ふれまま日記

幼稚園児の息子と小学校低学年の娘の母です。
働く幼稚園ママ話や子育てのことや日々のこと。
病気がちだった幼児時代の記録なども。

タグ:薬

秋になると流行る病気のひとつにマイコプラズマ感染症(ひどくなるとマイコプラズマ肺炎)があります。
去年の今ごろ、息子がマイコプラズマに感染してしまいました。熱や咳が長引いてひどい気管支炎になってしまい…幸い入院するほどではなかったのですが、完治まで2週間以上かかってしまいました。

しかも、息子はRSウイルスとマイコプラズマの同時感染でした。両方とも、小児科で検査キットを使って検査して陽性でした。
おそらく、RSウイルスでの発症が先で、1日遅れてマイコプラズマを発症したのではないかというのがお医者さんの見立てですが本当のところは分かりません…

経過はこんな感じです。(お薬の名前はお薬手帳をみながら書いています。)とにかく、なかなか治らなくて…とても心配でした。

9月30日
鼻水と咳はもともとでていたが、発熱してしまう。
10月1日
発熱と咳で小児科①を受診。
この時点では、「風邪ですね」とのことで、痰切りのお薬のムコソルバンや咳があるのでオノンやホクナリンテープ、解熱剤が処方される。
10月3日
症状に改善がみられず、熱も高いし咳で苦しそうなため再度小児科①を受診。
RSウイルスとマイコプラズマの検査キットを使って調べてもらったら両方陽性。
マイコプラズマには抗生物質が効果があるとのことで、ワイドシリンが追加処方される。初日にもらっていた解熱剤がもうないため追加で処方される。
10月5日
まだ熱が上がったり下がったりしており、咳で苦しそうにしている。初日の処方が5日分だったのでもう一度小児科①を受診する。
処方内容は初日と同じ。
10月6日
息子の咳が苦しそうで、以前にクループ症候群になって呼吸困難になりかけたこともあって心配になり、小児科②※を受診する。
※かかりつけの小児科①が休診日だったため、以前にかかったことのある総合病院の中の小児科②を受診。
抗生物質を代えてみてはとのことで、ジスロマックを3日分処方されて抗生物質を切り替える。
気管支炎になっているとのことで、吸入をする。
10月11日
まだ発熱と咳がひどく、処方されていた薬もなくなり小児科を受診する。①と②どちらの小児科を受診するか迷ったが、かかりつけの小児科①を受診。もちろん、小児科②でジスロマックが処方されたことも伝える。
小児科①では、ジスロマックではなくクラリスを使ってみましょうとのことで、ムコソルバン、オノン、クラリスが処方される。
10月14日
やはりまだ発熱が続いており、咳もあるためさすがに2週間ずっと発熱や咳があるのが心配で、入院になる可能性も視野に入れつつセカンドオピニオンの意味もあって、小児科②※※を再び受診する。
※※小児科②は総合病院の小児科なので、入院施設があるため。
レントゲンの結果、気管支炎はひどくなってしまっているが肺炎はなんとか大丈夫そうということ。吸入をして、またまた抗生物質の種類をかえることになり、オゼックスが処方される。
10月16日
オゼックスが効いたのか、単に治る時期になったのかは分からないけれど、2週間ぶりに1日中熱が37,5℃以下になる。まだ鼻水や咳はあるが安心する。
10月17日
はすっかり平熱になり、咳もかなり減る。何より息子本人が《いつもの調子》で遊んだり食べたりできるようになる。
10月18日
2週間ぶり以上で、10月に入って始めて幼稚園へ登園。もちろん、マスクをして何かあれば電話をしてもらえるように先生にお願いしていたが、無事に久しぶりの幼稚園を楽しんで帰宅。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

抗生物質の種類が、ワイドシリン→ジスロマック→クラリス→オゼックスと変更になりました。
長引く熱と苦しそうな咳、そしてこんなに種類がかわって大丈夫なのかと、とても心配な日々でした。
熱が下がったときは、本当に安心しました。
息子はもともと気管支炎になりやすいタイプなので長引いてしまったのもあるかもしれません。お医者さんからも、「マイコプラズマは長引いてしまうことがある」と説明がありましたが、それでも心配になってしまうのが母親です。
看病に疲れてきて、途中で違う病院に行ったのが悪かったのかな…などどんどんマイナス思考になったりもしましたし、家にずっとこもって小児科にしか外出しない毎日にストレスがたまってイライラしたりもしました。当時はまだ仕事をしていなかったからよかったものの、仕事をしていたらかなりツラい状況だったと思います。
今は仕事もしているし…マイコプラズマ、ホントにもう勘弁です…。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

