息子は、小さいころは風邪をひくたびに気管支炎になってしまっていました。いまでも、鼻水の風邪から始まって咳→気管支炎になってしまうことがあります。
娘は咳や気管支炎よりも、どちらかというと熱を出すタイプだったので、二児の母としては「タイプが違うなぁ」と思っていました。

去年は、クループ症候群になったり(→こちら)RSウイルスとマイコプラズマに同時感染したり(→こちら)してしまい…小児科で喘息用の薬を吸入する機会がそれまでよりも増えました。
普通の風邪でも咳がとまらなかったりして、かかりつけの小児科で「咳喘息っぽいのかな…気管支が弱い体質なのかもしれないですね。喘息にならないように気をつけてしっかり治しましょう。」と言われ…。
キプレスという喘息予防薬をしばらく飲んだりもしていました。(今現在、継続はしていません。)
しっかり薬を飲ませて風邪を治し、それからは、なるべく風邪が酷くならないように(咳がでないように)鼻水が少しでもでたら耳鼻科にいくなどしてより気をつけて過ごすようにしています。

実は、母のわたしが今までに何度か咳喘息と診断されたことがあります。体質が似ているということなのでしょうか?
仕事で忙しくストレスも多かった20代前半の頃に風邪をひいたことがきっかけで咳が止まらず咳喘息と診断されたり、育児に忙しく追われて自分の体調管理がおろそかになっていた数年前に咳が治らず咳喘息と診断されたり。
どちらの場合も、疲れていて体力や免疫力がおちていたのでしょうね…。
大人も、咳喘息から喘息に移行してしまうこともあるみたいなので注意が必要みたいです。

息子は、今のところ身体も大きくなり体力がついてきたのか風邪をひくことや咳が長引くことがだんだん減ってきました。
このまま、喘息に移行せずにいければいいなと思っています。
また、わたしに似た体質なのなら無理をするとダメみたいなので、これから成長するにつれてわたしの手を離れていく息子が無理をして体調を崩さなければいいなとそんなことまで早々に考えたりもしてしまったりもしています。

咳喘息と喘息は違います。喘息の場合、命に関わることもあります。病院を受診して診断をうけましょう。

※医師ではないひとりの母の記録&記憶をもとに書いています。ご自身やお子さんに気になることがありましたら必ず医師の診察をうけてください。治療方針もひとそれぞれですので、参考程度にとどめ必ず医師の説明をうけて相談してくださいね。あくまでも参考と考えてわからないことや不安なことがあったら病院に確認してください。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