ふれまま日記

幼稚園児の息子と小学校低学年の娘の母です。
子育てのことや日々のことを綴ります。
病気がちだった幼児時代の記録なども。

カテゴリ: ブログ

突然ですが、みなさん、右利きでしょうか、左利きでしょうか??

わたし、実は左利きなんです。
といっても、小さい頃にある程度右手を使うように矯正されたため、厳密にいうと一部は左利き(左でしかできない)で一部右利き(右でしかできない)というややこしいことになってしまっています。
たまに「両利きでしょ?」と言われるのですが、わたしの場合、一つ一つのことに対してどちらか利き手がきまってしまっているので左右どちらでもできるということではないのです…。

わたしが今現在右手ですることと左手ですることを分けてみる


【左手ですること】

・箸
・包丁
・お裁縫(針を持つ手が左手)
・彫刻刀
・消しゴム(右手で書いて左手で消します)
・化粧(ファンデを塗ったりするのが左手)
・歯磨き
・耳かき
・スマホの操作
・エレベーターなどのボタンを押す
・掃除機
・卓球・バドミントンなどのラケットを持つ
・頬杖をつく
・シャワーを持つ
・ハサミ(※)

【右手ですること】

・字を書く
・絵を描く
・ハサミ(※)
・ボールを投げる
・野球は右打ち
・マウス操作
・子供と手をつなぐ(どちらでもつなぐけれどつなぎやすいのは右手)

※ハサミは場合による。細かい作業などは右手だが、タグを切るだけなら左手で切ることもある。使ってるのは右利き用。

こうやって見ると、左手のほうがやれることが多いですね。
でも、日常生活の中で《字を書く》という機会が多いため、左右の手の使用頻度はそんなに変わらないのではないかなと思います。
また、学生なら字を書く機会が多い、主婦なら包丁を持つ機会が多いなどその時々の環境によってどちらの手を使う頻度が多いか変わってくると思います。

いつどうして左利きを右利きに矯正?


わたしは、幼稚園時代くらいまでお絵かきをするのもひらがなの練習をするのも左手でした。
わたしがお絵かきをしている写真などが残っているのですが、確かに左手でクレヨンを持っています。

それが、小学校入学の頃には字だけは右手で書くようになっていました。
両親がわたしを硬筆教室にいれて右手で字を書くように矯正したんですよね。
年中の頃から週に1~2回硬筆教室に通って、字を書くことだけは右手でできるようになったそうです。

両親や祖父母から聞いた話では、当時はまだ左利きは右利きに矯正するもの(できるもの)という風に考えられていた時代で、それがわたしのためになる(右利きに矯正したほうが苦労しないだろうという考え)だったようです。
《左利きの女の子はお嫁にいけない》ということを言われていた時代もあるということも知っています。親戚などの中には実際にそういったことを言う人もいたのではないかなと思います。

ただ、字は硬筆教室に通うことで右手に矯正ができたのですが、お箸を持つ手だけは治りませんでした。両親や同居していた祖母は治そうとかなり頑張ったようですが、わたしが「右手で持たないといけないくらいならご飯を食べない!」と言い張ったそうです。
お箸については、ご飯を食べて健康に過ごしてくれるのなら仕方ないか…ということで矯正をあきらめたみたいです。

左利きを右利きに矯正したメリット

左利きだったわたしは両親の意向によって字を書くことだけは右手に矯正しました。
半ば無理やり利き手を強要されるということですので、おそらく当時それなりにストレスもあったことでしょう。
でも、《字》って右利きの人が書きやすい形に作られているんですよね。右手で書いたほうが綺麗に書けると思います。

小学校ではどうしても習字の授業がありますし、その時に面倒な先生に当たったら左利きをいろいろ言われてしまう可能性だってあります。また、学校のノートやプリントもほとんどが横書きですので右手で書いたほうが板書もしやすいと思います。学校生活を送る中では右で字を書くほうが便利な場合が多いです。

