娘(当時3歳)が発熱してから7日間高熱が続いたときの話です。

【発熱①】 【発熱②】までのまとめ↓

娘発熱1日目 娘が39℃近い発熱する 風邪かなと思う
娘発熱2日目 A小児科を受診 夏風邪と診断 解熱剤と痰切り処方 38度後半~39度台
娘発熱3日目 
38度後半~39度台
娘発熱4日目 A小児科を再受診 夏風邪、もしかするとアデノウイルス? 38度後半~39度台
娘発熱5日目 38度後半~39度台
娘発熱6日目 A 小児科を再再受診 血液検査 38度後半~39度台
娘発熱7日目 A 小児科を再再再受診 血液検査の結果CRPの数値は3くらい 38度後半~39度台
同日午後         C病院小児科を受診 溶連菌感染と診断 入院することになる


【入院するときまってから】

溶連菌感染と原因がわかり娘が入院すると決まって、ずっと自宅で看病して気を張っていた気持ちが少し和らぎました。最初から違う病院にいっていたら…という思いはありましたが、入院すれば何かあってもすぐに医師に対応してもらえるんだというホッとする気持ちが大きかったのです。

娘は、入院する小児科病棟の準備ができて看護師さんが迎えにくるまで、外来の奥のベッドで点滴をして横になっていました。その間に、入院関係の書類や持ち物やそのほか諸々の説明をうけました。

その説明で告げられたのは…

・24時間付き添い(できれば母親。父親や家族と昼間交代するのはいいが夜間は女性。)
・小学生以下のこどもは病棟に入れない(息子はデイルームまで)
・付き添いの食事はない

わが家のその当時の状況では、主人と私だけではどう考えても無理だと思いました。

【息子(当時1歳)をどうするかという問題】
娘が入院すると決まって、あとは治療すればよくなっていくはずと思った矢先に突き付けられた現実にわたしは少しパニックに。
主人は仕事もあるし、ましてや翌々日から泊まりがけで出張の予定。
両実家は遠方で両祖母ともに仕事をしている。
息子はまだわたしと離れたことは一度もなくまだ授乳もしている。
いったいどうすればいいのかと…

考えても頼るのはやはりおばあちゃんしかおらず…主人が主人の母にすぐに電話をしてくれて、とにかく何とかして来てもらうようにお願いをしました。主人の母は、たまたま早めの夏休みをとろうと仕事を調整していたところだったようで…職場と相談してしばらく休めるようにしてもらい、その日のうちに新幹線に飛び乗ってくれたのでした。 
わたしは病院で娘に付き添っていたのではっきりと知りませんが、主人の母が着いたときには日付がかわっていたそうです。本当に感謝しかありません。もし、義母がいなければどうしようもありませんでした。

【入院の準備】
入院グッズの説明を受け、一度わたしが自宅へ荷物を取りに帰ることにしました。主人には娘のいろいろなグッズのある場所がわからないと思ったからです。息子も一緒に帰宅して一度授乳しておこうと一緒に帰りました。
自宅ではバタバタと入院グッズの準備をして、息子に授乳をしました。

このとき、わたしは自分のものを用意することまで頭が回らず、娘の入院グッズしか準備しませんでした。自分も付き添いで病院に泊まるのに自分のものは持たずに大慌てで病院に戻ったのです

万が一、こどもが急に入院することになって付き添い入院が決まったら、お母さんは自分のものも忘れずに持っていきましょう。最低限、歯ブラシとメガネ&コンタクトレンズだけでも!
わたしは普段コンタクトレンズなのですが、メガネやコンタクトの替えを持っていくのを忘れてしまいました。。本当ならダメでしょうが、ずっと同じコンタクトレンズをいれたまま翌日昼まで過ごしました…


娘(当時3歳)が高熱が続いて入院した話【入院②】に続きます。

※小児科や医師に対しての感想はあくまでわたし個人のものです。その病院をかかりつけにしている知人もいます。医師との相性ももちろんあると思いますし、わたしサイドの感想なのでわたしにとって都合のいいように書いていると思われても仕方ないかもしれません。決してその病院や医師を否定したいのではなく、わたし個人がもっと医師とコミュニケーションをとっていれば…もっと検査してくださいとちゃんと言えていたら変わったのかもしれない、医師との相性があるのであれば違う病院を受診してみるという選択肢をもっと早く選べたのでないか…という反省も含めてこういうケースがあったということを書いています。

※医師ではないひとりの母の記録&記憶をもとに書いています。気になることがありましたら必ず医師の診察をうけてください。治療方針もひとそれぞれですので、参考程度にとどめ必ず医師の説明をうけて相談してくださいね。あくまでも参考と考えてわからないことや不安なことがあったら病院に確認してください。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング



スポンサーリンク