ふれまま日記

幼稚園児の息子と小学校低学年の娘の母です。
働く幼稚園ママ話や子育てのことや日々のこと。
病気がちだった幼児時代の記録なども。

カテゴリ: こども達のこと

最近、わが家の時計にちょっと細工をしました!

PhotoGrid_1542777512092

細工といっても、100均で買ったマスキングテープのシールに数字を書いて貼っただけです(笑)

今は、便利な時代ですよね~!
マスキングテープ素材で剥がしやすい&可愛い&カット済みのものが100均で手に入っちゃいます。

DSC_2274

わたしは、シールに油性ペンで直接数字を書いています。
もっとオシャレにしたい場合は、数字をスタンプやシールにするとより素敵かも!
大きさがランダムなタイプだったので0、15、30、45分のところに大きめのものを貼りました。

娘のときは、普通の丸いシール(学校とか幼稚園でよく見るタイプ。割りとキレイに剥がせる)に数字を書いて貼っていたのですが、マスキングテープのシールのほうが断然可愛いです!もちろんら剥がすのも簡単だし!

来年、小学生になる息子。
4月までにアナログ時計の読みができるようになってほしいなぁと思っていて。
今はすべての数字に対して貼っていますが、少し慣れてきたら、だんだん減らしていくつもりです。(娘のときもそうした)

ちなみに、この時計はニトリで買った1000円くらいのもの。
娘が幼稚園の頃に、アナログ時計の読み方を教えようと購入しました。

学校の時計のように、短針・長針・秒針があって、数字が読みやすい&目盛りが書いてあるタイプのものを選びました。
シンプルなのでこども達には分かりやすいみたいです。
新婚時代に購入したオシャレなタイプの時計(数字が書いてないデザイン)は、こども達には読むのが難しいようで、現在わが家ではこのシンプルなタイプが一番見やすい場所にかけてあります。

色々なところでこどもの学習用に工夫された時計も売っていますが、価格が高いし、一度覚えてしまえば結局はシンプルなもののほうが使いやすいのではないかなぁと個人的には思います。
(覚えるまではシールで対応!)

息子、今のところシールを貼ってあるところならなんとなく何分か分かる感じ。
こどもにアナログ時計の読み方を教えるのって、たぶん日々の繰り返ししかないんですよね…
まだまだ慣れるには時間がかかりそうですが、気長にやっていこうと思います!

つづきです。

幼稚園児や小学生のいる家庭でゲーム機を買うのか迷う理由の中には、「勉強しなくなるのでは?」「(外遊びしなくなったり、本を読まなくなったり)ゲームばかりにならないか?」などデメリット面を心配してということがあると思います。
わたしもそれを気にしていましたし、そうならないようにルールを作りました。

実際に、わが家のこども達の場合どういうデメリット(問題だなと感じたこと)があったか&メリット(良かったと感じたこと)についてまとめるとこんな感じ↓
※わが家のこども達の場合です
※思いつき次第また追記予定です。

【デメリット(問題だなと感じたこと)】

 ・息子の話す話題のメインがゲームの話
 (母はもっと幼稚園の話とか聞きたい)
・早くゲームをしたいからと宿題の漢字練習の字を雑に書いていることがある
・早くゲームをしたいからと宿題の計算を焦りすぎて間違ってしまうことがある
・テレビ画面でやるので、こども達がテレビを独占する
・お友達に「switchで~」と話することがあるが、相手のお友達が持っているとは限らないので、母としては気になる。
・疲れていてゆっくり身体を休めて欲しい日でもプレイしたがる
・テレビのように途中で消したり、ビデオのように一時停止できない。
・ギリギリケンカにはならないが、言い合いになるときがある
・だんだんテレビに近づいていく
・ゲーム中の姿勢の悪さ
・トイレを我慢していることがある
・新しいソフトを欲しがる

【メリット(良かったと感じたこと)】

・宿題にすぐに取りかかるようになった
・だらだらテレビを見る時間が減った
・部屋が汚れない
・小学生の姉と幼稚園児の弟の両方が一緒に楽しめる
・親や大人も楽しんで一緒に遊べる
・お父さんとの会話が増えた
・お父さんと家の中でも遊べる
・外遊びや本を読む機会は案外あまり変化なかった
・夕方の忙しい1時間にふたりが仲良くゲームしてくれるとわたしは集中して家事ができるのではかどる
・コンパクト
・雨の日(外に遊びにいけない日)に遊べる
・長く使える

こんな感じです~!
家庭ごとに感じ方は違うと思うので、わが家の場合の話ですが…

総合的には、わたし個人的にはswitchを買って良かったかなと思っています。
小学生のお姉ちゃんと幼稚園児の息子、年齢も性別も違うふたり両方が楽しく一緒に遊べるというのがやはり魅力!
ルールを見直ししながら、楽しく上手くゲームと付き合っていきたいと思います。
ちなみに…母はマリオカートがめちゃくちゃ下手で。。こども達から指導をうけています(笑)

任天堂switchとわが家のこども達の関係は今のところこんな感じですが、また気がついたことや感じたことがあればその都度書いていこうと思います。

switchの話はひとまずおしまいにします。
長々とありがとうございました~!


つづきです。

任天堂switchを購入するにあたって、わが家ではいくつかのルールを決めました。

【わが家のswitchのルール】

・ゲームは1日1時間まで
・宿題やお片付けが終わってから
・勝ち負けやその他でケンカしない
・負けてもいじけない
(勝ったり負けたりするのがゲーム!)
・準備や片付けを自分たちでする
・外には(親が必要と判断したとき以外)持ち出さない

こんな感じです。

今のところ、だいたいルールを守って遊ぶことができています!
ゲームの区切りが悪くて15分くらいのオーバーや、兄弟でちょっと言い争ったりするのには目をつぶっています。(ケンカになるのはダメ!)

こども達には1時間という時間はちょっと物足りないなと感じることもあるみたいですが、30分マリオカート&30分マリオパーティというようにふたりで考えて遊んでるみたいです。
(わたしはルールから外れること以外は基本的に口をださないようにしています)

任天堂の「みまもりswitch」というアプリを親のスマホにいれると、1日に遊ぶ時間を設定したり(時間になるとプレイ中にアラームが鳴ります)、実際にプレイした時間をみることができるので、わたしはそれを利用しています。

ルールって、最初が肝心だと思います。
一番最初に決めてちゃんと約束してから使うようにするのがいいんじゃないかな…

ちなみに、わが家の場合、たまたまおばあちゃんが遊びに来たタイミングだったので大好きなおばあちゃんの前で「ルールを守って遊ぶ」と約束しました。
親以外の第三者の前で誓いをたて証人になってもらったことで、よりルールを守って遊ぶという意識が強くなってるかもしれないですね。

つづきます
(次は、switchを購入したメリット&デメリット)


つづきです

お父さんとの交渉の結果、日々の生活態度が大事だと知ったこども達、いつもより真面目にいろんなことに取り組んでました(いつもやってほしい…苦笑)
まぁ、途中でだらけたりは相変わらずなんですが…ケンカはちょっと減ったかな?同じ目標に向かってるから協力!?

その様子から、夫婦で何度か話をして近日中にswitchを購入しようかということになりました。
まぁ、正直、主人もswitch欲しかったんだと思います(←多分、いや、絶対そう!)
主人がかなりの部分自分のお小遣い(というか貯金というか)から出してくれるというので、わたしも納得したのでした~。

【いざ、購入!買ったソフトは?!】

さて、ゲームなら当たり前ですが、switchって本体だけ購入しても遊べません。
ソフトを購入しなくてはプレイできないのですが、何を購入するかが問題です。

わが家は、小学生の娘と幼稚園児の息子という姉弟。まず、その年齢でプレイできるものを選ぶ必要があります。
年齢が近いのでレベルは同じで大丈夫ですが、性別の違いからかやっぱり好みの違いはあります。

それをクリアするだろう&みんなが楽しく遊べるだろうということでわが家が選んだのは、マリオカートとマリオパーティ!

好みはあるかと思いますが、この2つは幼稚園児でも楽しめると思います。
一人淡々とやる感じではなく、みんなでワイワイやる感じなので兄弟で遊んでくれるのも助かっています。

マリオカートなんかはレースなので着順によってケンカになりそうになったりもしますが、そこは【わが家のswitchのルール】ゲームのことでケンカしない!という約束があるので大喧嘩にはならずにすんでいます。

すみません…時間あるときに細々と書いてるので細切れになってしまいますが…つづきます(次はわが家のswitchのルールについて書くつもりです!)

このページのトップヘ