季節の変わり目、体調を崩しがちですよね。こどもに薬を飲ませるのに苦労しているお母さんは多いのではないでしょうか。
わたしも、試行錯誤しながら今までやってきました。その試行錯誤についてです。
 
※薬の種類によっては、混ぜるのがNGなものもあります。必ず薬剤師さんに相談してくださいね。また、薬剤師さんに相談すると飲ませ方のアドバイスをしてもらえます。不安があるときは是非相談してみましょう。

【シロップの薬】
シロップの薬は甘いので、娘も息子も嫌がらずむしろ好きなくらいでした。

《赤ちゃんのころ》
スポイトをつかってチュッチュッと吸わせていました。
甘いので、嫌がることはありませんでした。
スポイトは、薬局でもらえることが多いです。数十円で販売している薬局もあります。薬は朝昼晩と飲むので、毎回新しいスポイトというわけにはいかないので…わたしは使ったスポイトは洗って赤ちゃんの哺乳瓶の洗浄液(ミルトンみたいなやつ)に浸けてキレイにして(電子レンジ消毒はNG!)、次につかう前に一度水道水ですすいで乾燥させていました。

《コップ飲みするようになったあと》
コップ飲みするようになったあとは、シロップの薬についてくる小さな計量カップで計りそのまま飲ませていました。
飲むのが下手なのでわたしが手を添えてこぼさないように気をつけて飲ませます。
やはり、甘いので、嫌がることはありませんでした。

【粉薬】
粉薬、飲ませるのに苦労します何かに混ぜて必死に飲ませていました。
最近でこそ、薬の味によっては大人のように口に薬をいれて水でゴックンと飲めるようになってきました。なんて楽になったんだろう!とでも、薬の種類によってはまだ混ぜないと無理みたいですが…。
さて、わたしがこれまでに薬に混ぜたものをご紹介しますね。(必ず薬剤師さんに相談してからにしてください!また、甘いものに混ぜたあとは歯磨きを忘れずに!)
混ぜるときの注意点は、量は少なめにということです。出来れば2~3口くらいでパクっと!

・単シロップ
医師に粉薬と一緒に処方してもらったシロップで、甘いシロップです。この甘いシロップで薬を練って飲ませていました。

・お薬ゼリー
薬局などで売られているお薬用のゼリーです。味も色々ありますし、お薬用のものなので安心です。

・チョコ味のアイス
薬局でオススメされました。冷たさとチョコレート味で薬の味が感じにくくなるのと、アイス大好きなので娘&息子が一番すんなり薬を飲む方法でした。

・バニラ味のアイス
チョコ味がお店になく、バニラ味のアイスに混ぜました。でも白いアイスに薬を混ぜたら色がつきますので、こどもは「薬混ざってる!」と身構えますし、バニラ味と薬の味が混ざった場合、薬の味が勝るのか娘&息子にはイマイチでした。

・バニラ味のアイス+チョコレートシロップ
バニラ味のアイスしか家にないときに、ホットケーキ用にチョコレートシロップがあったのを思いだしてバニラアイスにチョコレートシロップを混ぜてみました。バニラアイスだけのときよりも薬の味が感じにくいみたいで割とすんなり飲んでくれる方法です。

・普通のミニカップゼリー
お薬ゼリーで飲めるのならと思い、普通のミニカップゼリーをわたしがスプーンで細かく潰してドロドロにしたものに混ぜてみました。混ぜる薬の種類によっては大丈夫な方法でした。

【錠剤】
小学生の娘はつい最近錠剤が飲めるようになりました。(自分で錠剤を希望しました。)まだ小さめの錠剤だけで、カプセルみたいに大きなものはもちろんNGです。錠剤を飲むときは誤嚥しないか心配で…横に付き添って見守るようにしています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[画像:6a0f6f5b-s.jpg]
↑わが家のお薬手帳たち。よく病院にいくのでこども達は最近3冊目になりました。

体調不良のときのこどもは機嫌が悪いことが多いです。いつもなら飲んでくれる薬も嫌がったりしますよね。少しでも早く治るようにと薬を飲ませたいわたしと不機嫌で薬を嫌がるこども…
試行錯誤しながらやってきましたが、小学生の娘は薬の必要性を理解してきているし、粉薬を水で普通に飲むことができるようになってきています。薬の飲ませ方を巡る試行錯誤にも終わりが見えてきました。いま、試行錯誤しているお母さんにとって少しでも参考になればいいなと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

台風、心配です…。皆様もくれぐれもお気をつけ下さい!


