さて、新学期に精神的に疲れてしまうのはこども達だけではありません。
母だって、新学期メンタルなのです!

(1)クラス替え

今年は、娘も息子もクラス替えがあるので、わたし自身春休みからドキドキしていました。
こども達には「どんなクラスでも必ず何人かは知ってるお友達がいるし、新しいお友達できるから大丈夫よ!」といいながら、心の中では心配をしていました。

娘の始業式の日は、娘が泣きながら帰ってきたらどうしようと心配でソワソワしていました。
結果的に、仲良しのお友達とは別のクラスだったのですが、知ってるお友達も何人かはいたりして泣くことなく帰宅してきたのでホッとしました。

息子も、仲良しのお友達と一緒のクラスになれて嬉しそうにしていて一安心。

また、娘のクラスにも息子のクラスにも連絡を取り合えるママ友がいたので、母としてもホッとしたのでした。

ママ友については色々な意見があるとは思いますが、やっぱり連絡を取り合えるママ友がいるにこしたことはありません。
お互いに色々と情報を交換したり、助け合ったりできる関係のママ友がクラスにいてくれると心強いですよね。

また、クラス替えに伴う担任の発表ももちろんドキドキ。
こども達には言えないけれど、やっぱり当たり外れはありますからね~。

(2)役員決め

ママさん達の新学期の最大の気がかりといえば役員決めではないでしょうか?

わたしも、先日幼稚園と小学校の保護者会(役員決め)に行って来ました。
正直言って、メチャクチャ疲れました…。

実はわたし、幼稚園の役員は既に経験済みです。息子が年少のときに1年間役員を努めて、年中でもちょっとお手伝いをしていたので、幼稚園のほうは免除というか、もうやらなくていいはずなのです。
でも、新役員さんが決まらずに保護者会が長引いてしまってるときに「お先に~」とは言えないので…ただただじっと座り続けてました(涙)

娘の小学校のクラスは、幸い立候補してくださる方がいたりしてもめることなくスムーズに決まりました。みんな高学年でやりたくないから?色々考えてやってるのかな?
仕組みがわかりにくくて、第一子の母にはよく分からず…。もしかしたらやったほうが良かったのかも?
一つ、やってもいいかなと思っていた委員があったのですが、やりたいという方がたくさんいたので、まぁいっかと手を挙げなかったのです。。

何はともあれ、わたしは今年はとりあえず役員は無しの一年となりました。
(もちろん、分担制のお手伝いやボランティアなどはありますよ!)

(3)雑務が多い!

新学期、読まなくてはいけない書類や書かなくてはならない提出物が大量です。
また、進級に伴って学年やクラスを書き替えたりゼッケンを張り替えたり。
新しく購入しなくてはいけない文房具や学用品も色々あります。

なんだかんだと雑務が多く、納期もタイトだったりでバタバタしてしまうんですよね…。
小学生と幼稚園児で2ヵ所なので余計にそう感じるのかもしれません~。

雑務が多いと、時間的にもバタバタしますし精神的にもゆっくり落ち着けなくて新学期は何だか疲れてしまいますね。。

やっと、そろそろ家族みんな少し落ち着いてきそうなので、わたしも新学期メンタルなバタバタから抜け出せるかしら??
あっという間に4月も半ば。
何だか時間が経つのが早すぎてビックリです…。