わたしの妊娠出産【娘のとき②】からの続きです。

【38w1d 妊婦検診】
退院後、通常の妊婦さんと同様に妊婦検診に行きました。血圧や体重を計って、NSTをしました。
NSTの途中、波形に異常がみられました。赤ちゃんが徐脈になってしまったのです。わたしの周りに看護師さん、助産師さんや医師が駆け寄ってきてお腹をさすったり聴診器をあてたり。幸い、赤ちゃんの心拍は戻りましたが、数分の間徐脈が続いたため緊急入院⇒出産することが決まりました。
赤ちゃんが、陣痛のストレスに耐えられないという判断により帝王切開での出産が決まりましたが、手術室の関係で翌日の出産になるということでした。それまでに万が一また徐脈がおきたらすぐ対応できるようにしますとのことでしたが、わたしは不安で…今すぐにお腹を切ってでも赤ちゃんを助けてほしいと思っていました。NSTをしたまま横になり、不安でずっと波形を見続けていました。

【38w2d 帝王切開で出産】
翌日、帝王切開の手術前の処置を行い、手術室へ。
麻酔が怖くて…「怖いです~!」って言った記憶が…麻酔が効いてくると下半身の感覚はなく、冷たさも感じませんでした。
お腹を押されたりひっぱられたりする感覚があった後、手術開始から15分後くらいに娘がうまれました。羊水を吸ってもらい身体を拭いてもらったあとで助産師さんが私の枕元に娘を連れてきてくれました。泣いていてホッとしました。想像していた赤ちゃんよりも小さくて少し心配でしたが、まずは無事にうまれてきてくれて本当によかったと思いました。
娘はすぐに連れていかれ、主人と対面した後で保育器にはいったそうです。
その後も手術の処置が進められましたが、すごく長い時間に思えて…意識はある状態なのでまだ終わらないのかなと思いながら、途中麻酔のせいか吐き気がしてしまい…気持ち悪さと麻酔でボーッとしている状態でした。手術自体は手術室に入ってから45分~1時間くらいだったかなと記憶しています。

【出産当日】
病室に帰ると、主人が待っていてくれて娘の写真を見せてくれました。嬉しそうにしている主人を見て、改めて赤ちゃんが無事にうまれたんだなとホッとしました。
ただ、娘は2416g、43cmと小さめの低体重出生児でした。帝王切開ということと低体重ということで保育器でしばらく様子をみるとのことでした。
わたしは、気分が悪く…また、痛みや麻酔のしびれの気持ち悪さで何もできず…主人が家族などにいろいろと連絡をしてくれたようでした。

【あとでわかったこと】
娘は、出産前の検診では推定体重が2500gを超えていました。医師も2500g以下と考えていなかったようです。頭の大きさは割と大きく体が小さく細いという栄養状態があまりよくなかったタイプのようでした。医師の話では、胎盤が小さめだったということと胎盤に多くの梗塞あり血流が悪かったことが影響していたのかもしれないとのことでした。
娘の場合は低体重ということもあり陣痛のストレスに弱く徐脈がでたので…妊娠中期から頻繁に強い張りがあったということは赤ちゃんにストレスがかかっていたということですので、結果としてこの病院で入院してウテメリンを使って張りを押さえて安静にしていたということは正解だったといえると思います。最初の病院から転院して正解だったと思うのはこのことがあるからというのが大きいです。確かに、誰にも分らなかったことですが、結局は医師との相性ということでしょうかね。。。


※産婦人科や医師に対しての感想はあくまでわたし個人のものです。医師との相性ももちろんあると思いますし、わたしサイドの感想なのでわたしにとって都合のいいように書いていると思われても仕方ないかもしれません。決して病院や医師を否定したいのではなく、わたし個人がもっと医師とコミュニケーションをとっていれば変わったのかもしれないという反省も含めてこういうケースがあったということを書いています。妊娠出産は病気ではありませんが、命にかかわることです。医師との信頼関係も大切なことなのだと感じています。

※医師ではないひとりの母の記録&記憶をもとに書いています。気になることがありましたら必ず医師の診察をうけてください。治療方針もひとそれぞれですので、参考程度にとどめ必ず医師の説明をうけて相談してくださいね。あくまでも参考と考えてわからないことや不安なことがあったら病院に確認してください。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




スポンサーリンク