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


幼稚園児の息子は気管支が弱いようで、風邪をひくと咳が長引くことが多く気管支炎になることもしばしばです。
そんな息子が幼稚園年少の時、風邪からクループ症候群という病気になってしまいました。その時のことを書いてみたいと思います。

※医師ではないひとりの母の記録&記憶をもとに書いています。ご自身やお子さんに気になることがありましたら必ず医師の診察をうけてください。治療方針もひとそれぞれですので、参考程度にとどめ必ず医師の説明をうけて相談してくださいね。あくまでも参考と考えてわからないことや不安なことがあったら病院に確認してください。

風邪症状
息子は熱と咳鼻水の夏風邪をひいていました。いつものような症状で熱はだんだん下がってきましたが、咳がなかなか治まらず横になると苦しそうで寝苦しいようでした。病院で鼻水を吸ってもらい、吸入をしたりもしましたが、長引いていました。
当初、痰切り(ムコソルバン)や抗生物質(クラリス)などのお薬が処方されていましたが、なかなか治らないことから喘息治療の薬(メキタジン、キプレス)が追加で処方されました。※息子は小児喘息と診断されたことはありませんが、気管支炎になりやすいとは言われています。

クループ症候群
1週間程度なかなか良くならない状態に、病院を変えて受診してみようかなど考えていました。そんな中、ある朝方一度ひどく咳き込んでから咳が酷くなってしまいました。声も枯れているようで普通の声の大きさ&いつもの声でしゃべることができません。とにかく苦しそうな様子で、全身を使って咳をしています。咳も「コンコン」「ゴホゴホ」という感じではなく、なんだか変な咳だなと感じました。一般的にクループ症候群の咳は「ケーンケーン」という犬の遠吠えに似た咳をするといわれています。私は犬の遠吠えとは思わなかったのですが…でも、変だなということは分かりました。息子自身も「息が苦しい」という風に言ったので慌てて病院へ受診して、医師からクループ症候群ということを言われました。

クループ症候群治療と経過
ただの風邪や気管支炎と違い、呼吸が苦しくなるということですぐに吸入を行いました。しかし、咳で息が苦しくなってしまっている息子は少しパニック状態になってしまっており、いつもならすんなりできる吸入をとても嫌がってしまいました。ちゃんと薬が吸入できているかも微妙な感じで…。吸入だけで咳がおさまることはなく、デカドロンというステロイドの飲み薬を内服することになりました。
ステロイドを飲む?!塗り薬でも副作用を心配してちょっと嫌がられる存在のステロイドを内服すると聞いて、わたしは正直心配でした。しかし、1日限りの短期の服用は影響は心配しなくていいということと呼吸ができないということは命にかかわるということを説明され、わたしも納得のうえで息子にデカドロンエリキシル0.01%という薬を内服させました。
内服後すぐに咳が全くなくなるというわけではありませんでしたが、明らかに息子の苦しそうな様子は改善されていき、特徴的な咳もかなり治まりました。数日で咳はだんだん落ち着き、鼻水も少しずつ良くなっていきました。風邪の最初の症状からだと10日程度はたっていたと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

クループ症候群は赤ちゃんがかかってしまった場合は命にかかわる場合もあり、入院治療になることもあるそうです。実は、知り合いのお子さんはクループ症候群で入院したことがあります。最初はただの風邪だと思っていたというのが私もそのお子さんのママも共通の認識です。でも、酷い咳と、この咳はなんかおかしいぞ!という母のカンで受診をしてクループ症候群と診断されています。
こどもが変な咳をしていて苦しそうにしていたら、早めに病院を受診することをおススメします!


