1月7日に七草粥を食べると一年間無病息災でいられるとされています。
お正月のごちそうで疲れた胃腸を休ませるためなどといわれていますよね。

DSC_0802

七草粥、偏食息子にとっては嫌いな緑の野菜(むしろ草!)が入っているのと、白粥が好きではないので食べない可能性が高い料理のひとつです。
去年は、無理やりほんの少し食べさせた感じでほとんど食べませんでした。
でも、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロが入ってこその七草粥!
緑の野菜(草)を避けたら七草粥は作れませんよね。

DSC_0804

実は、主人も正直あまり白粥が好きではありません。風邪など体調不良の時も、白粥ではなくおじやのように味のついているものがいいと言われます。

そこで、今年は息子がちょっとでも食べてくれるように&主人もおいしく食べられるようにちょっとアレンジして中華粥風に味をつけてお粥を炊いてみました。

わが家の今年のレシピです!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【七草粥】

七草セット 1パック
お米 1.5合
シャンタンDX 大さじ2
ごま油 少々(お好みで)

①お米をとぐ。
②スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)の白い部分をいちょう切りにする。
③炊飯器にお米を入れて《お粥》のメモリに従って分量の水を入れる。
④③に②のスズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)と、シャンタンDXを加えて《お粥》モードで炊飯する。
⑤スズナ、スズシロの葉っぱと残った七草をひとつまみの塩(分量外)をいれた沸かしたお湯で1分くらい茹でる。
⑥ゆで上がった⑤の水気を絞り、細かく刻んでおく。
⑦炊き上がったらお粥を混ぜて味見して、味の調整をする。(シャンタンDXをたす、塩を入れるなど)
⑧お粥を器によそい、⑥の七草をのせる。お好みでごま油をたらす。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

炊飯器で炊くレシピです。
娘も息子も主人も、白粥より好きだったようです。シャンタンDX(わが家が愛用している中華だし)に塩分と旨味が入っているので他には味付けしていません。
薄味にしているので、お好みでシャンタンDXを足したり塩を入れて調整してくださいね。
大人は、ごま油を少したらすとより中華風になります。

DSC_0808

お粥に味がついている&緑の七草を後からのせるようにして息子の分はほんの少しにしたのが良かったようで、今年は息子ちゃんと食べてくれました~!
これが食べられたってことは、偏食も少しずつましになってきているのかな??

七草粥を食べたし、今年は家族みんな元気に過ごせますように!