ふれまま日記

幼稚園児の息子と小学校低学年の娘の母です。
子育てのことや日々のことを綴ります。
病気がちだった幼児時代の記録なども。

カテゴリ: 偏食息子のごはんレシピ

息子も娘もハンバーグが大好き!
夕食にハンバーグを作ること多いです!
次の日のお弁当のおかずにもなりますしね

わたしのハンバーグの作り方…実はかなり邪道です…
今まで、「そんな作り方してるの?!」って言われるのが嫌で誰にも言ったことないです(笑)
よく言えば時短、悪く言えば雑です。

そして、《偏食息子のごはんレシピ》に欠かせない野菜をどう食べさせるかという点ですが…
ご想像通りハンバーグのタネに野菜を混ぜこみます!
でも、みじん切りじゃないんです。
フードプロセッサーを使って、ほぼペースト状にした野菜をタネに入れます
野菜の水分があるのでしっとり柔らかいハンバーグになりますよ。
野菜も、玉ねぎだけでなくブロッコリーやスプラウトなども混ぜてしまいます
正直、ブロッコリーの味なんて全くしません!歯ごたえもなし(笑)
よ~く見ると小さな小さな緑色が見えるけれど、それくらいでブロッコリーの存在感はほぼ0ですよ。

DSC_0818

ちなみに、この付け合わせで添えているたまごサラダは、
偏食息子のごはんレシピ【たまごサラダ】のレシピで作ったものです!
キャベツは…息子は食べてくれません…。
でも、やっぱり彩り的にも栄養的にも欲しくなりますよね。(この写真は私の分)
息子のお皿には、ほんのちょっと載せるだけ載せていますが、いつも結局わたしが食べています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

偏食息子のごはんレシピ【ハンバーグ】

【材料】約6個分
牛豚ひき肉            300g
玉ねぎ     小~中2個
ブロッコリー  小さめ1房の半分
ブロッコリースプラウト 1カップ
パン粉  大さじ5 
牛乳      大さじ1
塩胡椒(あればスパイス) 適量
☆ウスターソース 大2
☆ケチャップ   大3
☆しょうゆ    大1
☆砂糖      大1
☆料理酒     大2

☆はソースの材料

使う道具:フードプロセッサー(わたしはブラウンのものを愛用しています)

こういう道具です!
わが家では、離乳食のときから愛用中。
クリックでAmazonのサイトにとびます)


①玉ねぎとブロッコリー、ブロッコリースプラウトを切る。
②玉ねぎとブロッコリー、ブロッコリースプラウトをフードプロセッサーでみじん切りよりさらに小さくほぼペースト状にする。
※下のほうに写真あります。
③ボウルにパン粉を入れて牛乳でひたす。
④③の中にひき肉をいれてこねる。
⑤④の中に②の野菜ペーストをいれる。
⑥混ぜあわせてよくこねて塩胡椒スパイスをいれる。
⑦好きな大きさにわけて丸めてハンバーグの形にする。
⑧熱したフライパンに薄く油をひき、中火で片面を3分焼き焼き目をつけてひっくり返す。
※やわらかいので注意。
⑨蓋をして弱火にし、7分焼く。
※中まで火を通します。
⑩出てきた水分や油をキッチンペーパーで拭き取る。
⑪中火にして2分焼く。

ここからは、ソースの作り方

☆の調味料をキレイにしたフライパンにいれて煮立てる。少し煮詰まったら味見をしましょう。
焦げやすいので注意!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

玉ねぎをみじん切りにしたり炒める手間を省略しちゃっています。
また、野菜は炒めてから混ぜるのがメジャーな作り方ですが、生のまま!
ペースト状にしているからか案外大丈夫です。
でも、かなりやわらかいので焼くときに崩れないよう注意が必要なのと、水分がでるので必ず⑩でキッチンペーパーで水分と油をふきとりましょう。

↓さて、入っている野菜たちはこんな感じ。
さて、こうして写真でみると、ハンバーグの材料といっても、ブロッコリーとスプラウトは付け合わせでは??という感じですが…(笑)
付け合わせにすると食べてくれないので、混ぜちゃいま~す

DSC_0816

↓玉ねぎとブロッコリーとスプラウトをペースト状にしたらこんな感じです。

1月7日に七草粥を食べると一年間無病息災でいられるとされています。
お正月のごちそうで疲れた胃腸を休ませるためなどといわれていますよね。

DSC_0802

七草粥、偏食息子にとっては嫌いな緑の野菜(むしろ草!)が入っているのと、白粥が好きではないので食べない可能性が高い料理のひとつです。
去年は、無理やりほんの少し食べさせた感じでほとんど食べませんでした。
でも、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロが入ってこその七草粥!
緑の野菜(草)を避けたら七草粥は作れませんよね。

DSC_0804

実は、主人も正直あまり白粥が好きではありません。風邪など体調不良の時も、白粥ではなくおじやのように味のついているものがいいと言われます。

そこで、今年は息子がちょっとでも食べてくれるように&主人もおいしく食べられるようにちょっとアレンジして中華粥風に味をつけてお粥を炊いてみました。

わが家の今年のレシピです!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【七草粥】

七草セット 1パック
お米 1.5合
シャンタンDX 大さじ2
ごま油 少々(お好みで)

①お米をとぐ。
②スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)の白い部分をいちょう切りにする。
③炊飯器にお米を入れて《お粥》のメモリに従って分量の水を入れる。
④③に②のスズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)と、シャンタンDXを加えて《お粥》モードで炊飯する。
⑤スズナ、スズシロの葉っぱと残った七草をひとつまみの塩(分量外)をいれた沸かしたお湯で1分くらい茹でる。
⑥ゆで上がった⑤の水気を絞り、細かく刻んでおく。
⑦炊き上がったらお粥を混ぜて味見して、味の調整をする。(シャンタンDXをたす、塩を入れるなど)
⑧お粥を器によそい、⑥の七草をのせる。お好みでごま油をたらす。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

炊飯器で炊くレシピです。
娘も息子も主人も、白粥より好きだったようです。シャンタンDX(わが家が愛用している中華だし)に塩分と旨味が入っているので他には味付けしていません。
薄味にしているので、お好みでシャンタンDXを足したり塩を入れて調整してくださいね。
大人は、ごま油を少したらすとより中華風になります。

DSC_0808

お粥に味がついている&緑の七草を後からのせるようにして息子の分はほんの少しにしたのが良かったようで、今年は息子ちゃんと食べてくれました~!
これが食べられたってことは、偏食も少しずつましになってきているのかな??

七草粥を食べたし、今年は家族みんな元気に過ごせますように!



あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします!

さて、お正月といえばおせち料理&お雑煮ですよね!
今年は、おせちは購入してお煮しめとお雑煮だけつくりました

以前にも書きましたが、わが家の息子は偏食です。
→詳しくはこちら◼️

お煮しめは、鶏肉しか食べないだろうなぁとか、お雑煮は鶏肉&お餅くらいしか食べないだろうなぁと予想済み
そして、その予想通り鶏肉とお餅くらいしか食べませんでした

さて、本題のおせちですが…おせち料理のお重って色々なものがはいっていますよね?!
今回、和洋中の色々なものが入っているおせちにしていたのですが、偏食息子が何を食べて何を気に入っていたのか(誰も興味ないかもしれませんが…)記録しておきたいと思います

DSC_0746

【息子が食べたもの】

・黒豆→◎
・栗きんとん→◎
・いくら→◎
・スモークサーモン→◎
・肉団子→◎
・胡麻団子→◎
・さつまいもの甘露煮→◎
・鰆西京焼き→○
・サーモン香草焼き→○

【息子が食べなかったもの】

・かまぼこ→×
・伊達巻き→×
・昆布巻き→×
・海老→×
・田作り→×
・数の子→×
・ローストビーフ→×
・カニ→×
・杏仁豆腐→×
・金柑→×

希望的なメニューだけピックアップしてみましたが、こんな感じです
食べたのは希望的に甘いものと肉・魚だけでした

杏仁豆腐は好きかなと思っていたのですが、あの独特の風味が苦手だったみたいで一口で「いらない~!」となってしまいました

息子は、あまり食べなくてもみんなでおせちを囲んでおせちの中の料理の話(「喜ぶ」で「昆布」など)をしたりして雰囲気は味わったかな??

ちなみに、娘は息子が×だったものもほとんど食べていました
娘は、去年教えたおせち料理の話を割りとちゃんと覚えていて。息子に説明してくれていました

偏食息子、おせちで食べるものは限られていますが、みんなで楽しくおせちを食べてお正月を迎えられたので、お正月くらいは偏食にも目をつぶってヨシとしましょう

去年、少しずつ食べられるものが増えて幼稚園の給食をはじめて完食できた息子。
今年はまた食べられるものが増えて偏食も少しずつなくなっていったらいいなと思っています。

わたしも、《偏食息子のごはんレシピ》ぼちぼちですが追加していきたいと思っています!

今年もどうぞ偏食息子&野菜を食べさせようとがんばる母をあたたかく見守っていただけたらと思います

偏食息子がはじめて食べたから、今日はたまごサラダ記念日
俵万智さんの『サラダ記念日』の有名な短歌をもじってみました

偏食息子、ゆでたまごやじゃがいも、マヨネーズ全てあまり好きではありませんなので、もちろん、たまごサラダはいままで手をつけない料理の一つでした。
実は…わたしもゆでたまごは好きではないです…。でも、たまごサラダのように潰してマヨネーズなどとあえていればOKむしろ、好きなくらいです(笑)ちなみに、娘はゆでたまごもたまごサラダも大好きこれまでは、息子は食べなくても娘のために作っていました。

わが家のたまごサラダはとってもシンプル。ゆで卵とじゃがいもだけで作ります。家庭ごとに味が違うとは思いますが、レシピはこちら

[画像:128be693-s.jpg]

偏食息子のごはんレシピ【たまごサラダ】

【材料】2~3人分
じゃがいも 中2個
たまご   1個  
※砂糖    小さじ1
※マヨネーズ 大さじ3
※塩             少々

①たまごを固ゆでのゆで卵にする。
②じゃがいもの皮をむき、一口大に切ってゆでる。
③ゆで卵の殻をむいてみじん切りにする。
④ゆであがったじゃがいもをザルにあげて、すぐにボウルにうつしてつぶす。
⑤じゃがいもが熱いうちに※の調味料をいれて混ぜる。
⑥⑤に③のみじん切りゆで卵を加えて混ぜる。
⑦味見をして完成!

シンプルなレシピですゆでて→潰して&刻んで→混ぜるだけ
シンプルなので、おいしいじゃがいもを使うとおいしくできると思います。
今回、息子がはじめて食べられたたまごサラダには、《インカのめざめ》というじゃがいもを使いました。黄色味がかっていて甘みのあるじゃがいもです普段はちょっとお高めなので買わないのですが、スーパーの値引きコーナーにあったので買ってみたら、おいしい!フライドポテトにしてもおいしかったし、バタじゃがもおいしかったです!なので、息子が初めてたまごサラダを食べられたのは、このじゃがいものおいしさもあってのことかと思っています
毎回、高いじゃがいもを買うわけにはいかないですが、偏食を克服するきっかけとしておいしいものを食べるということってきっと大切なんだと思います。これからも見切り品値引きコーナーには目を光らせておきたいと思います(笑)

↓材料は、たまごとじゃがいもだけ!
[画像:dc1cd41b-s.jpg]

↓使ったじゃがいもはこちら
[画像:c7389791-s.jpg]



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング




このページのトップヘ