ふれまま日記

幼稚園児の息子と小学校低学年の娘の母です。
子育てのことや日々のことを綴ります。
病気がちだった幼児時代の記録なども。

カテゴリ: わたしの妊娠出産のはなし

ドラマ『コウノドリ』毎週楽しみにみています。リアルタイムでみられず、先週の放送分をやっと今日みました。帝王切開後の二人目の出産方法についてが主なテーマとなった回でしたね。トーラック(帝王切開後、自然分娩をすること)を希望する妊婦さんと家族、病院関係者の状況が描かれていました。

以前、娘の出産のことをブログにかいたときもふれましたが、わたしは娘を緊急帝王切開、息子を予定帝王切開で出産しています。

娘は、妊婦健診のNSTで徐脈がみられたため緊急帝王切開になりました。娘の妊娠中は切迫早産や胎児発育不良で入院していたりと順調とは言い難い妊娠生活でした。また、帝王切開で出産した娘は想定よりも小さく低体重出生児でした。

娘を帝王切開で産んだ後、わたしは帝王切開に《なってしまった》と考えたこともありました。元々、自然分娩で産む予定だったのと緊急で急に決まっての帝王切開だったので心の準備もできておらず何だか自分の意思とは関係なく、バタバタとした出産だったような気がしてしまって。
でも、わたしの場合《なってしまった》という思いよりも《無事に産まれてくれた》という気持ちが日に日に大きくなりました。

娘のように陣痛がストレスで心拍が落ちて徐脈になってしまう赤ちゃんもいます。NSTの途中で赤ちゃんが徐脈になり中々回復せず、看護師さんや助産師さん、医師が集まってきたときの《赤ちゃんは無事なのか、どうなってしまうのか》という不安で押しつぶされそうな気持ちを考えたら、少しでも娘にとってリスクの少ない方法で出産できたこと、帝王切開という選択肢のある現代にむしろ感謝しています。
自然分娩にこだわっていたら赤ちゃんの命が危ないのですから。(娘の場合は、低体重出生児ということもあり、おそらく普通の赤ちゃんより陣痛のストレスに弱かったのだろうということでした。)

帝王切開後は、傷は痛いのにはじめての出産でただでさえナーバスになっていたりで…
母乳は大丈夫かなと痛み止めを使うのも不安で、歩くのも辛く…でも、すぐにエンドレスではじまる赤ちゃんのお世話。
いわゆる産後ブルーでピリピリしたりもしました。
でも、帝王切開だったからこそ入院期間も長くなり、助産師さんに相談したりする機会も多くなったことで助けられました。あくまでわたしの場合ですが、自然分娩でバタバタしたまま何もわからず4~5日で退院していたほうがパニックだったかもしれないなぁと思ったりもします。

息子は、(娘とは違う病院で産んだのですが)病院がブイバック(当時、説明ではトーラックではなくブイバックと言われました。何が違うのでしょう?)を行っておらず、予定帝王切開で出産しました。前日入院、翌日帝王切開で家族も予定をあわせて休みをとるよう調整してくれました。

わたしは、二人目の息子のときも帝王切開で出産しています。病院の方針で、VBACはしない方針でしたし、わたし自身も説明を受けたうえで少しでも安全を取りたいと思い自分でも帝王切開での出産を希望しました。

二人目も帝王切開で産むなら(ブイバックしないなら安全でしょ~という風に)安全をとったと言われがちですが、帝王切開も手術です。手術には必ずリスクが伴います。わたしは、二人目を妊娠したときから《帝王切開という手術》のリスクも考えていました。

わたしは、万が一のことがおきた時に主人や娘が困らないようにと、一冊のファイルを作っておきました。保険関係やその他重要な書類をまとめたり、家族の住所電話メアドなどを一覧表にしたり。娘の母子手帳や今後の予防接種予定リスト、好きなごはんのレシピや娘が利用していた一時保育についてや遊び場のリストなど。
また主人と、万が一が起きてしまった場合のことについても話をしました。もし、わたしに万が一のことがあったら…苦労するかもしれないけれどどうか娘を手離さずに幸せに育ててねと。
娘という存在があるからこそ、覚悟のうえでの二人目出産でした。

