ふれまま日記

幼稚園児の息子と小学校低学年の娘の母です。
子育てのことや日々のことを綴ります。
病気がちだった幼児時代の記録なども。

タグ:腫れ

娘は、虫に刺されるととにかく酷くなってしまいます皮膚科で相談しても「体質ですね」と言われ、塗り薬や時には飲み薬を使って治療しています。そんな娘の虫刺されの症状や出されるお薬についてです。

※娘は虫刺されのアレルギー体質かもしれないと言われています。全ての方に同じ症状がでるとは限りません。
※医師ではないひとりの母の記録&記憶をもとに書いています。ご自身やお子さんに気になることがありましたら必ず医師の診察をうけてください。治療方針もひとそれぞれですので、参考程度にとどめ必ず医師の説明をうけて相談してくださいね。あくまでも参考と考えてわからないことや不安なことがあったら病院に確認してください。


娘が虫にさされるとどうなるか
さて、公園遊びや通学、学校生活など蚊に刺される機会が多い娘。虫よけスプレーももちろん使っていますが、刺されるときは刺されてしまいますよね娘の場合の虫さされ(蚊)の症状はこんな感じです。

【当日】
  • 刺された場所が赤く腫れあがり熱を持っている
  • 痛いし痒い
【翌日~】
  • 刺された場所の真ん中に見た目は水ぶくれのようになり、周りは赤く腫れる
  • 痛いのは変わらず、痒みが増してくる
  • 水ぶくれの部分がしこりのようにかたくなる
  • しこりは最低1週間程度残り、周囲の赤みはだんだん内出血のような色になりしばらく残る
※手の甲を刺された場合⇒手の甲全体が腫れあがり、手を開いたり閉じたりできない状態になる
※まぶたを刺された場合⇒まぶた全体が腫れて、目が開かない状態になる

皮膚科の薬
娘の場合、腫れたり水ぶくれやしこりになってしまうので市販の虫刺されの薬はあまり効果がありません。なので、虫刺されのときも皮膚科を受診して処方された塗り薬や飲み薬を使っています。

【飲み薬について】
刺されたのが複数の場合や手の甲全体が腫れあがっているなど酷い症状の場合、かかりつけの皮膚科では塗り薬と同時に飲み薬の内服もすすめられます。いわゆる抗アレルギーのお薬です。
娘が使用したことのある内服のお薬の名前は《セレスタミン》で、抗ヒスタミンとステロイドが配合されたお薬だそうです。こどもに内服させることに最初不安がありましたが、2日間だけの短期の内服で酷い症状を取り急ぎなんとか治めるためということで説明を受けて使用しました。(不安な方は医師とご相談くださいね。)娘の場合は1シーズンに1回程度の頻度で内服しないといけないくらい酷い症状がでてしまいます。例えば、6か所一度にさされて全て水ぶくれやしこりになっている場合などです。
お薬については薬剤師さんからは、眠気がでることがありますとの説明がありました。幼児など錠剤が飲めない場合はシロップ、小学生以上などで錠剤が飲める場合は錠剤で処方されますよ。

【塗り薬について】
塗り薬については、いろいろなお薬がありますのであくまで娘のかかりつけの皮膚科医の処方ですが、参考までに書きたいと思います。
・首から下の虫刺され⇒メサデルム軟膏0.1%
・顔の虫刺され⇒ロコイド軟膏0.1%

処方では、1日2~3回塗るようにとのことです。わたしは、娘が刺されたのに気が付いたらすぐに塗るのと、お風呂の後、朝起きた時、学校から帰ったときに塗っています。

家庭でできること

虫に刺されてしまった場合、ウチで行っていることです!
とびひにならないようにとにかく要注意!大人でも痒みって我慢できませんよね。こどもに痒いのを我慢させるのは難しいです。でも、冷やすなどしてなるべく掻かないように、水ぶくれを壊さないように注意しています。そして、必要な薬を正しく使いなるべく早く治すように気をつけています。
  • シャワーで洗う
  • 薬を塗る(皮膚科の処方薬が家にあればすぐに)
  • 保冷剤などで冷やす
  • 必要があれば皮膚科を受診(飲み薬が必要な場合は内服)
  • とびひにならないように清潔にしてかかないように注意する
  • とびひっぽい感じがしたら広がる前にすぐに皮膚科を受診する

