先週火曜日から金曜日まで学級閉鎖だった娘のクラス。
(その時の話→学級閉鎖!! 長い~(涙) 何して過ごす?!わが家の場合
学級閉鎖前は10人以上がインフルエンザや発熱で欠席しているという状況でした。

週末が終わり、やっとまた学校がはじまっていつもの生活が戻ってきました。
学級閉鎖後ってみんな元気にきているのかな?学級の様子はどうなっているのかな?と思って娘にクラスの様子を聞いてみました。

娘曰く「二人だけお休みだったけど、ほかのみんなは元気にきてるよ!」とのこと。
その二人のお友達はどうやらインフルエンザにかかってしまったようで、出席停止期間中のためお休みしているようでした。
娘が「明日には来れるんだって!」と言っていたので、もう治りかけで出席停止期間中ということなのでしょうね。

やっと、娘のクラスのインフルエンザも落ち着いてきたんですね。
まだまだ違う型のインフルエンザが流行してしまう可能性もあるし、胃腸炎なんかもあるのでドキドキしますが…。

さて、娘のクラスは学級閉鎖でしたがお隣のクラスは幸い学級閉鎖にはなっていませんでした。
保護者としてはウチのクラスだけお勉強が遅れているんじゃないかとか、春休みまでにちゃんと教科書の内容が終わるのかしらということが気になるところです。

たぶん差がでてきてしまいますよね~。
元々、娘のクラスは遅れていたし宿題もあまり出されないクラスなので…。
特に漢字の学習についてほかのクラスとかなり差があるように思います。
まぁ、それは担任の先生によるところも多いので仕方ないことですが、学級閉鎖でさらに授業スピードも学力も差が広がってしまうと思うと親としては少し不安がありますね。

国語や算数などについては娘は分からないらしいのですが、他のクラスの図工の作品が廊下に飾っているのをみた娘が「〇組では、図工でもう■を作ってたよ!ウチのクラスはまだまだ先らしいけど~!」と言っていたので他の教科についてもそうなのかなと思っています。

担任の先生には、最後の最後につじつまを合わせるためにハイスピードで詰め込むことがないように計画的に授業してほしいなぁと思っています。