毎日寒いですね~。
先日のわが家の晩ごはんは、おでんでした!

↓まだ、はんぺんを入れる前ですが…。
こんな感じです!

DSC_0941

さて、このおでんの具材をみて「アレ?」と思う人もいるのではないでしょうか?!

わが家のおでん、いわゆる普通のおでんの具材じゃないものも入っています。
わたしの実家でも入れていたので、わたしも入れているのですが《鶏肉》《人参》《じゃがいも》も入っているんです。

結婚しておでんをはじめて作ったとき、主人はちょっとビックリしてましが(笑)
人参や鶏肉やじゃがいもを入れても美味しいんですよ~!  
実家では、たまに里芋を入れたりもしていました。里芋は粘りがあるので下茹でしたりと色々手間がかかるので、わたしは手軽なじゃがいもを入れることが多いですけど、里芋も美味しいです。

さて、おでんと言えば竹輪など練りもののイメージですが、わが家の偏食息子は練りものがあまり好きではありません…。
練りものが嫌となると、おでんで食べられるものが一気に減ってしまいます。そんな息子のためにも鶏肉や鶏つくねやウインナーは必須です!

また、献立がおでんの時って、大根以外の野菜がなくて、副菜を作るなどしなければ野菜の割合が少なくなってしまいます。
だったら人参とかもいれてしまおう!と実家の母が思ったのかは分かりませんが、わたしは野菜をプラスするという意味でも人参やじゃがいもを入れています。
(特に、今は葉もの野菜の値段が高いし~!)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

学級閉鎖中の娘と昼間に暇をもて余して、晩ごはんはおでんだから《おでん屋さんごっこ》しよう!と思い付いてこんな看板(メニュー表)を作ってみました!
絵が下手なのはご容赦ください…。
娘には色塗りを手伝ってもらいました。

DSC_0943

晩ごはんの時は、これを見ながら「ご注文は何にしますか?」「○○と■■をください。」みたいに、おでん屋さんごっこ。

こども達、たまごの【限定3個!】に食いついて(笑)
一番最初にたまごを注文していました!
(4人家族ですが、わたしが茹で玉子が好きではないので3つしかいれていません。)
娘は、人参の【オススメ】にも食いつきましたが、偏食息子はだまされませんでした~。作成失敗…残念。

ただ、偏食息子、《おでん屋さんごっこ》の楽しい雰囲気のおかげか、最近給食をはじめて完食するなど急に偏食がましになってきているからか、今まで絶対に食べなかった具材もチョイス!
自ら、竹輪とはんぺんを食べてみると言って本当に食べました~!!
これ、かなり驚きです!

以前なら鶏肉しか食べなかった息子が、今日は色々な具材を自分から食べていました。
竹輪、鶏つくね、鶏肉、たまご、はんぺん、ウインナー、(わたしが勝手に器に入れた小さな人参のかけらも)!

ブログ内でも息子の偏食についての話&偏食息子のご飯レシピで触れていますが、わたし、息子の偏食に本当にずっと悩んで試行錯誤してきてて。

器や盛り付けを工夫したり、刻んで小さくしたり。また、いろんな人に相談したりもしてきました。
でも、息子の偏食はなかなか改善されず…。年少さんの時は結局一度も給食を完食することができないまま年中さんになりました。

ちょっと前までは、茹で玉子も食べられなかったし、練りものもダメだった息子です。
今回も、万が一おでんが無理だったら、最悪息子は何か違う簡単なおかず(玉子焼きとか)と納豆ごはんかなぁと考えていたくらいでした。

でも、偏食息子もいつの間にか成長しているのですね。
偏食息子が嫌いだったものを自ら食べると言って、実際に食べるようななるなんて夢のようです。
まだまだ偏食がなおったわけではないし、おでんも大根やこんにゃくなんかは「いらな~い!」でしたが。。

頑張って悩んで試行錯誤した日々を無駄だとは思いませんが、時間が解決してくれることもあるんだなと改めて感じます。

来年度は年長さんになり、小学校入学も近づいてきます。
小学校の給食は本当にいろんなメニューがあるし、幼稚園と違って毎日給食(幼稚園は週2で給食、週3でお弁当です。)なので、小学校の給食で困らない程度にいろんなものを食べられるようになってくれたらいいなと思っています。

こどもの偏食でお悩みのお母さん、一緒にがんばりましょ~!


スポンサーリンク