噂によると、歳をとるにつれて蚊にさされても痒くなったり腫れたりすることが少なくなるとか??本当なのでしょうか。。娘も少しずつでいいのでこの症状が改善していくといいのですが…。でも確かに、小学生になってとびひになることは減った気もします!今後治っていくことに期待です。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

ある日朝起きたら、こどもの目が腫れ上がって目が開かない!顔が違う!という時、びっくりしてしまいます
お友達の中には眼科にかかったことないよ~というお友達もいますが、小学校低学年娘と幼稚園息子はこれまでに眼科に何度かお世話になっています。その理由はいろいろ…こどもの眼科受診について思い出してみようと思います‼️

※医師ではないひとりの母の記録&記憶をもとに書いています。ご自身やお子さんに気になることがありましたら必ず医師の診察をうけてください。治療方針もひとそれぞれですので、参考程度にとどめ必ず医師の説明をうけて相談してくださいね。あくまでも参考と考えてわからないことや不安なことがあったら病院に確認してください。

case1【息子、目の腫れと目やに】
風邪気味で鼻水がでていた息子、小児科にかかって薬も飲んでいました。それが、朝起きたら目が腫れて目やにがびっしり!すぐに眼科に連れていきました。
結果は、結膜炎。風邪のウイルスからきているとのことでした。あとは、鼻が詰まっているのも良くないらしいです。
眼軟膏を塗るよう処方されました。風邪が治っていくと同時に結膜炎もきれいに治りました。

case2【息子、目が腫れた】
ある日の昼間、息子の目が腫れていることに気がつきました。朝起きた時は大丈夫だったはずなのに…と思って気になって念のため眼科にいきました。しかし、眼科の待ち時間がかなり長く…なんとその間に腫れがほとんど治まったのです!あれ?と思いつつ診察を受けましたが、医師は腫れたところをみていないわけで…わたしも眼科受付したことに安心して写真をとっておらず…《おそらく》という前置き付きの診断となりましたが、クインケ浮腫か蕁麻疹かだったのではないかなとのことでした。(痒みがなかったから、クインケ浮腫だったのでは?とのことでしたがよく分からないままになっています。)
腫れがひいていることから、様子をみましょうということで薬は処方なしでした。
クインケ浮腫はアレルギーが原因とも言われている蕁麻疹の親戚のような感じのもの(わたしはそう理解しているのですが…医師にご確認くださいませ。)のようですが、まだ原因不明なのだそうです。薬が処方されるケースもあるみたいですし、腫れるのがクチビルの場合もあったりするようです。

case3【娘、目が腫れあがって開かない】
ある朝起きたら、娘の片方の目が腫れ上がって開かない!パンパンに腫れて少し痛みもあるようでした。眼科を受診したところ、原因は何と虫刺され!蚊にさされたのが原因でした。蚊にさされてそんなにも腫れ上がってしまうことに驚きました。
目に虫刺されの薬なんて塗れないでしょ~と思ったら、case1の結膜炎のときと同じ眼軟膏が処方されました。プラスでアレルギーの飲み薬も処方されて、たかが虫刺されですがお薬を飲んでプールもお休みすることになってしまいました。。(でも、まぶたに虫除けスプレーはできないし…気をつけてても刺されてしまうことありますよね)

眼科受診について
幼稚園くらいのこどもの場合、眼科受診するにしても、ちゃんと視力検査はできるのかしら?と不安に思うことがあると思います。
でも、実際に受診してみると、眼科のみなさんはとても慣れていて、まだ左右がわかっていないこどもにはアルファベットのCのようなものを持たせてそれを視力表と同じ向きにしたりというように工夫して検査をしていただけます。眼科の医師の診察も、こどもには「目だけ左をむいて」ではなく、「顔がは先生のほうで目は横のお人形をみて~」というように分かりやすく言ってくれますよ。
視力検査は、一般的に3歳児健診と修学前健診で行われているようです。万が一、健診で受診をすすめられたら早めに眼科を受診しましょうね!


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

このページのトップヘ