ふれまま日記

幼稚園児の息子と小学校低学年の娘の母です。
子育てのことや日々のことを綴ります。
病気がちだった幼児時代の記録なども。

タグ:小学校

先日、娘が小学校で体調不良となり学校から「お迎えに来て下さい」と連絡がありました。
わが家は、学校や幼稚園からの体調不良での呼び出しや何かあったときの連絡先の電話番号は、わたしの携帯電話の番号にしています。
つながらなかった場合、パート先の職場や主人の携帯電話、主人の職場にかけてもらうように調査票に記入しています。

《1》母の携帯
《2》母の職場
《3》父の携帯
《4》父の職場

調査票通りだと、この順で電話していただくようになります。

先日、わたしはパートがお休みの日だったのですが、ちょうど出先にいてカバンの中にスマホを入れていたため、すぐに電話に気がつくことができませんでした。
その後、15分後くらいに気がついて、すぐに折り返し電話をかけて学校と連絡がとれました。
スマホを常に肌身離さず、ずっと見ているわけではないので…。

翌日、パート先の職場へ出勤すると、同僚から「昨日、小学校から電話があったけど、大丈夫だった??」と声をかけられました。
小学校の先生は職場へも電話してくださっていたみたいです。
わたしは、週に2~3日のパートなので、毎日出勤しているわけではありません。もちろん、学校の調査票にも、その旨記載しています。
シフト勤務なので、○曜日はみたいな書き方もできず…。
学校の先生にも職場の同僚にもお手数をおかけしてしまいました。

病み上がりの時などでもしかしたら電話があるかな?という日は、連絡帳に「今日は○○に電話をお願いします」と記入するようにしています。
でも、毎日連絡帳に書くわけにはいかないですものね。。

ちなみに、主人の携帯&職場には電話があったことはないそうです。

主人の職場は自宅から電車で1時間弱。
連絡がとれたとしてもすぐにお迎えに行くことは事実上困難です。
仕事柄、出張もあるので職場の電話にかけてもつながらないこともあります。

《3》《4》まで電話がいくというのはよほどのことじゃない限りないのかなと思っています。
学校側も、かけずらいのではないかなと。。

わたしは、近場でパートをしているので急な呼び出しの場合も対応ができる場合がほとんどです。
これまで、学校からの呼び出しで仕事を早退させていただいたこともあります。

小学校からのお迎え要請は「なるべく早く」です。
でも、さすがだなと思ったのが必ず養護教諭の先生は「焦らずお気をつけてお越し下さい。」と一言付け加えるんです。

学校からのお迎え要請の呼び出し電話があると、母は焦ってしまいますよね。
メチャクチャ焦って、わたわたしてしまいます。

でも、慌ててお迎えに向かう途中で事故にあったりしたら大変です。
養護教諭の先生の一言、保護者にとってはありがたいです。

娘、早退した翌日は学校をお休みして様子をみたり病院を受診したりしたのですが熱が上がることもなく、インフルエンザは陰性!
すっかり元気になって今は元気に登校しています。

疲れがでたのか?風邪気味だったのか?はわかりませんが、何はともあれ元気になってよかったです!




もう少しで小学校は終業式をむかえますが、娘のクラスではインフルエンザが流行り始めたようです。
すでに、4人ほどクラスでインフルエンザでお休みしているそうです。
まだまだ増える可能性がありますよね

学校からは、お手紙で流行し始めたことや場合によっては学級閉鎖の措置をとる場合があるとの連絡がありました。

インフルエンザ、あっという間にひろまってしまいますよね…。
こども同士って距離感が近いしどうしても仕方ないのかなと思いますが、なんとか終業式までこれ以上感染がひろまらずにすみますように!

わが家の娘&息子は、インフルエンザの予防接種を受けています。
でも、あくまでも重症化を防ぐためでインフルエンザにかかるときはかかると思っています

なぜなら、わたしが数年前にインフルエンザの予防接種をしていたのにインフルエンザにかかったから!
幸い、娘&息子&主人にうつることはなかったのですが、メチャクチャつらかったです。
発熱もですが、とにかく腰が痛くて…。砕けるかと思いました。横になるのもつらかった…

わたしは、確かリレンザを使って数日で完治したのですが、予防接種をしていなかったらもっと長引いたのかしら??

思うのですが、予防接種をうけていたら重症化しないという風に言われていますが、同じ人で同じタイミングで同じ条件で比較することは不可能ですよね。
これまでの統計上そうだといわれたらそれを信じるしかありませんし、信じて予防接種していますが

とにかくできることをやるしかないと、手洗いと早寝早起きしてバランスよく食べることを気をつけて毎日を過ごしています!
また、乾燥している季節なのでこまめに飲み物を飲んで喉をうるおしています。

それと、これは効果があるかは分かりませんが、冬場は水分をとることが少なくなるので、特に朝食の時は麦茶+ココアだったり麦茶+柚子はちみつだったりと温かい飲み物もなるべくとって身体を温める&水分を多目にとるようにしています。

DSC_0662

今まで幸いインフルエンザにかからずにすんでいる娘&息子。今シーズンもどうかインフルエンザにかからずに過ごせますように


このページのトップヘ