そろそろクリスマスプレゼントの準備の時期ですね!わが家のこども達も色々と言ってくるようになりました。

娘はぬいぐるみや本やオシャレグッズ、あとはわたあめの機械が欲しいとか(笑)
息子はベイブレードやリモコンカー、そして任天堂switchのソフト!!

※もちろん、それら全部サンタさんがくれるわけじゃありません(笑)まだ好き勝手に言ってる段階です。

さて、息子の希望のなかにswitchのソフトがありますが、わが家にはswitchがあってこども達(小学生&幼稚園児)が毎日のようにプレイしています。

この秋に購入したばかりなのですが、購入に至るまでの話、購入したソフト、わが家のルール、メリット、デメリットなど…
クリスマスプレゼントに任天堂switchを考えているママの参考になればと思います!
決してお手本とは言えないですが(笑)

【switchが欲しい!お父さんとの交渉】

わが家のこども達、switchを購入する前からDSでゲームをすることがたまにありました。
といっても、わたしがまだ若かったころに持っていたDS…かなりのお古です。
中古の安いソフトを古本屋さんで購入してプレイしていました。
マリオブラザーズ、マリオカート、幼児向けのひらがな練習やクイズなどの知育系、プリキュアやサンリオ系などです。
ゲームの楽しさはすでに知っているという状態(笑)
時間を決めてプレイする&宿題や用事を先に終わらせてからというのがルールでした。

そんなゲームの楽しさを知っているこども達、テレビでswitchのCMがバンバン流れている&お友達が持っていると欲しがらないはずありません。

先に「switch欲しい!」と言い出したのは幼稚園児の息子。
息子は、マリオカートが大好きなので、switchのマリオカートのCMを見て欲しくなったみたいでした。

わたしはゲームほとんどしないので、正直「欲しい!」と言われてもよくわからなくて…(DSもプレゼントでもらったから持ってたけど多分自分では買わないタイプ)
「ゲームのことはお父さんに相談して。でも、高いからそんなすぐにホイホイ買えるものじゃないからね~!」と主人に丸投げしました(笑)

主人は、「買ってもいいけど…約束守ってできる??」と。
こども達は「約束守ってするから~!」と、粘り強く交渉。
家計を預かる妻としては、「えっ?!簡単に買ってもいいとかいっちゃって大丈夫?!その費用はどこから出すのよ~!?」と胸のうちで思いながら焦る(苦笑)

交渉の結果、「ふたりがちゃんと真面目にやるべきこと(宿題や習い事やお手伝いなど)を毎日やって、【こんなにちゃんとできるのならswitchを買っても約束したことを守って遊べるだろう!】とお父さんが思うようになったら買う」と父子で協定が結ばれたのでした。


つづく



スポンサーリンク