先日、学年末ということで娘が学校から一年間の成長の記録がかかれた記録用紙をもらってきました。
以前書いたように、娘は痩せぎみ&少食。
こどもが痩せ気味&少食の話

その数値についてなのですが、詳細ではなくて《肥満度指数》というものをみてみたいと思います。

娘の3学期の肥満度指数はマイナス17.3%。
これは、《やや痩せている》というゾーンです。

学校から頂いた資料によると、次のようになっているみたいです。

【0~-10%】→よい
【-10~-20%】→やや痩せている
【-20%~】→痩せている

娘は、《やや痩せている》の中でも《痩せている》よりに位置しているみたい…。

最近、以前よりは食べるようになったし身体つきもしっかりしてきているように感じていたのですが。。
まだやっぱり標準よりは痩せ気味ということなんですね。

娘なりに元気に成長してくれているので、どっしり構えていたいところですが、数値として学校からの記録用紙を渡されるとちょっぴり気持ちが揺らいでしまいますね~。
いわゆる標準の数値から外れてるというのは、やっぱり親としては気になってしまいます。

娘は、産まれたとき2500g以下の低体重だったので、わたしは成長曲線の表をみてとても気にしていたものです。
成長にしたがってそこまで気にしなくなっていたのですが…。

マイナス20%をきってしまったら学校(保健室)から連絡があったりするのかな??

でも、だからといって無理やり食べなさいと食べる量を増やすのは身体にも良くないので、娘の体質を受け入れて見守っていくしかないのは百も承知!

まだまだ肝っ玉母さんには程遠い母ですが、あーだこーだ悩みながらこども達の成長を日々見守っていきたいなぁと思います。

新学年の身体測定ではどうなってるかなぁ?
↑やっぱり気にしてしまう(苦笑)






スポンサーリンク