ある日朝起きたら、こどもの目が腫れ上がって目が開かない!顔が違う!という時、びっくりしてしまいます
お友達の中には眼科にかかったことないよ~というお友達もいますが、小学校低学年娘と幼稚園息子はこれまでに眼科に何度かお世話になっています。その理由はいろいろ…こどもの眼科受診について思い出してみようと思います‼️

※医師ではないひとりの母の記録&記憶をもとに書いています。ご自身やお子さんに気になることがありましたら必ず医師の診察をうけてください。治療方針もひとそれぞれですので、参考程度にとどめ必ず医師の説明をうけて相談してくださいね。あくまでも参考と考えてわからないことや不安なことがあったら病院に確認してください。

case1【息子、目の腫れと目やに】
風邪気味で鼻水がでていた息子、小児科にかかって薬も飲んでいました。それが、朝起きたら目が腫れて目やにがびっしり!すぐに眼科に連れていきました。
結果は、結膜炎。風邪のウイルスからきているとのことでした。あとは、鼻が詰まっているのも良くないらしいです。
眼軟膏を塗るよう処方されました。風邪が治っていくと同時に結膜炎もきれいに治りました。

case2【息子、目が腫れた】
ある日の昼間、息子の目が腫れていることに気がつきました。朝起きた時は大丈夫だったはずなのに…と思って気になって念のため眼科にいきました。しかし、眼科の待ち時間がかなり長く…なんとその間に腫れがほとんど治まったのです!あれ?と思いつつ診察を受けましたが、医師は腫れたところをみていないわけで…わたしも眼科受付したことに安心して写真をとっておらず…《おそらく》という前置き付きの診断となりましたが、クインケ浮腫か蕁麻疹かだったのではないかなとのことでした。(痒みがなかったから、クインケ浮腫だったのでは?とのことでしたがよく分からないままになっています。)
腫れがひいていることから、様子をみましょうということで薬は処方なしでした。
クインケ浮腫はアレルギーが原因とも言われている蕁麻疹の親戚のような感じのもの(わたしはそう理解しているのですが…医師にご確認くださいませ。)のようですが、まだ原因不明なのだそうです。薬が処方されるケースもあるみたいですし、腫れるのがクチビルの場合もあったりするようです。

case3【娘、目が腫れあがって開かない】
ある朝起きたら、娘の片方の目が腫れ上がって開かない!パンパンに腫れて少し痛みもあるようでした。眼科を受診したところ、原因は何と虫刺され!蚊にさされたのが原因でした。蚊にさされてそんなにも腫れ上がってしまうことに驚きました。
目に虫刺されの薬なんて塗れないでしょ~と思ったら、case1の結膜炎のときと同じ眼軟膏が処方されました。プラスでアレルギーの飲み薬も処方されて、たかが虫刺されですがお薬を飲んでプールもお休みすることになってしまいました。。(でも、まぶたに虫除けスプレーはできないし…気をつけてても刺されてしまうことありますよね)

眼科受診について
幼稚園くらいのこどもの場合、眼科受診するにしても、ちゃんと視力検査はできるのかしら?と不安に思うことがあると思います。
でも、実際に受診してみると、眼科のみなさんはとても慣れていて、まだ左右がわかっていないこどもにはアルファベットのCのようなものを持たせてそれを視力表と同じ向きにしたりというように工夫して検査をしていただけます。眼科の医師の診察も、こどもには「目だけ左をむいて」ではなく、「顔がは先生のほうで目は横のお人形をみて~」というように分かりやすく言ってくれますよ。
視力検査は、一般的に3歳児健診と修学前健診で行われているようです。万が一、健診で受診をすすめられたら早めに眼科を受診しましょうね!


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング



スポンサーリンク