ふれまま日記

幼稚園児の息子と小学校低学年の娘の母です。
子育てのことや日々のことを綴ります。
病気がちだった幼児時代の記録なども。

タグ:こども

ここでは、わたしの登録した病児保育について書かせてもらいます。
全ての病児保育施設について当てはまるとは限りません。
参考までにしていただき、詳しくはそれぞれの病児保育施設にお問い合わせくださいね。

病児保育、わたしはパートをはじめてすぐに万が一にそなえて登録をしました。
病児保育というと、正社員でフルタイムで働いている人が利用するイメージですが、実は働いていなくても登録可能です。
もちろん、わたしのように短時間のパートであっても大丈夫です。

事前に登録が必要で、わたしが登録している病児保育施設は登録料がかかります。
登録するためには、まず電話で予約を取って申請書類と登録料金や母子手帳を持って出向いて面談をする必要がありました。
面談では、登録書類を元に既往歴や予防接種の接種状況などを詳しく確認されます。
登録書類、書く欄が多くて母子手帳とにらめっこしながら記入しました。
わたしは自宅であらかじめ記入して出向いたのでよかったですが、その場で書くとなるとかなり大変かもしれません…。
(わが家の場合はきょうだい二人分だったし…)

登録すると、登録カードが発行され、個人ごとに登録番号が割り振られます。
利用の予約や取り消しなどの際にはその番号が必要となります。

わたしの登録している病児保育施設は予約は電話でのみ、確認やキャンセルやキャンセル待ちからの繰り上がりはWEBからできるといった仕組みになっています。
朝7時半から当日と翌日の予約ができるようになるのですが、朝7時半ぴったりに電話をかけますが毎回話し中…。
何度も何度もリダイヤルしてやっとつながるという感じです。
みんなが一斉に電話するのですからつながりにくいのは当たり前ですよね。。

定員いっぱいになってしまったあとだと、【キャンセル待ち】扱いとなってしまいます。
キャンセル待ちから繰り上げで予約可能になるとメールか電話で連絡がくるという仕組みです。
キャンセル待ちについてですが、必ず繰り上がって予約できるとは限らないですし賭けですよね。。
確実にこどもを預けられるということが約束されなければ、職場に「行けます」とは言えないですから…仕事は休む方向で調整するしかないような気がしてしまいます。。

さて、先ほどから病児保育の登録や予約についていろいろ言っていますが、予約やキャンセル待ちは何度もしているのですが、わたしは実際に利用したことって実は一度もありません…。

前日の朝イチで予約やキャンセル待ちはするけれど、そこからなんとか調整してキャンセルするということが多いのです。
パート仲間にお願いして仕事を代わってもらって休んだり、主人が休んでくれたり。
また、予約したけれどこどもが早く治って元気になって必要なくなったということもありました。

短時間パートという立場ということもあって、どうしても預けて仕事に行かなければならないということをこれまでなんとか回避できています。
なので、実際の病児保育がこんな感じだよ~といったことは分かりません。。
参考にならずスミマセン!!

正直な思いとしては、病気のこどもの側にいてあげたいという気持ちがあるのと、病児保育施設で逆に病気をもらってしまうのではないかという心配が大きいです。

そもそも、短時間で近場で休みやすい職場でという条件で探したパート先です。
どうしてもの状況になれば「なるようになるさ。」「なるようにしかならないよ。」って思って病児保育を利用すると思うのですが、いまのパート先だとこどもの病気のときは休みたいのが本音なのです。
わたしの場合、そういう時のことも含めていろいろ考えて選んだパート先で働いているというのが前提にあるので…。

ただ、仕事内容や職場によってはこどもが病気であっても休めない職場ってあると思います。わたしみたいに、短時間で近場で休みやすい条件でってママばかりじゃないですよね?!
祖父母世代のひとなんかは「病気のときに預けるなんて」っていう人もいると聞きます。
でも、こどもが病気のときに心配しない親はいません。

実際に病児保育に登録しているわたし個人の考えですが、病児保育施設に預けるということも愛情がないとできないって思うんです。

だって、こどものために万が一にそなえて利用するかどうかも分からないのにたくさん書類書いて面談して登録料はらって登録しているんですよ?!
それから、朝から何度も何度も電話をして予約をして、予約をとって。
病児保育に預けるためには、病院で書類も書いてもらわないといけません。
そして、看病しながら、荷物の準備して自分の出勤の準備もして病児保育施設まで送っていく。
仕事中だって気になって、携帯を何度も確認して…。

結構な大変さですよね。
その大変さをがんばれるのってやっぱり愛情なんじゃないでしょうか。

こどもが病気のとき、親は本当に精神的にも肉体的にも疲れます。
以前にも書きましたが、わたしが育児で一番ツライのはこどもが病気のときです。

わたしは、パートどうしよう…代わりの人がみつからなかったら迷惑をかけてしまう…今日だけは休めない日なのに…と思い悩んでいたときに病児保育の予約がとれて、「あぁ、これで万が一パートを休めなくても、パパが無理でも病児保育に預ければ安心だからなんとかなる。」とホッとしたことがあります。

仕事によっては休むために職場で指示だしや引き継ぎをする必要もあるでしょう。その間だけ預けてすぐに迎えにいくという選択肢だってありますよね?!

わたしの場合、実際には何とか調整してパートを休むことができたり主人が休んでくれたりして利用はしなかったのですが、病児保育の予約が取れたという事実でわたしはとても救われたのも本当の気持ちです。

まだまだ数も定員も少ない病児保育施設。
わたしの場合は近くにあるというだけでラッキーなのだと思います。
女性の活躍が期待されている今、安心して預けられる施設がもっと増えたらうれしいなと思います。
病児保育という特殊な保育ですから、病院併設で万が一症状に変化があってもすぐに対応ができるなど安心できるハード&ソフトが必要なのでそう簡単にはいかないのでしょうけれどね…。

わたし自身、病児保育を使わずにいたいけど、どうしようもない時は使うかもしれない。そんな微妙な気持ちを持っています。
世の中にはいろんな事情の人がいる。
病気のこどもを預けて仕事するのがいいとか悪いかとかじゃなくて、それぞれに精一杯頑張って愛情をもって子育てしてるんだなってそういう風に思い思われる世の中であってほしいなぁと思います。

息子、発熱! インフルエンザ?風邪?パートはどうする?!《1》
息子、発熱! インフルエンザ?風邪?パートはどうする?!《4》
今度は娘が発熱!続いてパパも?!《1》
今度は娘が発熱!続いてパパも?!《2》
からの続きのお話です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【日曜日】
息子→発熱
【月曜日】
母→パートを休む
息子→解熱&幼稚園休む
【火曜日】
父→仕事を休む(看病のため)
息子→元気になる&幼稚園休む
娘→発熱
【水曜日】
娘→学校欠席
父→仕事を休む(自分の体調不良)
息子→元気になり幼稚園へ
【木曜日】
娘→元気になり学校へ
父→仕事を休む(自分の体調不良)
息子→元気になり幼稚園へ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、木曜日。

水曜日の時点で、すっかり元気になっていた娘。
熱もなく食欲もある。
インフルエンザは陰性だし、お休みする理由がなく…学校へ。
連絡帳に「何かあればすぐに連絡をお願いします」と書いて持たせました。

息子も元気に幼稚園へ&わたしは予定通りパートへ。
主人は大人なので1日一人で自宅療養。

学校から連絡が来ることもなく、娘はいつも通り元気に下校してきました。
その頃には主人の熱も下がっていて、夕食もだいぶ食べられるように。

やっとやっとわが家にも平穏が戻ってきました!
ホントにホントに長かった。。。

普段、わたしパートを週5フルで入れることってあまりないんです。
なのに、今週に限って週5フルで入れていて…。
本当にどうしようかと思いました。。
月曜日、急なことにも関わらず代わってくれたパート仲間に感謝です。
「お互い様だよ!」と言ってくれるパート仲間にいつも助けられています。

また、主人が火曜日お休みして看病してくれたのは嬉しい予想外でした。
まぁ、それでうつってしまったんですけれど…。
主人にも感謝ですが、主人の職場の方には感謝しかありません。
わたしも正社員で働いていたこともあるので、職場を3日あけるということの大変さも分かっているつもりです。いくらパソコンや電話でやり取りをしていても、職場の方がフォローしてくれた部分もたくさんあるでしょう。
体調管理、大事ですね。。。
いろんな人に助けられた1週間でした。

「それくらいでご主人に仕事休ませたの?」
って思う人もいるかもしれません。
「休んでくれるなんてイクメン!」
と言ってくださる方もいるかもしれません。
いろんな考えの方がいると思います。

わが家の場合、主人は毎回休んでくれるなんてことはなくて、時と場合によって協力し合っているというのがわが家のやり方です。
以前には、パートだからといってわたしが休むのを当たり前のように言う主人にイライラしたこともあります。→主人にイラっ!こどもが病気のとき
でも、今回は主人は自分から「自分が休む。」と言ってくれて。
たまたま主人の仕事がひと段落しており、自宅でパソコンや電話で対応すれば何とかなるという状態だったということ&会議や出張が入っていなかったということが大きかったようです。
また、わたしのパート先が最近人が減ってしまい、ちょっと忙しくて前より休みづらいということを主人に話していたのを覚えていてくれたのかもしれません。
時と場合によって出来るほうができることをやるしかないというのが現実といったところでしょうか。
家族で協力しあっていくことと感謝の気持ちを忘れずにいたいですね。
(特に、わが家の場合、転勤族で実家遠方なので夫婦で協力するしかないのです…)

幸い、わたしにうつらなかったのは本当にラッキーでした。
ず~っとマスクをしたままほぼ1週間。
マスクの消費量が半端なかったです。

本当に健康って大事。
皆様もお気をつけくださいね!


息子、発熱! インフルエンザ?風邪?パートはどうする?!《1》
息子、発熱! インフルエンザ?風邪?パートはどうする?!《4》
今度は娘が発熱!続いてパパも?!《1》
からの続きのお話です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【日曜日】
息子→発熱
【月曜日】
母→パートを休む
息子→解熱&幼稚園休む
【火曜日】
父→仕事を休む(看病のため)
息子→元気になる&幼稚園休む
娘→発熱
【水曜日】
娘→学校欠席
父→仕事を休む(自分の体調不良)
息子→元気になり幼稚園へ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、わたしがパートへいっている間に主人と娘は病院へ。

もちろん、インフルエンザの検査もしてもらったそうです。
結果は陰性!
発熱から時間がたってないと陰性になって再検査ということもあるので、12時間以上たつ時間帯に受診したようですが陰性という結果がでました。

息子は、1日で熱は下がりインフルエンザは陰性でしたし、娘も朝には微熱程度&陰性。
主人もインフルエンザは陰性という結果から、わが家でまん延しているウイルスはどうやらインフルエンザではないっぽい??

医師からは、「インフルエンザの可能性がまったく0とは言い切れないけれど、3人とも陰性(ちゃんと12時間以上たってから調べた)ということや、全身状態がすぐに良くなるということからもしかするとインフルエンザではなくて違うウイルスの風邪かもしれないですね~」のようなことを言われたらしいです。

わたしとしても、陰性という結果&すぐに元気になったこども達をみる限り、インフルエンザじゃなさそうだなという感じています。

わたしがパートから帰宅したころには、娘はすっかり熱もさがっていて食欲も元通り。
「明日は学校にいく!」と言っているくらいでした。
さすがにもうちょっと体調みようねと言いつつ、そんなこと言えるくらい元気なのね~とこどもの回復力に驚きました。

一方、主人は…
病院から帰宅後、インフルエンザじゃなかったことに安心したのか急に眠くなったということで横になっていたらしいのですが、夕方から発熱してしまい…。
職場とやり取りをした結果、翌日も休暇を取らせてもらうことにしていました。
(職場の皆様、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません…)
夜には38℃をこえていたので、ほとんど眠れなかったようでした。


息子、発熱! インフルエンザ?風邪?パートはどうする?!《1》
息子、発熱! インフルエンザ?風邪?パートはどうする?!《4》
からの続きのお話です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【日曜日】
息子→発熱
【月曜日】
母→パートを休む
息子→解熱&幼稚園休む
【火曜日】
父→仕事を休む
息子→元気になる&幼稚園休む
娘→発熱
父→体調不良


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

息子がすっかり元気になってホッとしていた私。
夜、みんなが寝た後に久しぶりにテレビをみながらリビングでコーヒーを飲んでいました。
すると、寝室から娘が出てきて…
「お母さん、しんどい。頭痛い。」

熱を計ると38.5℃。
頭が痛いと言っているし、もっと熱が上がるかもしれません。
娘のためにアイスノンを用意して、急いで自分が寝る支度をして寝室へ。

娘は辛そうにしながらもウトウトと眠ることはできているようでした。
娘を気にしつつ、改めて翌日(水曜日)の予定を確認。
わたしはパートの仕事がはいっていて、しかも誰かに代わってもらうこともなかなか難しそう。
とりあえず、朝イチでパート仲間に声をかけるだけかけてみようとは思いましたが、正直頭を抱えてしまいました…。

そうこうしていると、主人が物音に気がづいたのか起きて一言「しんどい…」と。
え~!!!と思いつつ、熱はなかったので、とりあえず水分をとって寝てもらいました。

わたしは、その時点で元気なのは自分だけという状態。
絶対に(風邪菌?ウイルス?に)負けられない戦いがそこに!
気持ちだけは強く持って、マスクをして同じ部屋でいつものように眠りました。

翌朝、朝早くから迷惑なのを承知でパート仲間や上司にメールで相談させてもらい、あ~だこ~だと調整を試みましたがなかなか厳しい状況で…。
どうしたものかと悩んでいると、起きてきた主人が「今日もおれが休む。」と!
えっ!社会人、2日間も仕事休んで大丈夫なの??って感じですよね!?

さて、ここで問題です(笑)
主人は純粋に娘とわたしのためにこの日休むと言ったのでしょうか?!
正解は!
主人も体調が悪かったからでした~。。

熱はないし、無理すれば何とか…という程度といえばそうでしたが。。
娘も発熱している(インフルエンザかもしれない)状態ということ、自分も体調不良(インフルエンザかもしれない)ということから、休んで娘と共に病院へ行くということを決めたようでした。
インフルエンザだったら職場に迷惑かけちゃいますしね。

それならばと主人に通院をお願いして、何かあったらそのときパートを早退させてもらおうと決めてわたしはパートへ。
すっかり元気な息子は幼稚園へ登園したのでした。


このページのトップヘ