ふれまま日記

幼稚園児の息子と小学校低学年の娘の母です。
働く幼稚園ママ話や子育てのことや日々のこと。
病気がちだった幼児時代の記録なども。

カテゴリ: 娘のこと

小学校って本当にいろんなこがいます。

お勉強が得意or苦手、スポーツが得意or苦手、絵が得意or苦手、音楽が得意or苦手など得意なことや苦手なことは人それぞれ。
さらに、活発、穏やか、おとなしい、人見知りなどなど性格も様々。

社会だってそう。いろんな人がいる。
大人だって、人それぞれ得意なことや苦手なことあるし、周りの人全員と心の底から仲良しだなんてことはないですしね。

実は、娘のクラスがちょっと落ち着かないクラスで…いろんなこがいて、いろんなことがあります。
娘は小学生なりに、色々と感じたり考えたりしているみたいで…
親としてどう声をかけていくか、考えさせられる日々です。
(そんなこんなでブログも休みがち…)

先日、娘に「いろんな人がいて、人それぞれ得意なこと、苦手なことがあるよね。そもそも、みんな違う人間なんだよ。」と話をしました。

いろんな人がいるのをちゃんと分かってる人はきっと他人の苦手なことバカにしないんじゃないかな。
ただ、得意なこと苦手なことが人それぞれ違うだけなんだから。

しかしながら、揚げ足をとって喜ぶ人がいるのもやはり現実。
みんなが、お友達の得意なことを素直に「すごいね~!」って言える人だったらいいのにね。

わたしは娘に、クラスの全員と(係や班、クラス活動や授業などとは別に休み時間や放課後まで必要以上に)仲良しでいなくても大丈夫だよと伝えています

わたしの意見としては、【仲良しのお友達】と【クラスメイト】を使い分けたっていいと思うんです。
もちろん仲間外れはダメだと思いますが、みんな違う人間だから性格だって違うので、気が合う仲良しのお友達とあんまり気が合わないお友達がいたっておかしいことじゃないんじゃないかなと。

いろんな人がいて、人それぞれ得意なことや苦手なことがある。みんな違う人間なんだ。」という、ただそれを認めれば、みんながちょっと他人に優しくなれるかもしれないし、人間関係において気が楽になるかもしれないなぁと思ったり。

小学校、本当に色々あります…
子育てって心配も悩みもつきないものなのですね…



人気ブログランキング











周りのお友達の影響もあり、サンタクロースの存在を疑い始めた娘。
今年までは信じていてほしい私と、そろそろぼちぼちもういいんじゃない?という主人で意見が分かれていました。

その後はというと…

クリスマスプレゼントのオモチャカタログをみたりオモチャのCMをみていたら、娘はいつものように「クリスマスプレゼントは○○がいいな~!」とプレゼント選びを始め、サンタクロースさんにお手紙を書きはじめました!
(特に誘導はしてませんし、娘からも特に何も言ってこない)

まだ今年はギリギリ、サンタクロースさんが来てくれるファンタジーの世界にいてくれるのかな?
それとも、分かっているけど毎年のようにしているのかな?
なんとなく、まだギリギリファンタジーの世界にいてくれてるような??
 

う~ん…どうしましょう。。







早いもので11月も後半ですね。
クリスマスプレゼントの準備状況はいかがでしょうか?

わが家のこども達のクリスマスプレゼントの希望がだいたい出揃ったので、わが家担当サンタクロースも仕入れの時期となりました。

が、今年の娘の希望のプレゼントがどうやら入手困難のようで…
色々なお店の店舗やネット通販などを探したんですが定価での入手が困難な様子…


娘が希望しているのは、セガトイズが販売元の「WHO are YOU ?」というぬいぐるみのオモチャ。
チラシに掲載されているのをみて「これがほしい!」と…


セガトイズさんのホームページの「外部サイトで購入する」に掲載のある、

・Amazon
・Joshin web
・トイザらスベビーザらすオンラインストア
・ビックカメラ.com
・Yahoo!ショッピング
・ヨドバシ.com
・楽天市場
・エディオンネット

の全てをチェックしたんですが…

定価で在庫があるお店はありませんでした…
定価よりプラス1000円くらいでならば在庫があるところもあったんですが…
クリスマス価格ってこと??
需要と供給ってことなんでしょうね…
う~ん…

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

まだ11月半ばですが、お店の飾り付けなどはもうクリスマスムードですね!

わが家も、そろそろプレゼントの用意をしたりケーキの予約をしたりしなくては!
娘は、おばあちゃんにクリスマスカードを送りたいと準備をしています。
飾り付けは…もうちょっと先でいいかな…(←ついつい後回し…)

実は今年、わが家のクリスマスは過渡期を迎えています。
小学生の娘がサンタクロースさんの存在を疑いはじめたようなのです。(去年からちょっぴりは疑っていたけれど…)

小学生ともなると、お友達から様々な情報が入ってきますよね?!
お友達の中には中学生や高学年の兄姉がいるお友達もいるし、「サンタクロースなんていないんだよ!!」とはっきり言うお友達もいるみたいです。

う~ん…どうするべきか…
いろんなことが分かってくるのも成長の証ですもんね。

わたしとしては、あと一度、今年のクリスマスだけはまだファンタジーの世界で過ごして欲しいなぁと。
息子が幼稚園児の間までは今までみたいに「サンタさんが来てくれた~!」とふたりでクリスマスの朝に喜びあってくれたらいいなと思うのです。

娘がそうであったように、息子も小学生になればいろんな情報を得ていくことでしょう。
今年がラストなのかな…と思っていて。

主人は、反対に「娘はもう小学生なんだし、お友達との関係もあるし、今回話をしたらいいんじゃない?!」と。

主人が言ってるのも一理あります。
というか、そうするべきなのかな?!

う~ん…

PhotoGrid_1542121916730
↑以前のクリスマスの時期に作ろうとしたクッキーっぽいもの。
たしか、失敗したような…
年も何か作ろうかな~!?





このページのトップヘ