わたし個人としては、字を書くということに関しては右手でできることにメリットを感じることのほうが多いという印象です。(もちろん、左手で綺麗な字をかく方もいらっしゃいますし矯正をオススメするわけじゃありません。)
あと…わたしは消しゴムは左手を使います。なので、右手に鉛筆、左手に消しゴムということができちゃうのです。いちいち鉛筆から消しゴムに持ち帰ることなく書いたり消したりができます(笑)

左利きを右利きに矯正したデメリット

わたしは、左右の認識が普通の人より苦手です。左右盲というらしいです。
自動車教習所に通っていた時に、教官に「次、右に」とか言われても一瞬迷っちゃうんですよね…。事故につながるほどじゃないですし、分からないってわけじゃないんですが…自分が左右の認識が苦手だということは常に心のどこかに置いています。

でもだからといって、地図がよめないとかカーナビでの運転が苦手とかそういうことはなくて。本当に《左右》だけ苦手なんです。
「鉛筆を持つほうの手が右」とか「お箸を持つほうが右で、お茶碗が左よ」いった表現でこどもに左右を教えることが多いですよね。
わたしは、左右という認識を覚えるちょうどその頃に利き手の矯正をしています。

左利きを右利きに矯正したのがその理由のすべてというわけではないとは思いますが…理由の一つではないかなと思っています。

左利きは遺伝する?わが家の場合

わたしは左利き、主人は右利きです。そして、娘も息子も完全な右利きです。
専門家ではないのでわが家の場合のことしかわからないのですが、親が左利きだからって左利きのこどもが産まれるわけじゃないんですよね。
逆に、両親が右利きで左利きのこどもが産まれることがありますよね。私の両親は右利きでわたしは左利きなのでそのパターンです。

わたしの家系には数人左利き(矯正している人も含む)がいるのですが、主人の家系には左利きは全くいないそうです。わたしの家系には数名いるので、もしかすると左利きが産まれやすい家系や環境というものはあるのかも?色々な説があるみたいです。

いつか遺伝子やゲノム研究が進んで、だれか賢い学者さんとかが解明してくれる日がくるかもしれませんね。

左利きの母と右利きのこども 子育てで困ること

さて、左利きの母と右利きのこども達。
子育てしていく中で、困ったり戸惑ったりすることが出てきてしまいます。

特に教えるのが難しいと感じたのは、お箸の使い方・包丁の使い方・裁縫です。

お箸の使い方は、練習箸と主人に頑張って教えてもらうことで何とか解決。
包丁の使い方は、娘が包丁を握っているのに手を添えるのですが、右手で手を添えるのですごく怖い。でも、ちゃんとフォローしないと娘がケガしたら危ないので…。娘がひとりで危なくなく包丁を使えるようになるまでは根性でがんばります!
裁縫は、左手で針を持って左から右に縫うわたしと、右手で針を持って右から左に縫う娘。途中でよくわからなくなって投げ出したくなりました…。でも、包丁よりは怖さはないし、わたしも右手で少しなら縫えるのでまだ低学年の娘を手作うくらいなら何とか。でも、複雑なものとか細かい作業とかは多分むりかなぁ。

今後もこども達が成長していくにつれてきっと何かとでてきそうな感じです。

あとは、やはりわたしは左利きですので、モノの配置など自分のやり易いようにすると右利きの家族には使いづらいみたいです。
よく言われるのが、冷蔵庫に麦茶ポットを入れるときの取っ手の向き。。普段はみんなが取りやすいように気をつけているんですが、無意識だと左利き仕様になっちゃいます。

もし自分のこどもが左利きだったら?

さて、わが家の娘も息子も右利きですが、もし自分のこどもが左利きだったとしてらどうするかなと考えてみました。

わたしのこども時代は左利き用のハサミなど左利き用グッズはどこにでも売ってるわけではなく、値段も高いものでした。でも、今は左利き用グッズもたくさんあるし、値段もさほど差がないように思います。
現代社会では一般的には、無理に矯正しなくてもいいという流れなのかなと思います。こども達のお友達にも左利きのお友達が何人かいます。

もしわたしが右利きだったり、矯正していない完全な左利きだったりしたら、矯正しなくてもいいかなと迷わず思うと思います。
でも、わたしは中途半端に矯正して右利きに矯正したメリットもわかっています。わたしの両親が「字を書くのだけでも右で!」と言っていたその意味を自分の経験から体感しています。
ただ、それと同時に利き手を強制的に矯正されるというストレスも分かります。利き手は矯正はできても変えられない。右利きに変えられるわけじゃないんです。

自分がそうだったからこそ、自分のこども達をどうするかすごく迷う。
こどもの性格や器用不器用なども関係してくると思います。また、周りの意見もきっといろいろあるでしょう。

わたしは、こどものストレスを考慮して矯正しないといいう結論になる可能性が高いのかなと思うのですが、もしそうする場合は矯正しないなりのストレスがきっとでてくるでしょう。
左利きがマイノリティである以上仕方ありません。

親は、こどもが生活で困らないようにサポートしていくしかありません。
まずは、左利き用のグッズを買ってあげたり、みんなが使いやすいデザインのもの(急須やレードルなどはものによっては左利きには使えないデザインです。)を選んで利用するなど、モノ(=ハード面)を。
また、《世の中は右利きが多いけど、左利きだ》という事実を伝えてココロ(=ソフト面)をフォローしていけたらいいなと思います。

DSC_0730
↑これは右利きの息子の作品(右手ですね!)

左利きを矯正したわたしが母として思うこと

わたし自身は字を書くことについては矯正していますが、わたしの母もきっといろいろ悩んだり戸惑ったりしたんだろうなと母という立場になり改めて思います。

こどものためを思っていろいろ悩んだり考えたりした結果は、正解不正解という結果であらわせられることじゃないんだと思います。
矯正するかしないかもきっと正解はない。
こどもの名付けのときだってそうですよね。悩んで迷って正解なんてないけれどひとつの名前をつける。つけた名前に正解なんてないですもんね。

さいごに

わたしは、今《左利きなのに字は右利き》という自分が嫌いじゃないです。
いろんなひとがいて、みんなそれぞれ違うということ、大人になって本当に思います。

長くなってしまいましたが…もし、お子さんが左利きで悩んでいるお母さんがいたら、こんな人もいるんだなと思ってもらえたらいいなと思っています。

わたし、左利きでもお嫁にいけたし、母やってますよ~!


先日、お友達とランチをする機会がありました。
わたしは息子と(娘は学校だったので)、お友達は息子と同い年の男の子&もうすぐ2歳の弟と一緒に。
もうすぐ2歳の弟くんがイヤイヤ期に差し掛かったようで…
ランチをしながら友人は「大変なの…」と
イヤイヤ期はいつかはましになるとわかってはいても、毎日の疲れやイライラの積み重ねで余裕がなくなってきちゃいますよね…

わたしなんて、小学生と幼稚園児相手でもイライラしてつい声を荒げてしまいますし

イヤイヤ期あるあるの話で盛り上がったり、ストレス解消方法を教えあったりしてその日はいっぱいおしゃべりしました
そのおしゃべり自体がストレス発散になりますよね~

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

思えば、娘のイヤイヤ期は息子を妊娠出産した時期でとにかくわたしは必死に毎日を過ごしていて
娘は癇癪をおこすことも多く、わたしはいっぱいいっぱいでした
今振り返ればあっという間に過ぎ去った期間だったけれど、当時はいつ楽になるのか、いつになったらましになるのかと先が見えず…。
その出口の見えない状況にますます不安やイライラが募っていったように思います。

わたしの場合、家に引きこもるとストレスがたまってしまうので、毎日どこかしらに外出していました。支援センター、公園、図書館、スーパー、ホームセンター、本屋さん、パン屋さんetc.
また、一時保育にも登録してたまに利用していました。

息子が一歳になるくらいまで地方都市に住んでいて、基本的に車移動でどこにいってもだいたい無料&広めの駐車場がありました。わたしの運転スキルでも行ける場所もたくさんありました
車で出かけてしまえば、帰りに眠ってしまっても自宅の駐車場から抱っこで運べばいいので何とかなる!むしろ、お出かけで疲れて車でお昼寝してもらったほうが、夕方機嫌が悪くなってグズグズになる事態を避けられるのでわたしには好都合でした

午前中からおにぎりやパンなどお昼ご飯と水筒を持って出かけて、お昼ご飯も外ですませることも多かったです
お出かけ先からお昼の時間に家に帰ってちゃんとしたお昼ご飯を用意する余裕はなくて…。外だと気分が変わるのか小食だった娘もそこそこ食べてくれることもあって、支援センターのランチルーム開放や図書館の横の休憩コーナー(飲食可能なゾーン)で食べていました。
栄養バランスは朝晩ご飯で考えればいいと割りきって簡単なお昼ごはんにしていました。

あの頃のわたしは必死で、一生懸命で。
イヤイヤ期の娘によく真っ向からぶつかっていたものだなと思います。
きっと娘も傷ついたことがあったかもしれないですし、わたしも疲労困憊でした。
成長の過程とおおらかにとらえて見守るという余裕があればもう少し楽に過ごせたのかなとも思います。
現に、息子のイヤイヤ期のときは娘のときよりもわたし自身《待つ》《見守る》ことができたと思います。二人目ということがやはり心の余裕につながったということなのかもしれませんね。

イヤイヤ期で悩んでいる友人にわたしは偉そうに言えることなどひとつもなくて…。
ただ、今振り返って思うことは、当時のわたしは、わたしなりに一生懸命に娘と向き合っていたつもりだったけれど余裕がなさすぎたんだと思います。
イヤイヤ期の対応の仕方としては全く参考にならないわたしと娘のイヤイヤ期の思い出ですが、もしわたしの話から「そっか。真っ向から向き合いすぎてお互い疲れるよりも、ちょっとでいいから《待つ》余裕を持とう。」と反面教師的に思ってくれたらいいかなと思います

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

《待つ》余裕なんて言っていますが、小学生になった今でも第一子である娘のことは心配で心配で…ついつい色々と先回りしたくなったり口出ししたくなったりしてしまいます。
これはもうわたしの性格ゆえに仕方がないのかもしれません。。。
でも、《待つ》余裕をもてるように、娘の成長を《見守る》ことができるようにわたし自身これから先もできるだけ気を付けていきたいと思っています。
母も成長が必要ですね!!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング











先日、子宮頸がんと子宮体がんの検診をうけた結果を聞いてきました。

よければこちらもどうぞ↓

不正出血と子宮がん検診《30代半ばで子宮体がん検査をした話》

子宮がん検診の結果を待つ不安と、ドラマ『コウノドリ』感想

正直、かなりドキドキしながら結果を聞きにいきました
単刀直入にいうと、子宮頸がんも子宮体がんも大丈夫でしたホントに不安だったのでホッとしました。

子宮筋腫や内膜症も今のところ大丈夫とのことやはり、ホルモンバランスが一時的に崩れている可能性が高いとのことでした。

前回の受診のときに処方されたホルモンバランスを整えるという漢方薬《当帰芍薬參料(トウキシャクヤクサンリョウ)》を2週間程度飲んだ効果は、わたしにはあまり感じられず…
医師からは、継続して漢方薬を飲みながらしばらく様子をみるか、ピルで一旦子宮内膜をリセットしてみるかということを再度提案されました。
「すぐに妊娠を希望しているなら、もっと色々調べたりしましょう!」とのことでしたが、今のところ第三子は考えていないので、とりあえずは漢方薬でもう少し様子をみることにしました

ピルに対して副作用などちょっと不安があったのと、漢方薬はもうしばらく飲まないとそんなに急に効果はでないのかなぁと思ったからです。
しばらくは定期的に漢方薬をもらいがてら通院して様子をみます!

30代半ばのわたし、最近少しずつ体質が変わってきているように感じます。白髪が急に増えたり、かかとがすぐにひび割れたり20代の頃とは違ってきました
ホルモンバランスの乱れも、そんな変化のひとつかもしれませんね…。
また、実は数年前に乳ガン検診で腺腫らしきものが見つかって経過観察中ですこちらは良性のものでとくに問題ないようですが、わたしの母方の祖母が乳ガンだったこともあり心配なので、ちゃんと定期的に病院にいっています!(腺腫のことは、またいつかブログにも書けたらと思っています。)

仕事に遊びに忙しかった20代、子育て最優先で自分のことを後回しにしてきたここ数年。そろそろ自分のことも大切にしていかなきゃですね
子育ても家事も仕事も何もかも完璧にやるのは、きっとわたしには肉体的にも精神的にも無理なので…
色んなことをペース配分しながらマイペースに対応できる器用さを身につけられたらいいなぁと思っています。

実は、今年主人がはじめて人間ドックをうけたんです。幸い、大きな病気は見つかりませんでしたが、心配な数値はいくつかあり…人間ドックをうけて良かったです。
わたしは、毎年自治体が補助をだしてくれている健診をうけています。でも、やはり基本的なものしかやらないのでそろそろ一度人間ドックをうけてみるのもいいのかなと思ったり!でも、人間ドックはお値段が高いので、まだちょっと迷っています
自治体の健診をうけた上で、何か心配なことがあれば人間ドックいってみようかな??

とにかく、健康第一元気に毎日を過ごしたいです!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

先日、不正出血のため産婦人科を受診して、子宮頸がん&子宮体がん検診と漢方薬を処方されました。
(→そのときのこと)

2週間程度で結果がでるとのことでしたが、予約の関係で結果を聞きにいくのはまだ先の12月初旬です。
正直、ちょっと不安です…
《もしも》が頭をよぎってしまったり…。

実は…わたしは今回の不正出血以外に月経過多でも昔通院していたことがあります。貧血になってしまって鉄剤を飲んでいたこともあります。
最近は、子育てに忙しくつい市販の鎮痛剤やサプリメントに頼って通院はしていなかったのですが、結果を聞きにいったときに念のため相談してみようと思っています。
先日の診察のときは特に何も言われていませんが、もしかすると何かしら原因があるのかもしれないですしね。。

ドラマ『コウノドリ』で助産師の小松さんが子宮を全摘することになった理由が《子宮腺筋症》《チョコレート膿疱》でした。
月経過多になる原因のひとつです。
《子宮内膜症》《子宮筋腫》でも月経過多の症状があります。

わたしは今まで診断されたことはないですが、姉が《子宮筋腫》で手術をしていたり、友人が《子宮内膜症》だったり。
頭の片隅で「もしかすると自分も?!」と思ってしまいます…。

ドラマ『コウノドリ』では、小松さんに寄り添う仲間の優しさと小松さんの芯の強さが印象的でした。
ソーシャルワーカーの向井さんが軽々しくはげましたりしないのがとってもリアルに感じました。
わたしも、向井さんと同じく《お母さん》だから…きっと、軽々しくはげましたりはできない。悲しみや苦しさは計り知れないってわかるし、わたしは《お母さん》だから今さらもうこどものいない人生を想像してもきっとあくまで想像で、きっと小松さんの気持ちを理解はできないのだろうと思うから。
寄り添うことって本当に難しい。押し付けは優しさではないし、相手をより傷つけてしまうことだってあるかもしれない。
『コウノドリ』の仲間たちのように、わたしも人に寄り添えるひとでありたいなと思いました。


にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村

人気ブログランキング

このページのトップヘ