娘(当時3歳)が発熱してから7日間高熱が続いたときの話です。

【発熱①】 【発熱②】 【入院①】までのまとめ↓

娘発熱1日目 娘が39℃近い発熱する 風邪かなと思う
娘発熱2日目 A小児科を受診 夏風邪と診断 解熱剤と痰切り処方 38度後半~39度台
娘発熱3日目 
38度後半~39度台
娘発熱4日目 A小児科を再受診 夏風邪、もしかするとアデノウイルス? 38度後半~39度台
娘発熱5日目 38度後半~39度台
娘発熱6日目 A 小児科を再再受診 血液検査 38度後半~39度台
娘発熱7日目 A 小児科を再再再受診 血液検査の結果CRPの数値は3くらい 38度後半~39度台
同日午後         C病院小児科を受診 溶連菌感染と診断 入院することになる


【入院する小児科病棟へ】

わたしが病院へ戻った時には、娘は外来から病棟へと移動していました。
主人に連絡をとり、デイルームで息子を主人に引き渡してからわたしは病室へ。

娘は、点滴をして横になっていました。4人部屋でしたが、娘と同じくらいの年齢の女の子の2人の部屋でした。看護師さんからいろいろな説明を受けたり荷物を整理したり。
入院初日はとにかく忙しく、いつ説明だとか検温だとか食事だとか…そういったことも分からなかったので、どのタイミングなら病室を離れていいのかも分からず…。トイレさえ行くタイミングがつかめず、もちろん自分が食事をとった記憶も??です。

娘は、入院で病院にお泊りということはわかったようでしたが、まだ高熱だったことですこしぐったりとしている様子でした。病院が嫌だとか点滴が嫌だとか言ったりする元気もないようでした。

【息子(当時1歳)とお父さん】
当時1歳だった息子、まだ完全に大人と全く同じご飯を食べられるわけではありませんでしたし、寝かしつけには授乳が必須でした。
父と息子はじめて二人きりで晩ごはん→お風呂→寝かしつけを過ごすことになり…。
主人なりに一生懸命奮闘してくれたみたいです。でも、やっぱり寝かしつけにはかなり苦労したみたいでした…。普段はおっぱいで寝かしつけていましたからね…他のことは何とかなっても、お父さんからは母乳はでないですもんね

【長い長い夜】
娘は、高熱のせいか眠りが浅くて夜中に目を覚ますこともしばしばだったのですが、その夜は久しぶりによく眠れているようでした。ただ、寝返りで点滴の管を踏んでしまったり、身体に管が巻き付いてしまったり…。気になって、わたしはあまり眠れましたでした
また、授乳中だったわたしは、夜中にだんだんおっぱいが張ってきてしまいました。だんだん熱をもってきて痛みもでてきてしまいわたしは何度か乳腺炎になってしまった経験があり《これは危険だ》と思ったので、起き上がって1本タオルをダメにすることを覚悟で暗いなか必死でタオルに母乳を絞りました。でも、小心者なので…巡回の看護師さんの気配がすると大人しく寝たふりをしていました

娘(当時3歳)が高熱が続いて入院した話【入院②】に続きます。

※小児科や医師に対しての感想はあくまでわたし個人のものです。その病院をかかりつけにしている知人もいます。医師との相性ももちろんあると思いますし、わたしサイドの感想なのでわたしにとって都合のいいように書いていると思われても仕方ないかもしれません。決してその病院や医師を否定したいのではなく、わたし個人がもっと医師とコミュニケーションをとっていれば…もっと検査してくださいとちゃんと言えていたら変わったのかもしれない、医師との相性があるのであれば違う病院を受診してみるという選択肢をもっと早く選べたのでないか…という反省も含めてこういうケースがあったということを書いています。

※医師ではないひとりの母の記録&記憶をもとに書いています。気になることがありましたら必ず医師の診察をうけてください。治療方針もひとそれぞれですので、参考程度にとどめ必ず医師の説明をうけて相談してくださいね。あくまでも参考と考えてわからないことや不安なことがあったら病院に確認してください。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング



スポンサーリンク