ふれまま日記

幼稚園児の息子と小学校低学年の娘の母です。
子育てのことや日々のことを綴ります。
病気がちだった幼児時代の記録なども。

2018年10月

季節の変わり目、体調を崩しやすいですよね。

昨日の夕方から、娘は鼻水がでています。
保湿ティッシュを使っても鼻が痛いみたいで…
市販の風邪薬を飲んで寝ましたが、今朝も鼻水がやはり多いみたいです。
ポケットティッシュを多めに持って登校しました。
酷くならないといいんですが…

一方、息子はここ数日毎日鼻血が…
空気が急に秋の空気になって乾燥しているからでしょうか。
こないだは、幼稚園でも鼻血がでてしまい…体操着が鼻血まみれになったらしく幼稚園のものをお借りして帰ってきました。
娘と同じくポケットティッシュを多めに持って登園しました。

息子は、昨夜~今朝はちょっと咳もしていて。気管支が弱い喘息疑惑のあった息子なので、この寒暖差が刺激になっているのかもしれませんね。

とりあえずは二人とも様子をみていますが、ブログの更新はゆっくりになるかもしれません…(大丈夫そうだったら普通に更新するかもですが)

皆さまも、季節の変わり目の体調不良にはくれぐれもお気をつけください。

近所でオープニングスタッフの条件の良さそうなパート募集を見つけたわたし。
でも、いざ応募しようと考えたときに改めて色んな不安がでてきてしまいました。
そこでとりあえず、主人に相談してみました。

「○○の▲▲でオープニングスタッフのパート募集があって。こども達が幼稚園に行ってる間だけ働けたらと思うんだけど、どう思う?」
いいと思う

「接客なんて学生の頃以来だし、本当は事務系の仕事がしたいんだけど、やっぱり幼稚園児がいると厳しいから…条件的にはシフト制の飲食店とかになるんだよね…」
嫌なら無理に働けとは言わないけど、接客キライだったっけ?(←わたしが学生の頃に色々飲食店でアルバイトしてたの知ってるので。)嫌じゃないなら、幼稚園の間はシフト制のところでっていうのもアリだと思うけど。

「年齢的に厳しくない?」
ランチタイムなら、主婦多いんじゃない?

「近すぎるけど、知り合いばっかり来たりして気まずいかな?」
近いのは、体力的に楽だと思う。(←主人は通勤時間が長いので疲れるみたい。)幼稚園からの急な体調不良やケガでの呼び出しにすぐに対応できるし、万が一、地震など災害が起きたときのこと考えてもいいと思うよ。
知り合いがっていうのは…まぁ人それぞれだけど…

「ブラック企業だったら?」
ネットで調べてみたらいいし、何か変だと思ったらすぐに辞めたらいい。

「こどもの病気のときなど急な休みは大丈夫かな?これ、一番重要なんだけど。」
こればっかりは…どういうシフトの組み方してるかわからないからなぁ。社員はだれかが急に休むのも想定してるはずだし、ひとり急に数時間のパートさんが休んだからってそのくらいならなんとかなるのでは?
自分も協力はしたいけど、休める日と外せない日があるかな。そもそも出張が多いしなぁ。

こんな感じです!
ここで重要になるのは「協力したい」を聞き出せたことですよ!(笑)
その気持ちがあるかないかで、違いますよね?!
その一言で気持ちが前向きになりました。

実家遠方&転勤族の我が家は、【いざという時】に頼れる親兄弟親戚が近くにいない土地で暮らしています。
わたしが働くとなると、主人の協力しようという気持ちは必要不可欠なのです。
(ただ、実際のところはそれほど期待はできないんですけどね…出張でいないことも多いですし。)

主人と話をして、応募してみようかなという気持ちにかなり傾いたわたし。
こども達にも相談してみて、こども達が大丈夫そうだったら応募してみようと思いました。

長くなったので、こども達に相談した話はまた次回!



今年は、風疹が流行っているのですね。
ニュースでもよく話題になっています。

風疹は、妊婦さんが妊娠初期にかかると赤ちゃんに先天性風疹症候群というさまざまな影響がでる可能性のある病気です。
お腹の赤ちゃんにとっては命にかかわる心臓の病気だったり、一生付き合っていかなければならない耳や目への影響だったり…

でも、風疹には予防接種があります。
わたしのこども達は、すでに公費でMR(麻疹風疹混合)の予防接種を受けています。
ただ…今30代~40代くらいの世代は、こどもの頃に予防接種をうけていない場合がほとんどで抗体を持っていない人が多いのだそうです。

妊婦を希望する女性が妊婦前にきちんとうけたらいいんじゃないの?
って言う人もいるかもしれません。
でも、大人になってからうけた風疹の予防接種は100%抗体がつくとは限らないんです。

↓わたしの母子手帳の妊娠初期の検査の結果です。

【一人目 娘のとき】
妊娠前に風疹の予防接種をうけることなく、娘を授かりました。
妊娠初期の検査で風疹の抗体がない(8未満)ということが判明しました。
つわりが酷くて退職したあとはしばらく引きこもりの生活でしたが、仕事を辞めるまでは不安な気持ちで電車通勤をしていました。
マスクをつけて人混みを避ける生活でした。
娘を出産して、産後の入院中に風疹の予防接種を打ちました。
風疹の予防接種は接触後しばらく避妊が必要ということもあるし、産婦人科で「産後の入院中に接種したほうがいい」とオススメされ自費で接種したのでした。
PhotoGrid_1539740947387

【二人目 息子のとき】
娘を出産後、産後の入院中に風疹の予防接種をしたので、風疹の抗体はバッチリだと思い込んでいたわたしは、妊娠初期の検査結果をみてびっくりしました。
79以上とされている基準値に対して16…
全然足りません!16では、風疹に感染してしまう可能性があるそうです。
「抗体つかない人もたまにいるんだよね~!」と医師からはさらっと言われ(涙)
またマスクをして人混みを避ける生活。
ただ、娘がいるのでずっと何ヵ月も引きこもりなんで無理な話。
マスクと、手洗いだけはしっかりとしてあとは風邪っぽい人には近づかないようにしていました。
息子を出産して、産後の入院中に2度目の風疹の予防接種を打ちました。また自費で接種です。
我が家は、わたしが2度とも帝王切開ということやその他のこともあり、こどもは2人と考えています。でも、今後もしかしたら気持ちがかわるかもしれない&これからの妊婦さんのためには予防接種は必要なことと思って接種しました。
PhotoGrid_1539740632703


わたしは、一人目の娘のときは、自分が風疹の抗体がないことなど何も知らずに妊娠しました。
あとから風疹の怖さや自分に抗体がないのを知ったのでは、マスクをするくらいしかできることはなく不安な妊娠初期でした。
二人目のときは、知識として風疹の怖さを知っていたし、予防接種したから大丈夫と思っていただけに「なんで…」となりつつも予防に必死でした。

今は、こんなにニュースにもなっていて妊娠希望のわたしは、女性はきちんと予防接種されている人がきっと多いはずです。

ただ…わたしのように予防接種をしても抗体がつかない人もいるんです。
妊娠希望の女性だけが風疹の予防接種をしたのでは、残念ながらきっと風疹にかかる妊婦さんが0にはならないのではないかと思います。

先天性風疹症候群は、全ての大人がちょっと時間とお金をかけさえすればほとんど0に近づけるのが可能な病気のはず。
例えば、わたしみたいに予防接種をしても抗体がつかない女性が妊娠したとして、そもそも風疹の抗体をみんなが持っていて誰も風疹という病気にかかっていない世の中だったら感染もしないはずですよね。

全ての大人が時間とお金をかけるなんてきっと無理かもしれない。
それでも、自分や主人や家族から。
1からはじめて、いつか娘がママになる頃には先天性風疹症候群で産まれる赤ちゃんが0になっていればいいなと思います。

娘の入院のこともあって先延ばしになったパート探し。
一時期よりやる気もなくなっていましたが、相変わらず情報誌をパラパラと眺めたり、ネットをみたりはしていました。

そんな時、近所でたまたまオープニングスタッフを募集している飲食店を見つけました。
家から10分以内の場所です。

元々飲食店だったのですが、その飲食店が撤退してしまい空きテナントになっていたところでした。
どうやら、新たに違う飲食店が入るらしく、改装工事をしており、オープニングスタッフのパートアルバイトの募集が情報誌やネットに掲載されていたのです。

オープニングスタッフの募集なので、条件的にはとても良さそうでした。

幼稚園ママにとって重要なポイントの、時間帯や行事&長期休みの休み易さはクリアできそうな感じ。(シフト制)
また、昼間の子持ちのママさんが働きたい時間帯ってみんな同じ時間帯なので…あとから既存のお店で希望してもなかなか難しいけれど、オープニングスタッフなら希望シフトが言いやすいと思いました。
それに、オープニングスタッフなら研修はしっかりしているし、みんな一斉のスタートなので後から入って輪に入りにくかったり怖いボスパートさんがいて…ということもなさそうだなと(笑)
オープニング&改装したてだったらお店もキレイだし!

わたしは、学生の頃に飲食店でオープニングスタッフでアルバイトをしたことがあって。
オープニングスタッフならではのメリットがあるのもなんとなく分かるので、これはいいかもなぁと思いました。

ただ、いざ応募となるとやっぱり色々考えてしまい…

・近すぎるけど、知り合いばっかり来たりするかな?
・接客なんて学生以来やってないし、こんなおばちゃんだけど大丈夫かな?
・こどもの病気のときなど急な休みは大丈夫かな?
・ブランク長すぎだし…そもそもわたし働けるかな?
・ブラック企業だったらどうしよう?
などなど。

とりあえず、主人やこども達のの意見も聞いてみることにしたのでした。

※誤字訂正しました



このページのトップヘ