転換になっていたと思います。主人のほかにおしゃべりをする相手がいなかったわたしは、サポーターさんに不安を聞いてもらったり優しい言葉をかけてもらえたことで精神的に助けられていたと思います。
そのサポーターさんとは相性がよかったのでしょうね。個人的に仲良くなって、お家にお邪魔させてもらったりもしました。また、第二子である息子を妊娠して切迫流産で安静指示がでたときにもお世話になることになりました。(その話はまた後日…)転勤で引っ越してその土地を離れた今でも年賀状のやり取りをしています

【里帰りをしなかったわたしの感想】

わたしは、主人&実母&義母の協力と産後の家事援助サービス・生協・ネットスーパーなどを活用することによって体調を崩すことなく、精神的に追い詰められることもなく過ごすことができました
里帰りすれば楽チン、里帰りしなかったら大変ということではないのだと思います

ただし、里帰りしないという選択をするのであれば、事前に産後の生活をシミュレーションしてどうやって乗り切るかということを考えておく必要はあると思います
実母や義母にしばらく滞在してもらうというのもひとつの方法だと思います。また、産後の家事援助をお金がかかってもお願いするというのもひとつの方法だと思います。それぞれ事情があるので、何が正しいということはないんですよね。
今は、インターネットという便利な手段があるので、産後のサービスなどは「○○市 産後 サポート」や「○○区 産後 ヘルパー」などで検索すると情報を見つけることができると思います。最近は、自治体が子育て支援事業のひとつとして取り組んでいたりもするようです。普通に家事代行サービスにお願いするよりも子育て支援のNPOがやっている産後家事支援事業や自治体の支援事業のほうが断然価格が安いので是非調べてみてください!

産後って、ホルモンに振り回されるし寝不足だしで、どうしてもママひとりでがんばるには無理があるのは間違いないことだと思います。
頼れる人やサービスには頼って無理せずに体調を崩さず過ごせたらそれでいい!というある意味割り切りも必要かも?!それが赤ちゃんのためでもあると思いますしね~

産後無理しないこと、それが一番大事


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング