ふれまま日記

幼稚園児の息子と小学校低学年の娘の母です。
働く幼稚園ママ話や子育てのことや日々のこと。
病気がちだった幼児時代の記録なども。

2018年12月

師走のあわただしさに加えて、色々なことがあり…
親としてできることって何だろうと考える日々です。

書きたいことはたくさんあるのに、うまく表現できず書いては消してを繰り返しています。

赤ちゃんの頃、幼児期、小学生と心配の内容はどんどん変わっててるけど、いつも親にできることなんてほんのちょっとしかない。

学校生活での悩みやお友達関係に、親としての大人の理論を押しつけてはきっとダメで…
本人が経験から学んでいくことも大切なんだろうなぁと思いますし、基本は見守っていくしかありません。
親として、何もできない自分をふがいなく感じることも。。

とりあえず冬休みはめいっぱい遊んでおいしいもの食べて、心と身体の充電をしたいと思います!

 





先日、息子の幼稚園で行事がありました。
そのため、月曜日が振替休日となり幼稚園がお休みに。

働く幼稚園ママにとってはピンチ!な出来事ですが、息子の幼稚園はありがたいことに振替休日の日も預り保育を行ってくれるのです。
なので、わたしとしては「仕事休んだり調整せずにすむから良かった~!」と思っていました。

しかし、息子からすれば、「みんなはお休みなのに~!」と…
まぁ、それはそうですよね。。
幼稚園では、やっぱり働くママはマイノリティで、ママが働いているこどももマイノリティなのです。

「振替休日だからみんなで遊ぼうよ」とお友達ママが計画してくれたりして誘ってもらったのですが…
残念ながら不参加。
休もうと思えば休めないことはなかったけれど、この時期はこども達がいつ体調崩すかわからない&年末ということもあってなるべくなら通常の予定通りの出勤をしておきたくて。

わたしの都合でせっかく誘ってもらったのに遊べないと思うと、息子に対して後ろめたさが…。

仲良しのお友達が「月曜日、楽しかったね~!」と話をすることもあるかなぁ、そうしたら、息子は「自分も行きたかった!」って思うよね…と想像すると、正直、働く幼稚園ママの自分というものにちょっぴり迷いが生じたりもします。

まぁ、わが家は家計的にわたしがずっと専業主婦でいるのはツラいので、どこかのタイミングでわたしが働くのは必須なのですがね…

わたしなりに頑張って娘にも息子にも、「お母さんが働くのが嫌」という気持ちを持たれないようにやってきたつもりではあるけれど、完璧はやはり無理ですね…

働く幼稚園ママ、ちょっぴり気持ちが弱っている最近なのでした。。

小学校って本当にいろんなこがいます。

お勉強が得意or苦手、スポーツが得意or苦手、絵が得意or苦手、音楽が得意or苦手など得意なことや苦手なことは人それぞれ。
さらに、活発、穏やか、おとなしい、人見知りなどなど性格も様々。

社会だってそう。いろんな人がいる。
大人だって、人それぞれ得意なことや苦手なことあるし、周りの人全員と心の底から仲良しだなんてことはないですしね。

実は、娘のクラスがちょっと落ち着かないクラスで…いろんなこがいて、いろんなことがあります。
娘は小学生なりに、色々と感じたり考えたりしているみたいで…
親としてどう声をかけていくか、考えさせられる日々です。
(そんなこんなでブログも休みがち…)

先日、娘に「いろんな人がいて、人それぞれ得意なこと、苦手なことがあるよね。そもそも、みんな違う人間なんだよ。」と話をしました。

いろんな人がいるのをちゃんと分かってる人はきっと他人の苦手なことバカにしないんじゃないかな。
ただ、得意なこと苦手なことが人それぞれ違うだけなんだから。

しかしながら、揚げ足をとって喜ぶ人がいるのもやはり現実。
みんなが、お友達の得意なことを素直に「すごいね~!」って言える人だったらいいのにね。

わたしは娘に、クラスの全員と(係や班、クラス活動や授業などとは別に休み時間や放課後まで必要以上に)仲良しでいなくても大丈夫だよと伝えています

わたしの意見としては、【仲良しのお友達】と【クラスメイト】を使い分けたっていいと思うんです。
もちろん仲間外れはダメだと思いますが、みんな違う人間だから性格だって違うので、気が合う仲良しのお友達とあんまり気が合わないお友達がいたっておかしいことじゃないんじゃないかなと。

いろんな人がいて、人それぞれ得意なことや苦手なことがある。みんな違う人間なんだ。」という、ただそれを認めれば、みんながちょっと他人に優しくなれるかもしれないし、人間関係において気が楽になるかもしれないなぁと思ったり。

小学校、本当に色々あります…
子育てって心配も悩みもつきないものなのですね…



人気ブログランキング










このページのトップヘ