ふれまま日記

幼稚園児の息子と小学校低学年の娘の母です。
子育てのことや日々のことを綴ります。
病気がちだった幼児時代の記録なども。

タグ:こども

先日、幼稚園の制服に着替え終わりもうすぐ家をでようというタイミングで息子が鼻血をだしてしまいました。

幸い、わたしが側にいた&すぐに気がついた&量も少なめだったので、すぐに治まりました。

幼稚園の制服は汚れずにすみました~!
ここで制服についてしまうと、息子のテンションが下がって「幼稚園いきたくない!」となってしまう可能性がある(なだめるのが大変…)し、わたしも朝から制服についた血を洗い流してまた洗濯かと思うとツラい…。
ギリギリセーフで助かりました。

息子、結構頻繁に鼻血をだしてしまいます。
ただ、ぶつけたなどのケガというのはほとんどありません。

鼻血のきっかけは、鼻水が気になって鼻をさわってしまったり鼻をかむのが下手で傷つけてしまったり。
また、風邪気味のときは鼻の粘膜が腫れやすくてすぐに鼻血がでるみたいです。
さらに言うと、息子の場合は何もしてなくても鼻血がでることもまれにあります。
夜中に鼻血がでてしまい、布団が血まみれになってしまったこともありました。
(心配で病院を受診したこともありますが、病的ではないとのことでした。)

娘は、風邪をひいても鼻水をかんでも鼻血がでることはありません。
同じようにしていても違うのは体質ということなのでしょうかね…。
鼻のかみかたの違い?!
粘膜の強さ?!

周りのお友達に聞いてみると、男の子のほうが鼻血がでやすいような気がするのですがどうなんでしょう?!
男女で鼻の何かが違うとは思えないのですが…。

素人の母にはよくわかりません…。
わかるのは、息子→鼻血でやすい体質、娘→鼻血でにくい体質という自分のこどものことだけ!

ちなみに、主人は鼻血がでやすい体質で、わたしは人生でたった一度しか鼻血がでたことがありません。(しかも、ぶつかってという外的要因)
そういったこと(遺伝的なこと?)も関係しているのですかね~?!
息子は父の体質を、娘は母の体質を受け継いだともいえますね。
鼻血がでない体質のわたしからすると、鼻血は一大事なのでいつもあたふたしてしまうのですが、慣れている主人は落ち着いたものです(笑)

医師からも主人からも、成長とともに落ち着いてくるだろうと言われているので焦らずに息子の成長を見守っていきたいと思っています!
でも、やっぱり鼻血とはいえ血まみれの息子をみると母は心臓がドキドキしてしまいますが…。。



先日の晩ごはんはシュウマイ!

娘&息子は以前紹介したように餃子が大好きですが、シュウマイも大好き
餃子に比べると、野菜の割合が少ない(玉ねぎのみ)のでついつい野菜がたくさんとれる餃子を作りがちですが、久しぶりにシュウマイもおいしかったです。

さて、ウチの偏食息子、包んでしまえば大丈夫という特性(笑)があるので、①みじん切り②肉と混ぜる③包むという効果により普段は苦手な玉ねぎも全く気にせずにシュウマイならパクパク食べてくれます。

市販のチルドのシュウマイもたまに買うのですが、経済的にも野菜の割合的にも手作りがオススメです。案外時間も手間もかからないですよ!

DSC_0971


偏食息子のごはんレシピ【シュウマイ】

【材料】25個分
豚ひき肉            300g
玉ねぎ               大1/2個
シュウマイの皮(市販のもの)25枚
※しょうゆ 大さじ3
※砂糖         大さじ3
※酒             大さじ2
※ごま油     大さじ1と1/2
※中華だし 小さじ1
※しょうが チューブで4cmくらい
☆片栗粉     大さじ3

①玉ねぎをみじん切りにする。
②①の玉ねぎに☆の片栗粉をまぶす。
③ひき肉をボウルに入れて※の調味料を加えてこねる。
④③に②のキ玉ねぎを加えてさらに混ぜる。
⑤シュウマイの皮で包む。

★フライパンで蒸し焼きの場合★
⑥油をひいたフライパンにシュウマイを並べたら水100ccを加えて沸騰したら蓋をして中火で10分蒸し焼きにする。
⑦蓋をとって、水分をとばしたら完成!

★蒸し器で蒸す場合★
⑥熱した蒸し器にシュウマイを入れて蓋をして中火で10分蒸す。
⑦蒸しあがったら完成!

最初のみじん切りをがんばりましょう!偏食対策にはみじん切りが有効です(笑)
わたしは、フードプロセッサーを使ってみじん切りして手抜きしています

レシピは、フライパンで作る場合と蒸し器で蒸す場合の両方を書いてみました。
今回は、蒸し器を出すのが面倒だったのでフライパンで蒸し焼きにしました。
フライパンで作ると、シュウマイの底の部分がカリっとして香ばしさもあっておいしいです。
蒸し器でつくると、油が落ちるのでさっぱりと仕上がります。小さなお子さんの幼児食だったら蒸し器のほうがさっぱりしていていいかも?!

↓玉ねぎとひき肉だけのシンプルな材料です!(写真が暗くてスミマセン)

毎日寒いですね~。
先日のわが家の晩ごはんは、おでんでした!

↓まだ、はんぺんを入れる前ですが…。
こんな感じです!

DSC_0941

さて、このおでんの具材をみて「アレ?」と思う人もいるのではないでしょうか?!

わが家のおでん、いわゆる普通のおでんの具材じゃないものも入っています。
わたしの実家でも入れていたので、わたしも入れているのですが《鶏肉》《人参》《じゃがいも》も入っているんです。

結婚しておでんをはじめて作ったとき、主人はちょっとビックリしてましが(笑)
人参や鶏肉やじゃがいもを入れても美味しいんですよ~!  
実家では、たまに里芋を入れたりもしていました。里芋は粘りがあるので下茹でしたりと色々手間がかかるので、わたしは手軽なじゃがいもを入れることが多いですけど、里芋も美味しいです。

さて、おでんと言えば竹輪など練りもののイメージですが、わが家の偏食息子は練りものがあまり好きではありません…。
練りものが嫌となると、おでんで食べられるものが一気に減ってしまいます。そんな息子のためにも鶏肉や鶏つくねやウインナーは必須です!

また、献立がおでんの時って、大根以外の野菜がなくて、副菜を作るなどしなければ野菜の割合が少なくなってしまいます。
だったら人参とかもいれてしまおう!と実家の母が思ったのかは分かりませんが、わたしは野菜をプラスするという意味でも人参やじゃがいもを入れています。
(特に、今は葉もの野菜の値段が高いし~!)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

学級閉鎖中の娘と昼間に暇をもて余して、晩ごはんはおでんだから《おでん屋さんごっこ》しよう!と思い付いてこんな看板(メニュー表)を作ってみました!
絵が下手なのはご容赦ください…。
娘には色塗りを手伝ってもらいました。

DSC_0943

晩ごはんの時は、これを見ながら「ご注文は何にしますか?」「○○と■■をください。」みたいに、おでん屋さんごっこ。

こども達、たまごの【限定3個!】に食いついて(笑)
一番最初にたまごを注文していました!
(4人家族ですが、わたしが茹で玉子が好きではないので3つしかいれていません。)
娘は、人参の【オススメ】にも食いつきましたが、偏食息子はだまされませんでした~。作成失敗…残念。

ただ、偏食息子、《おでん屋さんごっこ》の楽しい雰囲気のおかげか、最近給食をはじめて完食するなど急に偏食がましになってきているからか、今まで絶対に食べなかった具材もチョイス!
自ら、竹輪とはんぺんを食べてみると言って本当に食べました~!!
これ、かなり驚きです!

以前なら鶏肉しか食べなかった息子が、今日は色々な具材を自分から食べていました。
竹輪、鶏つくね、鶏肉、たまご、はんぺん、ウインナー、(わたしが勝手に器に入れた小さな人参のかけらも)!

ブログ内でも息子の偏食についての話&偏食息子のご飯レシピで触れていますが、わたし、息子の偏食に本当にずっと悩んで試行錯誤してきてて。

器や盛り付けを工夫したり、刻んで小さくしたり。また、いろんな人に相談したりもしてきました。
でも、息子の偏食はなかなか改善されず…。年少さんの時は結局一度も給食を完食することができないまま年中さんになりました。

ちょっと前までは、茹で玉子も食べられなかったし、練りものもダメだった息子です。
今回も、万が一おでんが無理だったら、最悪息子は何か違う簡単なおかず(玉子焼きとか)と納豆ごはんかなぁと考えていたくらいでした。

でも、偏食息子もいつの間にか成長しているのですね。
偏食息子が嫌いだったものを自ら食べると言って、実際に食べるようななるなんて夢のようです。
まだまだ偏食がなおったわけではないし、おでんも大根やこんにゃくなんかは「いらな~い!」でしたが。。

頑張って悩んで試行錯誤した日々を無駄だとは思いませんが、時間が解決してくれることもあるんだなと改めて感じます。

来年度は年長さんになり、小学校入学も近づいてきます。
小学校の給食は本当にいろんなメニューがあるし、幼稚園と違って毎日給食(幼稚園は週2で給食、週3でお弁当です。)なので、小学校の給食で困らない程度にいろんなものを食べられるようになってくれたらいいなと思っています。

こどもの偏食でお悩みのお母さん、一緒にがんばりましょ~!

さて、先週から次々に体調不良となりバタバタしていたわが家。
今週は、学級閉鎖やら大雪やらでまだまだバタバタしております。。

さて、娘のクラスですが、今週火曜日からついに学級閉鎖となってしまいました…。
金曜日まで学級閉鎖です。
う~ん…長い。。
娘は元気なので、どうやって時間を潰すか考えものです。

ちなみに、パートの仕事はたまたま今週はあまりシフトをいれていなかったことや他のパート仲間に助けられてお休みささせてもらい何とかなりました。

さて、学級閉鎖に関するお知らせのプリントによると「外出はさけ、家でプランをたてて学習や手伝いをしましょう。」とのことですが、学校から渡されている宿題プリントは国語1枚、算数1枚のみで…。
1日で終わってしまう量です。
お休みしているこも多いので、差がつかないようにという配慮なのでしょうか??

学級閉鎖って、お休みってことだったら冬休みと変わらないかなぁと思っているそこのアナタ!(笑)
わたしも昔はそう思っていました!
でも、学級閉鎖って基本的に外出はNG…その時点で冬休みとは違いますよね…。

わが家の場合、こども達はじっと遊んでいるタイプではなく外に出かけたいタイプです。でも、学級閉鎖中は暇つぶしに公園や図書館や児童館に行くわけにはいかない…。
公園か図書館か児童館がいつもの定番遊びコースなので、それができないという時点でかなりツライです。。
また、いくら暇だからといって、お友達に声をかけて遊ぶわけにもいきませんしね。

わたしと娘と息子(雪で園バスが動かず自由登園のため火曜水曜と休み)が2日間どう過ごしているか&木曜金曜をどう過ごして乗り切る予定かをまとめてみます!

【学級閉鎖、どうすごす?!】

①雪かき&雪遊び

火曜日、わたしの住んでいる関東地方では数年に一度の大雪で雪が積もりました。
わが家の辺りはかなりの量が積もり、20センチ近くあったと思います。
もちろん、通学路も雪だらけ。
翌日からのことも考え、通学路の安全のために登校班の有志のママたちで近くの通学路の雪かきをしました。
娘と息子も、雪かきのお手伝いをしたり雪だるまを作ったりして過ごしました。
(まぁ、一応は雪かきもお手伝いということで(笑))

②学校の宿題

学校から渡されているプリントと、毎日音読をしています。
プリントは、量が少ないので1日で終わりました。

③市販のドリル

「他のクラスのお友達はお勉強してるんだからね~!」といってちょっとだけドリルを。
でも、本人のやる気があまりなくて…。
そりゃあそうですよね…学級閉鎖の日に自発的にお勉強するようなそんな理想的なこどもっているのかしら。。

④読書

娘は本が好きなので、図書館でいつも10冊(借りられる上限)本を借りてきています。
図書館で借りている本を読んだり、家にある本を読んだりしています。

⑤映画をみる

わが家はAmazonプライム会員です。
Amazonプライムビデオで、こども向けの映画やアニメをみています。
学級閉鎖中はゆっくり時間があるので、時間の長い映画をみました。
『ペット』や『怪盗グルーの月泥棒』をみましたよ~!

⑥お手伝い

洗濯、掃除、料理などお手伝いができそうなものを一緒に。
正直、料理なんかはわたしひとりでしたほうが早いし楽なのですが…。

⑦きょうだいで謎の遊び

ふたりでぬいぐるみやらダンボールやらを持ち出して何やら遊んでいました。
危ないことしていなければ、わたしはノータッチなので詳細は不明(笑)
秘密基地なのかな??

⑧タブレットでこども向けアプリ

わが家のタブレット、こども向けのアプリをいくつか入れています。
遊びのものからお勉強系までいろいろです。
普段から使いたいときに時間を決めて使っていますが、学級閉鎖中も同じように「●時までね」と時間を決めて遊んでいます。

⑨アクアビーズ

アクアビーズというオモチャご存知でしょうか?ビーズをならべて絵柄をつくるオモチャです。
以前、娘がはまってよく作っていたのですが最近はあまりやってなくて。
でも、時間もあることだし久しぶりに作ってみました。
一度作り出すと、集中して作業するのでしばらく間がもちます!

⑩お裁縫(予定)

娘は、以前にフェルトで小物や小さなカバンを作ったことがあり、それが楽しかったようです。
「また作りたい」と言っていたのですが、針を使うので、やんちゃな息子が在宅中はなかなかできなくて…。
この機会に娘と一緒に何か作ってみたいと思います。

⑪お手紙をかく(予定)

遠方に住んでいるいとこにお手紙を書いて送りたいと言っています。
いとこのお誕生日が近いので、バースデーカード風に作ってみてもいいかなと思っています。
また、外出はさけるとはいえ、歩いて数分のところのポストくらいは行ってもいいかなと思っています。全く家からでないのは、ストレスですから…。書いた手紙をポストにいれに行くのがお散歩といったところですかね!

⑫クッキーなどのお菓子作り(予定)

もし、時間とわたしのやる気があればお菓子作りなんかもいいかなと思っています。
クッキーミックスを使ってしまえば、簡単にできますしね~!

※⑩~⑫は、明日あさってにしようかな~と思っていることです。ホントにするかはまだ未定です。

さて、いろいろありますが母の助けが必要なものもチラホラありますね~。

学級閉鎖、必要なことではありますが母からすると負担が大きい!
そもそも、母だけだったら簡単にすませるお昼ご飯を考える必要がある時点で面倒(笑)
今更ながら、給食のありがたみを感じます。

こども達が早くみんな元気になって、またいつものように学校生活が送れるようにと(こどものためにも自分のためにも)心から願います!

皆さまも、体調にはくれぐれもお気をつけくださいませ~!


このページのトップヘ