ふれまま日記

幼稚園児の息子と小学校低学年の娘の母です。
子育てのことや日々のことを綴ります。
病気がちだった幼児時代の記録なども。

カテゴリ: こども達のこと

息子のトイレトレーニング思い出話や現在進行形のオネショ話など書きたいことはたくさんあるのですが、ちょっと身体も心も疲れ気味で…。

人生いろいろ。
疲れた時は休むことも大切ですよね。
週末、のんびりと過ごしてちょっと復活しました。
ブログも、ぼちぼちマイペースで続けていきいと思います。

さて、やっとインフルエンザBの猛威が落ちついてきたかと思ったら、わが家のこども達、鼻水が…。

これは…風邪気味なのか??
花粉??ハウスダスト??アレルギー??
熱はないし、元気いっぱいなので様子見です。

わたしも、何だか目が痒くて痒くて…。
でも、わたし花粉症じゃないんですよ!
まさか、今年発症?!
こちらも、様子見しています。

あと…最近職場や習い事でインフルエンザAだったんだよということを耳にするのでちょっとハラハラ。

先日、娘のクラスが学級閉鎖になったときはインフルエンザBが流行していて、インフルエンザAはいなかったんですよね。
万が一、インフルエンザAが流行っちゃったりしたら…多分、授業(教科書)終わらないんじゃないかなぁ。
ウチの娘のクラス、ただでさえ授業が遅れ気味なのです…。
インフルエンザA、流行りませんように!

先日、幼稚園の制服に着替え終わりもうすぐ家をでようというタイミングで息子が鼻血をだしてしまいました。

幸い、わたしが側にいた&すぐに気がついた&量も少なめだったので、すぐに治まりました。

幼稚園の制服は汚れずにすみました~!
ここで制服についてしまうと、息子のテンションが下がって「幼稚園いきたくない!」となってしまう可能性がある(なだめるのが大変…)し、わたしも朝から制服についた血を洗い流してまた洗濯かと思うとツラい…。
ギリギリセーフで助かりました。

息子、結構頻繁に鼻血をだしてしまいます。
ただ、ぶつけたなどのケガというのはほとんどありません。

鼻血のきっかけは、鼻水が気になって鼻をさわってしまったり鼻をかむのが下手で傷つけてしまったり。
また、風邪気味のときは鼻の粘膜が腫れやすくてすぐに鼻血がでるみたいです。
さらに言うと、息子の場合は何もしてなくても鼻血がでることもまれにあります。
夜中に鼻血がでてしまい、布団が血まみれになってしまったこともありました。
(心配で病院を受診したこともありますが、病的ではないとのことでした。)

娘は、風邪をひいても鼻水をかんでも鼻血がでることはありません。
同じようにしていても違うのは体質ということなのでしょうかね…。
鼻のかみかたの違い?!
粘膜の強さ?!

周りのお友達に聞いてみると、男の子のほうが鼻血がでやすいような気がするのですがどうなんでしょう?!
男女で鼻の何かが違うとは思えないのですが…。

素人の母にはよくわかりません…。
わかるのは、息子→鼻血でやすい体質、娘→鼻血でにくい体質という自分のこどものことだけ!

ちなみに、主人は鼻血がでやすい体質で、わたしは人生でたった一度しか鼻血がでたことがありません。(しかも、ぶつかってという外的要因)
そういったこと(遺伝的なこと?)も関係しているのですかね~?!
息子は父の体質を、娘は母の体質を受け継いだともいえますね。
鼻血がでない体質のわたしからすると、鼻血は一大事なのでいつもあたふたしてしまうのですが、慣れている主人は落ち着いたものです(笑)

医師からも主人からも、成長とともに落ち着いてくるだろうと言われているので焦らずに息子の成長を見守っていきたいと思っています!
でも、やっぱり鼻血とはいえ血まみれの息子をみると母は心臓がドキドキしてしまいますが…。。



全国的にインフルエンザが猛威をふるっていますね。
先日、娘のクラスは学級閉鎖になりましたし、息子の幼稚園も学級閉鎖になっているクラスが複数あります。

自分が風邪をひいていたり病み上がりだったりするときはもちろん、風邪予防※や乾燥予防のためにマスクをする人って多いですよね。
わたしも出かけるときにはマスクをしますし、こども達もマスクをして登校登園しています。

※予防のためにマスクをすることは色々な意見があるようです。着用の仕方が間違っていたり、着用後のマスクを触ってしまうことでウイルスが手や顔に付着したりすることもあるみたいです。
また、産経ニュースからは予防のためにはオススメしないという厚生労働省担当者の見解も出されていて、じゃあマスクはいらないの?!って混乱しちゃいますね。。
厚生労働省は、体調に不安がある場合は人混みを避けるほか、外出後は手洗いとうがいをするよう呼びかける。一方、マスクをすることは「感染拡大を防ぐのに有効だが、自分を守る手段としては推奨していない」(同省担当者)という。
産経ニュース より引用
でも、こども達って大人が思っている以上に距離感が近い!
なので、もちろん大人同士に比べると飛沫を直接的にあびる可能性も高くなります。
直接くしゃみや咳からの唾液をあびる可能性を下げるという意味ではわたしはマスク着用もいいんじゃかいかなぁと個人的に思っています。
(専門家ではなく、ひとりの普通の母としての意見です。)
また、乾燥を防ぐというのは大切なポイントだと思うので、乾燥を防げるということもマスク着用の大きな理由となりますよね。

さて、娘は自分が風邪気味のときはもちろん、いまの時期は自分は元気であってもマスク着用で学校へいっていますが、クラスメイト達はどうなのかな?と思って娘に聞いてみました。

《Q1》
「みんなはマスクつけてきてるの?」
→「ほとんどみんなマスクしてるよ!」

《Q2》
「どんなマスク?紙みたいな不織布(いつも自分がつかっているのと同じ)?布やガーゼ?」
→「不織布が多いかな!でもガーゼマスクのこもいるよ!」

《Q3》
「不織布マスクはどんな形のが多い?」
→「四角いの!」

《Q4》
「不織布マスクはみんな白いマスク?柄物の可愛いののお友達もいる?」
→「柄物のお友達もいるけど、ほとんどみんな白いマスク!」

どうやら、娘のクラスの中では不織布の白い一般的な四角いマスクが一番多いようですね。
立体マスクや柄物のマスクなどは1枚当たりのお値段も高くなってしまいますし、毎日使うものなので高いものは避けたいのが主婦&母心…そうなりますよね~!
また、小学生になると柄物やキャラクター系のものはちょっと恥ずかしい(みんなと違う)という感情も少しずつ芽生え始めるようで、そういった意識からも一般的な白いマスクが多くなるのではないかなと思ったりもします。

娘が幼稚園だった頃はマスクをつけることを嫌がらないようにと、柄物の可愛いマスクを購入していた時代もありましたし、「買って~!」とねだられることもありました。
まぁ、わたしはケチなのでそうそう買いはしませんでしたが(笑)
ただ、扁桃腺摘出手術の前後はしばらくマスクをしていたので、入院のときくらいはと思って娘の希望を聞いて好きな柄のマスクを使っていました。
ディズニーのミッキー&ミニーのデザインやサンリオのジュエルペットというキャラクターのものを使っていましたよ!

現在、使っているのは娘のクラスで一番多いというシンプルな四角い形の白いマスク。
わが家は幼稚園児の息子も同じものを使っています。
小さめサイズなので幼稚園児~小学校低学年くらいにぴったりのサイズです。

《こども用》というサイズ、なかには小学生中学年くらいを前提に考えられているのか、買った後に大きめだなと感じるものもありました。
サイズをちゃんと見ずに《こども用》だけ見て買うと失敗するので、みなさんもお気をつけくださいね!

↓こちらが娘&息子が現在使用中のマスク。
DSC_0826

娘&息子は登校登園の際にマスクを着用していきますが、わたしは念のためにランドセルや幼稚園カバンの中に予備のマスクを入れるようにしています。
こどもって、マスクが気持ち悪くなって取ってしまったり汚いところに落としてしまったりします。
また、引っ張ってゴムが切れてしまうこともありますよね。
予備のマスクを入れておくと安心です!

わたしの持たせ方は、小さめのシッパーバックにマスクを数枚入れて持たせるという方法です。
きちんとジッパーを閉じておけば綺麗な状態で持ち歩けますしかさばらないのでそうしています。

週末お出かけのときには、わたしのマスクも一緒に持ち歩いています。
まだまだ風邪やインフルエンザが流行っているし、花粉が飛び始める季節でもあります。
マスクは必需品ですね!

↓ちょっと大きめの袋しかなくてこちらを使用中。
DSC_0991

2/6誤字訂正しました。


さて、先週から次々に体調不良となりバタバタしていたわが家。
今週は、学級閉鎖やら大雪やらでまだまだバタバタしております。。

さて、娘のクラスですが、今週火曜日からついに学級閉鎖となってしまいました…。
金曜日まで学級閉鎖です。
う~ん…長い。。
娘は元気なので、どうやって時間を潰すか考えものです。

ちなみに、パートの仕事はたまたま今週はあまりシフトをいれていなかったことや他のパート仲間に助けられてお休みささせてもらい何とかなりました。

さて、学級閉鎖に関するお知らせのプリントによると「外出はさけ、家でプランをたてて学習や手伝いをしましょう。」とのことですが、学校から渡されている宿題プリントは国語1枚、算数1枚のみで…。
1日で終わってしまう量です。
お休みしているこも多いので、差がつかないようにという配慮なのでしょうか??

学級閉鎖って、お休みってことだったら冬休みと変わらないかなぁと思っているそこのアナタ!(笑)
わたしも昔はそう思っていました!
でも、学級閉鎖って基本的に外出はNG…その時点で冬休みとは違いますよね…。

わが家の場合、こども達はじっと遊んでいるタイプではなく外に出かけたいタイプです。でも、学級閉鎖中は暇つぶしに公園や図書館や児童館に行くわけにはいかない…。
公園か図書館か児童館がいつもの定番遊びコースなので、それができないという時点でかなりツライです。。
また、いくら暇だからといって、お友達に声をかけて遊ぶわけにもいきませんしね。

わたしと娘と息子(雪で園バスが動かず自由登園のため火曜水曜と休み)が2日間どう過ごしているか&木曜金曜をどう過ごして乗り切る予定かをまとめてみます!

【学級閉鎖、どうすごす?!】

①雪かき&雪遊び

火曜日、わたしの住んでいる関東地方では数年に一度の大雪で雪が積もりました。
わが家の辺りはかなりの量が積もり、20センチ近くあったと思います。
もちろん、通学路も雪だらけ。
翌日からのことも考え、通学路の安全のために登校班の有志のママたちで近くの通学路の雪かきをしました。
娘と息子も、雪かきのお手伝いをしたり雪だるまを作ったりして過ごしました。
(まぁ、一応は雪かきもお手伝いということで(笑))

②学校の宿題

学校から渡されているプリントと、毎日音読をしています。
プリントは、量が少ないので1日で終わりました。

③市販のドリル

「他のクラスのお友達はお勉強してるんだからね~!」といってちょっとだけドリルを。
でも、本人のやる気があまりなくて…。
そりゃあそうですよね…学級閉鎖の日に自発的にお勉強するようなそんな理想的なこどもっているのかしら。。

④読書

娘は本が好きなので、図書館でいつも10冊(借りられる上限)本を借りてきています。
図書館で借りている本を読んだり、家にある本を読んだりしています。

⑤映画をみる

わが家はAmazonプライム会員です。
Amazonプライムビデオで、こども向けの映画やアニメをみています。
学級閉鎖中はゆっくり時間があるので、時間の長い映画をみました。
『ペット』や『怪盗グルーの月泥棒』をみましたよ~!

⑥お手伝い

洗濯、掃除、料理などお手伝いができそうなものを一緒に。
正直、料理なんかはわたしひとりでしたほうが早いし楽なのですが…。

⑦きょうだいで謎の遊び

ふたりでぬいぐるみやらダンボールやらを持ち出して何やら遊んでいました。
危ないことしていなければ、わたしはノータッチなので詳細は不明(笑)
秘密基地なのかな??

⑧タブレットでこども向けアプリ

わが家のタブレット、こども向けのアプリをいくつか入れています。
遊びのものからお勉強系までいろいろです。
普段から使いたいときに時間を決めて使っていますが、学級閉鎖中も同じように「●時までね」と時間を決めて遊んでいます。

⑨アクアビーズ

アクアビーズというオモチャご存知でしょうか?ビーズをならべて絵柄をつくるオモチャです。
以前、娘がはまってよく作っていたのですが最近はあまりやってなくて。
でも、時間もあることだし久しぶりに作ってみました。
一度作り出すと、集中して作業するのでしばらく間がもちます!

⑩お裁縫(予定)

娘は、以前にフェルトで小物や小さなカバンを作ったことがあり、それが楽しかったようです。
「また作りたい」と言っていたのですが、針を使うので、やんちゃな息子が在宅中はなかなかできなくて…。
この機会に娘と一緒に何か作ってみたいと思います。

⑪お手紙をかく(予定)

遠方に住んでいるいとこにお手紙を書いて送りたいと言っています。
いとこのお誕生日が近いので、バースデーカード風に作ってみてもいいかなと思っています。
また、外出はさけるとはいえ、歩いて数分のところのポストくらいは行ってもいいかなと思っています。全く家からでないのは、ストレスですから…。書いた手紙をポストにいれに行くのがお散歩といったところですかね!

⑫クッキーなどのお菓子作り(予定)

もし、時間とわたしのやる気があればお菓子作りなんかもいいかなと思っています。
クッキーミックスを使ってしまえば、簡単にできますしね~!

※⑩~⑫は、明日あさってにしようかな~と思っていることです。ホントにするかはまだ未定です。

さて、いろいろありますが母の助けが必要なものもチラホラありますね~。

学級閉鎖、必要なことではありますが母からすると負担が大きい!
そもそも、母だけだったら簡単にすませるお昼ご飯を考える必要がある時点で面倒(笑)
今更ながら、給食のありがたみを感じます。

こども達が早くみんな元気になって、またいつものように学校生活が送れるようにと(こどものためにも自分のためにも)心から願います!

皆さまも、体調にはくれぐれもお気をつけくださいませ~!


このページのトップヘ