娘、扁桃腺とアデノイド手術(1)・(2)・(3)
のづづきです。

※医師ではないひとりの母の記録&記憶をもとに書いています。ご自身やお子さんに気になることがありましたら必ず医師の診察をうけてください。治療方針もひとそれぞれですので、参考程度にとどめ必ず医師の説明をうけて相談してくださいね。

いざ、紹介状を持って大学病院を受診!というその日、娘ではなく息子が熱をだしてしまいました。。
高熱の息子を連れていくわけにはいかず、せっかく予約のとれた大学病院の診察をずらさなければ…と思っていましたが、奇跡的に主人が有給を使い休んでくれることになりました。ただ、高熱の息子はわたしにベッタリ。娘の受診を主人にお願いしました。
わたしは、息子と小児科へ。。

大学病院受診と診断

※付き添いは主人だったため、わたしは主人から話を聞いただけで直接医師とお話していません。

大学病院というだけあって、予約していてもやっぱり待ち時間が長い!朝イチで行って、終わる頃にはお昼を過ぎていました。
大学病院の娘の担当の医師は、睡眠時無呼吸症候群を主に診察されている先生ということでした。娘の喉や鼻を診察した結果、やはり扁桃腺とアデノイド肥大との診断でした。娘の場合、この医師の見解では手術したほうがいいのではないかとのことでした。

手術をすすめられた理由(娘に当てはまる理由)は以下の通りです。
  • 小さい頃から中耳炎を繰り返している
  • 昼間、疲れや眠気がある
  • 少食で、食べ物の飲み込みにくさがある
  • 無呼吸の状態が一晩に数回ある
  • 酸素飽和度の低下がみられる
  • 医師からみて、扁桃腺&アデノイド肥大により気道がせまくなっている
そのほかにも色々説明があったうえで、その日に手術日まで決まりました。
最初の診察で手術日まで決まるのは驚きでしたが、数ヶ月先までビッシリ予定が入っているようで…娘の手術も数ヶ月後の日程でした。
わたしも主人も受診の前に色々調べていて、手術の可能性が高いのかもしれないとは思っていたのですが、スピードが早すぎて…
でも、たとえ一度自宅に帰って時間をかけて考えたとしても、医師の説明と娘の状態を考えたら手術という選択肢を選んでいたと思います。

ただし、手術するかしないかは同じ扁桃腺&アデノイド肥大であってもひとそれぞれ判断がわかれるところです。必要であればセカンドオピニオンをうけるなどして納得のいく選択をしましょうね。

(5)へづづく。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


スポンサーリンク