予定通り帝王切開で無事に息子が産まれて、ホッとしました。二人目以降は後陣痛がひどくなるといいますが、帝王切開でもそうです。切った子宮が後陣痛で収縮します。普通の切り傷でも、傷口をギューギューつねられたら、痛いですよね?!とにかくツラくて、迷わず痛み止めを使いました。娘のときも本当は我慢せず痛み止めを使えばよかったんですよね。。
息子の帝王切開後は、娘という存在のおかげか娘のときほどナーバスにはならず入院期間は穏やかに過ごすことができました。

予定帝王切開ということもあり、主人が事前に仕事を調整して休暇をとってくれていたり娘の預け先を確保できていたりしたことは、わたしにとって安心材料となりました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

陣痛の痛み、帝王切開の手術の痛み、無痛分娩を選択すること、トーラック(VBAC)での出産を選ぶこと、それぞれみんないろいろです。わたしは陣痛の痛みについてはよくわからないし、帝王切開したことのない人には手術後の痛みはわからない。それは仕方のないことで、わからないことが悪いことではないと思います。
《帝王切開だから~》という言葉、わたしは直接言われたことはありませんが、もし言われたとしたらどう思うのだろう?

出産は本当にひとそれぞれで、みんなが同じなんてあり得ないのだから、自分と同じ経験をしていないからといってあえてそれをわざわざ悪いように言う必要があるのかな?
同じ経験をしていないのだからわからないことは悪いことではないけれど、わからないから想像で何を言ってもいいのかな?
わからないなりに相手の気持ちに寄り添えたらいいのに…。

わたし自身、子育てしているとつい自分だけが大変なんだと感じてしまうこともあります。自分以外はみんな楽して楽しそうにみえたり…。
でも、ひとりひとりみんな違っていて、自分だけでなくみんな一緒懸命に出産して子育てしてるんだということを忘れずにいなきゃいけないなと…『コウノドリ』は、改めてそう思う機会になりました。

ちなみに、わたしはこども達に帝王切開で産まれたことを伝えていますし、お風呂で傷跡を「これなに?」と、さわられたりもしています。
ウチのこ達にとっては、むしろ帝王切開が当たり前だと思っているかもしれませんね~。。

わたしの妊娠出産【娘のとき③】からの続きです。
(退院までの経過について、わたしの当時の育児ノートを参考に当時を振り返ります)

【帝王切開翌日 生後1日目】
痛みや導尿の管もありまだ何もできないし、後陣痛もあって自分のことでいっぱいいっぱいでした。娘は、呼吸も安定していたため私の部屋まで連れてきてもらうことができました。少しの時間でしたが、一緒に過ごすことができました。
娘は、ほとんど泣かずに寝ていました。赤ちゃんは泣くイメージだったのでこんなに大人しくて大丈夫なのだろうかと心配していました。

【生後2~3日目】
導尿の管がとれ、歩行や食事もOKになりました。痛みはあるものの少しずつ元気がでてきました。娘は、泣き声も大きくなってきて安心しました。娘は保育器からでて通常のあかちゃんと同じように母子同室も可能になりました。

【生後4日目】
朝、胸が張っていて少し母乳が出るように。マッサージしてもらい授乳しますが、まだ吸わせ方が下手でうまく授乳できずミルクを足しました。
初めての沐浴をしたり、手術後初めてシャワーを浴びたりと忙しい一日でした。
わたしのむくみが酷かったため《五苓散》という漢方薬を処方してもらいました。

【生後5日~8日目】
娘の体重がなかなか増加傾向にならず、ミルクを作ってもなかなか飲んでくれず途中で寝てしまうので助産師さんなどに相談をしていました。※1
体重によっては私と一緒に退院するのが難しいかもしれないと言われて落ち込んでしまいました。また、産後のホルモンバランスの関係で気分が不安定になってしまい…看護師さんや助産師さんにいろいろと話を聞いてもらいました。お忙しいのに、寄り添っていただいたことに本当に感謝しています。※2
母乳の出が悪いような気がすること、娘がミルクをあまり飲んでくれないこと、娘の体重がなかなか増えないこと、小さく低体重で産んでしまったこと、ほかの赤ちゃんに比べたら小さくて弱弱しく見えてしまうこと、本当は自然分娩したかった…などとにかくいろんな気持ちでいっぱいいっぱいになっていました。※3
生後8日目のまだ入院中にへその緒がとれました。

【生後9日目】

やっと娘の体重が増加傾向になってホッとしました。それまでは、お腹を減らして泣くということがほぼなくて無理やり時間ごとに飲ませていましたが、初めておそらくお腹が減って泣いてミルクを飲みました。
診察でわたしも娘も退院OKとなり、退院が決まりました。
娘の体重が増加傾向になったことと娘も同時に退院できると決まったことでわたしの産後ブルーだった気持ちはだいぶ切り替えられました。

【生後10日目 退院】
退院!実家から母に手伝いに来てもらいました。ただ、母も仕事をしていたので長期間お願いするわけにはいきませんでしたが精神的にも助かりました。
本来ならば1か月は大人しくしたいところですが…母に頼れなかったわたしは、産後のサポートサービスを使いました。(そのことについては後日また改めて記事にできればと思っています。)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※1
娘は、低体重出生児ということで、病院では低体重児用のミルクを使っていました。今思えば、どうやら娘はそのミルクがあまり好きではなかったみたいです。医師に相談して、家に帰ってからは普通のミルクにしたのですが、普通のミルクにすると少しミルクの飲みっぷりがよくなりました。

※2
わたしは帝王切開出産ということで入院期間が長かったこともあって入院期間中に産後ブルーになりました。ある意味それはラッキーだったと思います。助産師さんや看護師さんに話を聞いてもらえるチャンスがあったので、かなり助けられました。

※3
帝王切開についてですが、産後すぐは帝王切開に《なってしまった》と考えていました。でも今は、どんな産み方であってもとにかく赤ちゃんを無事に産めるのならそれでよかったと思っています。娘のように陣痛がストレスで心拍が落ちて徐脈になってしまう赤ちゃんもいます。自然分娩にこだわっていたら赤ちゃんの命が危ないのです。
わたしは、二人目の息子のときも帝王切開で出産しています。病院の方針で、VBACはしない方針でしたし、わたし自身も説明を受けたうえで安全を取りたいと思い自分でも帝王切開での出産を希望しました。
陣痛の痛み、帝王切開の手術の痛み、無痛分娩を選択すること、VBACでの出産を選ぶこと、それぞれみんないろいろです。わたしは陣痛の痛みについてはよくわからないし、帝王切開したことのない人には手術後の痛みはわからない。それは仕方のないことで、わからないことが悪いことではないと思います。
いろんな理由でいろんな出産のカタチがあるんだということをわかっていればそれでいいのかなってそういう風に思っています。

これで、ひとまず《わたしの妊娠出産【娘のとき】》は終わりにしたいと思います。
低体重で悩んだ娘の新生児期についてや産後サポートサービスに頼んだ話はまたいずれ別に書きたいなと思っています。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※医師ではないひとりの母の記録&記憶をもとに書いています。気になることがありましたら必ず医師の診察をうけてください。治療方針もひとそれぞれですので、参考程度にとどめ必ず医師の説明をうけて相談してくださいね。あくまでも参考と考えてわからないことや不安なことがあったら病院に確認してください。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


わたしの妊娠出産【娘のとき②】からの続きです。

【38w1d 妊婦検診】
退院後、通常の妊婦さんと同様に妊婦検診に行きました。血圧や体重を計って、NSTをしました。
NSTの途中、波形に異常がみられました。赤ちゃんが徐脈になってしまったのです。わたしの周りに看護師さん、助産師さんや医師が駆け寄ってきてお腹をさすったり聴診器をあてたり。幸い、赤ちゃんの心拍は戻りましたが、数分の間徐脈が続いたため緊急入院⇒出産することが決まりました。
赤ちゃんが、陣痛のストレスに耐えられないという判断により帝王切開での出産が決まりましたが、手術室の関係で翌日の出産になるということでした。それまでに万が一また徐脈がおきたらすぐ対応できるようにしますとのことでしたが、わたしは不安で…今すぐにお腹を切ってでも赤ちゃんを助けてほしいと思っていました。NSTをしたまま横になり、不安でずっと波形を見続けていました。

【38w2d 帝王切開で出産】
翌日、帝王切開の手術前の処置を行い、手術室へ。
麻酔が怖くて…「怖いです~!」って言った記憶が…麻酔が効いてくると下半身の感覚はなく、冷たさも感じませんでした。
お腹を押されたりひっぱられたりする感覚があった後、手術開始から15分後くらいに娘がうまれました。羊水を吸ってもらい身体を拭いてもらったあとで助産師さんが私の枕元に娘を連れてきてくれました。泣いていてホッとしました。想像していた赤ちゃんよりも小さくて少し心配でしたが、まずは無事にうまれてきてくれて本当によかったと思いました。
娘はすぐに連れていかれ、主人と対面した後で保育器にはいったそうです。
その後も手術の処置が進められましたが、すごく長い時間に思えて…意識はある状態なのでまだ終わらないのかなと思いながら、途中麻酔のせいか吐き気がしてしまい…気持ち悪さと麻酔でボーッとしている状態でした。手術自体は手術室に入ってから45分~1時間くらいだったかなと記憶しています。

【出産当日】
病室に帰ると、主人が待っていてくれて娘の写真を見せてくれました。嬉しそうにしている主人を見て、改めて赤ちゃんが無事にうまれたんだなとホッとしました。
ただ、娘は2416g、43cmと小さめの低体重出生児でした。帝王切開ということと低体重ということで保育器でしばらく様子をみるとのことでした。
わたしは、気分が悪く…また、痛みや麻酔のしびれの気持ち悪さで何もできず…主人が家族などにいろいろと連絡をしてくれたようでした。

【あとでわかったこと】
娘は、出産前の検診では推定体重が2500gを超えていました。医師も2500g以下と考えていなかったようです。頭の大きさは割と大きく体が小さく細いという栄養状態があまりよくなかったタイプのようでした。医師の話では、胎盤が小さめだったということと胎盤に多くの梗塞あり血流が悪かったことが影響していたのかもしれないとのことでした。
娘の場合は低体重ということもあり陣痛のストレスに弱く徐脈がでたので…妊娠中期から頻繁に強い張りがあったということは赤ちゃんにストレスがかかっていたということですので、結果としてこの病院で入院してウテメリンを使って張りを押さえて安静にしていたということは正解だったといえると思います。最初の病院から転院して正解だったと思うのはこのことがあるからというのが大きいです。確かに、誰にも分らなかったことですが、結局は医師との相性ということでしょうかね。。。


※産婦人科や医師に対しての感想はあくまでわたし個人のものです。医師との相性ももちろんあると思いますし、わたしサイドの感想なのでわたしにとって都合のいいように書いていると思われても仕方ないかもしれません。決して病院や医師を否定したいのではなく、わたし個人がもっと医師とコミュニケーションをとっていれば変わったのかもしれないという反省も含めてこういうケースがあったということを書いています。妊娠出産は病気ではありませんが、命にかかわることです。医師との信頼関係も大切なことなのだと感じています。

※医師ではないひとりの母の記録&記憶をもとに書いています。気になることがありましたら必ず医師の診察をうけてください。治療方針もひとそれぞれですので、参考程度にとどめ必ず医師の説明をうけて相談してくださいね。あくまでも参考と考えてわからないことや不安なことがあったら病院に確認してください。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


わたしの妊娠出産【娘のとき①】からの続きです。

【妊娠29w~32w 入院】
転院先の病院へは主人の運転する車で移動しました。転院先ですぐに診察を受けた結果、子宮頸管の長さに問題はない(32wで3.2cmくらい)けれど、強めの張りがあるということと赤ちゃんが小さめ(32wで1500gくらい)ということから入院して経過を見ることになりました。
まずは、ウテメリンという張り止めの薬を内服して強い張りを抑えて子宮頸管が短くなるのを予防し、また、赤ちゃんがなるべく成長できるよう張りが減り栄養が多くいくように横になっているように言われました。それ以外はできることは何もなく…ただただ横になっていました。
32wで張りも薬でコントロールできているし、家で安静にするということで退院しました。

【妊娠34w~36w 入院】
検診で外来診察を受けた際に、結構な張りがあったことと相変わらず赤ちゃんが小さめで成長がゆっくりなことが気になるという医師の判断で、再び入院することになりました。
張りのコントロールがなかなかできずウテメリンが点滴に切り替わりました。ウテメリンが点滴に切り替わったとたん、副作用で手が震え、脈が速くなりました。汗をよくかくようになり、ベッドの上から動いていないにも関わらず汗だくのこともありました。最初は3A10で点滴を始めて、最高で3A20になり…少しずつまた減らしていきました。
わたしの場合、子宮頸管の長さには問題なかったので、入院の理由は【強い張りがある】ことと【赤ちゃんの成長が遅い】(35wで2100gくらい。10日~2週間分くらい小さいと言われました。)ということでした。切迫早産で入院という理由のほとんんどは子宮頸管の長さが短くなっているということではないでしょうか。わたしの場合のようなケースはきっとレアケースなのだと思います。
「強い張りが頻回だということは赤ちゃんが苦しい時間が多いということだから、ウテメリンで張りをおさえて赤ちゃんが苦しくないようにしましょう。それが赤ちゃんの成長につながるはず。」という考え方の医師だったということと、わたしが安静に横になっていたほうが赤ちゃんの成長を少しでも助けられるのならと思いでの入院でした。
実家は遠方で頼れず、頼れるのは主人だけ。結婚してから住んだ土地でまだ友達もいませんでした。赤ちゃんが無事にうまれてきてくれるのかの不安もあって友人には妊娠のことを言っておらず、孤独な妊娠生活でした。
37w正産期でやっと退院することができました。

ウテメリンの点滴について
点滴は数日おきに針をさし換えるのですが、だんだん血管がボロボロになり針をさせる場所がなくなっていきました。また、点滴が漏れた場合もさしかに換えになります。腕は内出血のや点滴の固定のテープで痒みがでて赤くなったりと酷い状態でした。
わたしの場合は、点滴のさし換えのタイミングで、大丈夫そうだったらシャワーを浴びることができました。シャワーを浴びるのが唯一の楽しみでした。

※産婦人科や医師に対しての感想はあくまでわたし個人のものです。医師との相性ももちろんあると思いますし、わたしサイドの感想なのでわたしにとって都合のいいように書いていると思われても仕方ないかもしれません。決して病院や医師を否定したいのではなく、わたし個人がもっと医師とコミュニケーションをとっていれば変わったのかもしれないという反省も含めてこういうケースがあったということを書いています。そこまで不信感を持つ前になんとかならなかったのかという思いもあります。妊娠出産は病気ではありませんが、命にかかわることです。医師との信頼関係も大切なことなのだと感じています。

※医師ではないひとりの母の記録&記憶をもとに書いています。気になることがありましたら必ず医師の診察をうけてください。治療方針もひとそれぞれですので、参考程度にとどめ必ず医師の説明をうけて相談してくださいね。あくまでも参考と考えてわからないことや不安なことがあったら病院に確認してください。

わたしの妊娠出産【娘のとき③】に続きます。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


このページのトップヘ