娘、扁桃腺とアデノイド手術(1)・(2)
のづづきです。

※医師ではないひとりの母の記録&記憶をもとに書いています。ご自身やお子さんに気になることがありましたら必ず医師の診察をうけてください。治療方針もひとそれぞれですので、参考程度にとどめ必ず医師の説明をうけて相談してくださいね。

さて、自宅で検査をしたあとは小児科に機械を持っていき、検査結果を待ちます。その間も、娘のイビキや陥没呼吸の様子はかわりありませんでした。

検査結果の説明
病院から検査結果がでましたと連絡をもらって、娘と一緒に病院を受診しました。その結果を見せていただき説明をうけました。酸素飽和度が90%程度になってしまっていたり、無呼吸の様子がみてとれました。(それでも、軽症のところに印があったので、大人の場合はもっと酷い症状のかたもいるようです。。)でも母親のわたしからすると、娘の呼吸が止まっているなんて!酸素飽和度がそんなに下がったら苦しいに決まっている!どうにか娘を治してぐっすりスヤスヤ眠らせてあげたい!とただただ思いました。
[画像:8c17e845-s.jpg]
↑結果をプリントしたもの

大学病院への紹介
かかりつけの小児科で結果をきき、さらに医師から説明をうけました。原因は扁桃腺とアデノイド肥大と思われるが、6歳のいまが一番肥大するから今後少しずつ小さくなっていくので、様子をみていれば治ってくる可能性がある。ただ、何年かかって小さくなるかはわからない。(治らない可能性もある。)万が一、手術となると10日程度の入院で、全身麻酔となるしリスクもある。などなど。
わたしは、娘の扁桃腺とアデノイド肥大について医学的に必要があるのであれば手術を検討してもいいと思っていました。ただ、心配だし娘に怖い思いをさせてする必要があるのかと…やらなくていいのであればやりたくない気持ちももちろんありました。そこで、医師と相談して、専門の耳鼻咽喉科の先生の診察を受けるために大学病院の耳鼻咽喉科へ紹介状をかいていただきました。

※よく知らなかったのですが、扁桃腺やアデノイドについては耳鼻咽喉科の分野のようです。娘の場合、かかりつけの小児科から大学病院の耳鼻咽喉科に直接紹介状をかいてもらいましたが、もしかすると小児科→普通の耳鼻咽喉科の受診をすすめられることもあるかもしれません。娘のかかりつけの小児科は、耳の中をみるカメラがあって鼓膜の状態をみてくれたり、鼻水の吸引や鼻からの薬の吸入も対応してくれるような病院だったからこそ良かったのかもしれません。どの小児科でも、このような対応になるとは限らないことはご注意ください。

(4)へづづく。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング