ふれまま日記

幼稚園児の息子と小学校低学年の娘の母です。
働く幼稚園ママ話や子育てのことや日々のこと。
病気がちだった幼児時代の記録なども。

カテゴリ: こども達のこと

そろそろクリスマスプレゼントの準備の時期ですね!わが家のこども達も色々と言ってくるようになりました。

娘はぬいぐるみや本やオシャレグッズ、あとはわたあめの機械が欲しいとか(笑)
息子はベイブレードやリモコンカー、そして任天堂switchのソフト!!

※もちろん、それら全部サンタさんがくれるわけじゃありません(笑)まだ好き勝手に言ってる段階です。

さて、息子の希望のなかにswitchのソフトがありますが、わが家にはswitchがあってこども達(小学生&幼稚園児)が毎日のようにプレイしています。

この秋に購入したばかりなのですが、購入に至るまでの話、購入したソフト、わが家のルール、メリット、デメリットなど…
クリスマスプレゼントに任天堂switchを考えているママの参考になればと思います!
決してお手本とは言えないですが(笑)

【switchが欲しい!お父さんとの交渉】

わが家のこども達、switchを購入する前からDSでゲームをすることがたまにありました。
といっても、わたしがまだ若かったころに持っていたDS…かなりのお古です。
中古の安いソフトを古本屋さんで購入してプレイしていました。
マリオブラザーズ、マリオカート、幼児向けのひらがな練習やクイズなどの知育系、プリキュアやサンリオ系などです。
ゲームの楽しさはすでに知っているという状態(笑)
時間を決めてプレイする&宿題や用事を先に終わらせてからというのがルールでした。

そんなゲームの楽しさを知っているこども達、テレビでswitchのCMがバンバン流れている&お友達が持っていると欲しがらないはずありません。

先に「switch欲しい!」と言い出したのは幼稚園児の息子。
息子は、マリオカートが大好きなので、switchのマリオカートのCMを見て欲しくなったみたいでした。

わたしはゲームほとんどしないので、正直「欲しい!」と言われてもよくわからなくて…(DSもプレゼントでもらったから持ってたけど多分自分では買わないタイプ)
「ゲームのことはお父さんに相談して。でも、高いからそんなすぐにホイホイ買えるものじゃないからね~!」と主人に丸投げしました(笑)

主人は、「買ってもいいけど…約束守ってできる??」と。
こども達は「約束守ってするから~!」と、粘り強く交渉。
家計を預かる妻としては、「えっ?!簡単に買ってもいいとかいっちゃって大丈夫?!その費用はどこから出すのよ~!?」と胸のうちで思いながら焦る(苦笑)

交渉の結果、「ふたりがちゃんと真面目にやるべきこと(宿題や習い事やお手伝いなど)を毎日やって、【こんなにちゃんとできるのならswitchを買っても約束したことを守って遊べるだろう!】とお父さんが思うようになったら買う」と父子で協定が結ばれたのでした。


つづく

今年もインフルエンザの予防接種のシーズンがやってきました。
(去年のインフルエンザ予防接種の話 )

 息子が気管支炎になったりしてのばしのばしになっていたのですが、わが家のこども達もやっと予防接種を受けられました。

わが家は今回、予防接種はいつもと違うはじめての病院でうけました。
なぜなら…

予防接種の費用が安い&予約なしで接種できる病院だから!!

かかりつけの病院で接種しないことに批判もあるかもしれませんが、親のわたしの判断で今年は違う病院にしたのでした。

ちなみに、費用などの差についてざっくり書いてみるとこんな感じです↓

【A小児科】
・かかりつけ医
・インフルエンザ予防接種は受けられる曜日が決まっている
・予約制(予約受付開始時間がわたしの仕事中のため予約が難しい)
・3500円

【B内科小児科】
・すぐ近所の内科(大人メイン)
・日本脳炎やインフルエンザの予防接種をうけたことがある 
・予約なしで大丈夫だが、在庫があるかわからない
・4000円

【C内科小児科】
・ちょっと遠い内科(大人メイン)
・インフルエンザの予防接種をうけたことがある
・予約なしで大丈夫
・3600円

【D小児科クリニック】
・ちょっと遠い小児科
・数回行ったことがある 
・インフルエンザの予防接種の予約まだとれる
・4000円

 【Eクリニック】
・ちょっと遠い内科 
・行ったことない
・予約なしで大丈夫 
・小学生以下が安いと評判 
・2600円(小学生以下)
・4000円(大人)

病院に電話をかけたりホームページで調べたりしたのですが、病院ごとに色々ですね。

Eクリニックについては去年お友達ママから教えてもらいました。インフルエンザの予防接種が安いと有名みたいです。
(去年はすでに違う病院(C内科小児科)で一回目を接種していたのでウチは行かなかったけど、周りでは結構Eクリニックで予防接種したという人が多かったです。)

息子は副反応がでたことがあるしどこの病院で接種するか迷ったんですが、周りの評判も悪くない&安い&予約いらないので今年はEクリニックで接種してきました!
(もうこども達も赤ちゃんじゃないから大丈夫かなと…)

はじめての病院だし他と比べてあまりにも安いのでちょっと不安もあったのですが、普通にキレイな病院で医師の感じもよかったです。副反応の心配についてもちゃんと相談できました。
(困ったのは駐車場がないことくらい)

一番費用が高い場合、
4000円×2人×2回=16000円
Eクリニックだと、
2500円×2人×2回=10000円

差額で大人一人分のインフルエンザの予防接種ができちゃいますよね。
個人個人色んな考えがあると思うし金額で選ぶのが正しいとは限らないとは思いますが、予防接種の効果は変わらないもののはずなのでわが家はそれでヨシとしました!

息子の副反応も今のところ大丈夫みたいだし、とりあえずインフルエンザが流行しだす前に1回目を接種できてホッとしました。。
あとは2~4週くらい開けてもう一度接種!
次はわたしも接種だな…
(↑わたし注射大嫌い…)

※誤字訂正しました


息子のトイレトレーニング思い出話や現在進行形のオネショ話など書きたいことはたくさんあるのですが、ちょっと身体も心も疲れ気味で…。

人生いろいろ。
疲れた時は休むことも大切ですよね。
週末、のんびりと過ごしてちょっと復活しました。
ブログも、ぼちぼちマイペースで続けていきいと思います。

さて、やっとインフルエンザBの猛威が落ちついてきたかと思ったら、わが家のこども達、鼻水が…。

これは…風邪気味なのか??
花粉??ハウスダスト??アレルギー??
熱はないし、元気いっぱいなので様子見です。

わたしも、何だか目が痒くて痒くて…。
でも、わたし花粉症じゃないんですよ!
まさか、今年発症?!
こちらも、様子見しています。

あと…最近職場や習い事でインフルエンザAだったんだよということを耳にするのでちょっとハラハラ。

先日、娘のクラスが学級閉鎖になったときはインフルエンザBが流行していて、インフルエンザAはいなかったんですよね。
万が一、インフルエンザAが流行っちゃったりしたら…多分、授業(教科書)終わらないんじゃないかなぁ。
ウチの娘のクラス、ただでさえ授業が遅れ気味なのです…。
インフルエンザA、流行りませんように!

先日、幼稚園の制服に着替え終わりもうすぐ家をでようというタイミングで息子が鼻血をだしてしまいました。

幸い、わたしが側にいた&すぐに気がついた&量も少なめだったので、すぐに治まりました。

幼稚園の制服は汚れずにすみました~!
ここで制服についてしまうと、息子のテンションが下がって「幼稚園いきたくない!」となってしまう可能性がある(なだめるのが大変…)し、わたしも朝から制服についた血を洗い流してまた洗濯かと思うとツラい…。
ギリギリセーフで助かりました。

息子、結構頻繁に鼻血をだしてしまいます。
ただ、ぶつけたなどのケガというのはほとんどありません。

鼻血のきっかけは、鼻水が気になって鼻をさわってしまったり鼻をかむのが下手で傷つけてしまったり。
また、風邪気味のときは鼻の粘膜が腫れやすくてすぐに鼻血がでるみたいです。
さらに言うと、息子の場合は何もしてなくても鼻血がでることもまれにあります。
夜中に鼻血がでてしまい、布団が血まみれになってしまったこともありました。
(心配で病院を受診したこともありますが、病的ではないとのことでした。)

娘は、風邪をひいても鼻水をかんでも鼻血がでることはありません。
同じようにしていても違うのは体質ということなのでしょうかね…。
鼻のかみかたの違い?!
粘膜の強さ?!

周りのお友達に聞いてみると、男の子のほうが鼻血がでやすいような気がするのですがどうなんでしょう?!
男女で鼻の何かが違うとは思えないのですが…。

素人の母にはよくわかりません…。
わかるのは、息子→鼻血でやすい体質、娘→鼻血でにくい体質という自分のこどものことだけ!

ちなみに、主人は鼻血がでやすい体質で、わたしは人生でたった一度しか鼻血がでたことがありません。(しかも、ぶつかってという外的要因)
そういったこと(遺伝的なこと?)も関係しているのですかね~?!
息子は父の体質を、娘は母の体質を受け継いだともいえますね。
鼻血がでない体質のわたしからすると、鼻血は一大事なのでいつもあたふたしてしまうのですが、慣れている主人は落ち着いたものです(笑)

医師からも主人からも、成長とともに落ち着いてくるだろうと言われているので焦らずに息子の成長を見守っていきたいと思っています!
でも、やっぱり鼻血とはいえ血まみれの息子をみると母は心臓がドキドキしてしまいますが…。。



このページのトップヘ