はじめまして。
幼稚園児の息子と、小学校低学年の娘の母のfrefremamaです。

真面目で気が強めだけど肝心なところがウッカリものの娘と、のんびりマイペースな超天然息子、わたしより100倍おおらかな主人と4人暮らし。毎日、家事に育児に奮闘しています。今は、少しだけパートもしています。

育児の中で、わたしが一番ツライと感じるのがこどもが病気の時。

苦しそうなこどもを心配する気持ちがつのっていく精神状態、深夜まで続く看病や気になって起きていたりでの体力の問題、きょうだいにうつってしまう心配、予約がなかなか取れない小児科、病院や薬局での待ち時間、幼稚園や季節の行事に参加できない残念さ、
自分の仕事や予定の調整 などなど…

もちろん、一番ツライのはこどもなのは百も承知です。でも、母親だからこそ、こどもが病気なのがツライんです。心配だからこそ。そして楽しく元気に毎日を過ごしてほしいと思うからこそ。わたしだけでしょうか?

娘は、小さいころから中耳炎を繰り返したり、風邪をこじらせて入院したりも
また、幼稚園年長の時に扁桃腺とアデノイド摘出手術をうけています。ウッカリものなのでケガも多いです。。

息子は、気管支が弱いので風邪をひくと必ずといっていいほど気管支炎になってしまいます。クループになってしまい、ステロイドの飲み薬を飲んだことも。

でも、ふたりとも今は少しずつ丈夫になってきました。だからこそいま、病気がちだった幼児期の記録を当時のメモや記憶をもとに書いていこうかと思います。今、まさに一番大変な乳幼児のお母さんたちがもしこのブログをみてくれて「自分だけじゃないんだ」って思ってくれたらいいなと思います。

あとは、いままで子育てしてきてのいろいろなツラかったな~大変だったな~と今だから振りかえるエピソードや、現在進行形の悩みなどを書いていけたらと思います。

よろしくお願いします!

過去のこどもの病気についてなども書いていこうとおもいますが、わたしは医師ではありません。素人の過去の記憶に基づいておりますので、お子さんの体調で気になることがありましたら必ず医療機関を受診して医師の診察を受けてください。そして、記事中のことは参考程度にとどめ、医師の説明をしっかりと聞いてくださいね。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング