先日、娘が小学校で体調不良となり学校から「お迎えに来て下さい」と連絡がありました。
わが家は、学校や幼稚園からの体調不良での呼び出しや何かあったときの連絡先の電話番号は、わたしの携帯電話の番号にしています。
つながらなかった場合、パート先の職場や主人の携帯電話、主人の職場にかけてもらうように調査票に記入しています。

《1》母の携帯
《2》母の職場
《3》父の携帯
《4》父の職場

調査票通りだと、この順で電話していただくようになります。

先日、わたしはパートがお休みの日だったのですが、ちょうど出先にいてカバンの中にスマホを入れていたため、すぐに電話に気がつくことができませんでした。
その後、15分後くらいに気がついて、すぐに折り返し電話をかけて学校と連絡がとれました。
スマホを常に肌身離さず、ずっと見ているわけではないので…。

翌日、パート先の職場へ出勤すると、同僚から「昨日、小学校から電話があったけど、大丈夫だった??」と声をかけられました。
小学校の先生は職場へも電話してくださっていたみたいです。
わたしは、週に2~3日のパートなので、毎日出勤しているわけではありません。もちろん、学校の調査票にも、その旨記載しています。
シフト勤務なので、○曜日はみたいな書き方もできず…。
学校の先生にも職場の同僚にもお手数をおかけしてしまいました。

病み上がりの時などでもしかしたら電話があるかな?という日は、連絡帳に「今日は○○に電話をお願いします」と記入するようにしています。
でも、毎日連絡帳に書くわけにはいかないですものね。。

ちなみに、主人の携帯&職場には電話があったことはないそうです。

主人の職場は自宅から電車で1時間弱。
連絡がとれたとしてもすぐにお迎えに行くことは事実上困難です。
仕事柄、出張もあるので職場の電話にかけてもつながらないこともあります。

《3》《4》まで電話がいくというのはよほどのことじゃない限りないのかなと思っています。
学校側も、かけずらいのではないかなと。。

わたしは、近場でパートをしているので急な呼び出しの場合も対応ができる場合がほとんどです。
これまで、学校からの呼び出しで仕事を早退させていただいたこともあります。

小学校からのお迎え要請は「なるべく早く」です。
でも、さすがだなと思ったのが必ず養護教諭の先生は「焦らずお気をつけてお越し下さい。」と一言付け加えるんです。

学校からのお迎え要請の呼び出し電話があると、母は焦ってしまいますよね。
メチャクチャ焦って、わたわたしてしまいます。

でも、慌ててお迎えに向かう途中で事故にあったりしたら大変です。
養護教諭の先生の一言、保護者にとってはありがたいです。

娘、早退した翌日は学校をお休みして様子をみたり病院を受診したりしたのですが熱が上がることもなく、インフルエンザは陰性!
すっかり元気になって今は元気に登校しています。

疲れがでたのか?風邪気味だったのか?はわかりませんが、何はともあれ元気になってよかったです!






スポンサーリンク