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

娘は、虫に刺されるととにかく酷くなってしまいます皮膚科で相談しても「体質ですね」と言われ、塗り薬や時には飲み薬を使って治療しています。そんな娘の虫刺されの症状や出されるお薬についてです。

※娘は虫刺されのアレルギー体質かもしれないと言われています。全ての方に同じ症状がでるとは限りません。
※医師ではないひとりの母の記録&記憶をもとに書いています。ご自身やお子さんに気になることがありましたら必ず医師の診察をうけてください。治療方針もひとそれぞれですので、参考程度にとどめ必ず医師の説明をうけて相談してくださいね。あくまでも参考と考えてわからないことや不安なことがあったら病院に確認してください。


娘が虫にさされるとどうなるか
さて、公園遊びや通学、学校生活など蚊に刺される機会が多い娘。虫よけスプレーももちろん使っていますが、刺されるときは刺されてしまいますよね娘の場合の虫さされ(蚊)の症状はこんな感じです。

【当日】
  • 刺された場所が赤く腫れあがり熱を持っている
  • 痛いし痒い
【翌日~】
  • 刺された場所の真ん中に見た目は水ぶくれのようになり、周りは赤く腫れる
  • 痛いのは変わらず、痒みが増してくる
  • 水ぶくれの部分がしこりのようにかたくなる
  • しこりは最低1週間程度残り、周囲の赤みはだんだん内出血のような色になりしばらく残る
※手の甲を刺された場合⇒手の甲全体が腫れあがり、手を開いたり閉じたりできない状態になる
※まぶたを刺された場合⇒まぶた全体が腫れて、目が開かない状態になる

皮膚科の薬
娘の場合、腫れたり水ぶくれやしこりになってしまうので市販の虫刺されの薬はあまり効果がありません。なので、虫刺されのときも皮膚科を受診して処方された塗り薬や飲み薬を使っています。

【飲み薬について】
刺されたのが複数の場合や手の甲全体が腫れあがっているなど酷い症状の場合、かかりつけの皮膚科では塗り薬と同時に飲み薬の内服もすすめられます。いわゆる抗アレルギーのお薬です。
娘が使用したことのある内服のお薬の名前は《セレスタミン》で、抗ヒスタミンとステロイドが配合されたお薬だそうです。こどもに内服させることに最初不安がありましたが、2日間だけの短期の内服で酷い症状を取り急ぎなんとか治めるためということで説明を受けて使用しました。(不安な方は医師とご相談くださいね。)娘の場合は1シーズンに1回程度の頻度で内服しないといけないくらい酷い症状がでてしまいます。例えば、6か所一度にさされて全て水ぶくれやしこりになっている場合などです。
お薬については薬剤師さんからは、眠気がでることがありますとの説明がありました。幼児など錠剤が飲めない場合はシロップ、小学生以上などで錠剤が飲める場合は錠剤で処方されますよ。

【塗り薬について】
塗り薬については、いろいろなお薬がありますのであくまで娘のかかりつけの皮膚科医の処方ですが、参考までに書きたいと思います。
・首から下の虫刺され⇒メサデルム軟膏0.1%
・顔の虫刺され⇒ロコイド軟膏0.1%

処方では、1日2~3回塗るようにとのことです。わたしは、娘が刺されたのに気が付いたらすぐに塗るのと、お風呂の後、朝起きた時、学校から帰ったときに塗っています。

家庭でできること

虫に刺されてしまった場合、ウチで行っていることです!
とびひにならないようにとにかく要注意!大人でも痒みって我慢できませんよね。こどもに痒いのを我慢させるのは難しいです。でも、冷やすなどしてなるべく掻かないように、水ぶくれを壊さないように注意しています。そして、必要な薬を正しく使いなるべく早く治すように気をつけています。
  • シャワーで洗う
  • 薬を塗る(皮膚科の処方薬が家にあればすぐに)
  • 保冷剤などで冷やす
  • 必要があれば皮膚科を受診(飲み薬が必要な場合は内服)
  • とびひにならないように清潔にしてかかないように注意する
  • とびひっぽい感じがしたら広がる前にすぐに皮膚科を受診する

噂によると、歳をとるにつれて蚊にさされても痒くなったり腫れたりすることが少なくなるとか??本当なのでしょうか。。娘も少しずつでいいのでこの症状が改善していくといいのですが…。でも確かに、小学生になってとびひになることは減った気もします!今後治っていくことに期待です。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

このページのトップヘ