こどもが急に熱をだしたとき、親ならもちろん心配です。
でも、母であると同時に(わたしの場合例えパートであっても)仕事をしていると仕事の調整をしなくてはなりません。
また、こどもが複数いたら兄弟の学校行事や習い事にも影響があるためその調整も必要です。いろいろとバタバタと動きまわってなんとかしなくてはなりません。

先日、息子が熱をだしたとき(息子、発熱!風邪?単純ヘルペス)、わたしは主人についイライラしてしまいました。今なら、あの時はわたしがいっぱいいっぱいで余裕なかったんだなと思えるし、八つ当たりなのも承知していますが…
主人の一言が引っ掛かりついイライラと…

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

息子が熱を出してすぐに仕事を休めるようにパート仲間に代わりを打診したり上司に連絡をしましたが、なかなか代わりが見つからずこのままだと人が足りず職場が困ってしまう…という場面で、主人が「休むしかないだろ。休めるようにパートで休みやすいところで仕事してるんだから。」と
確かに、休みやすい職場で同僚にも恵まれて今までは仕事のシフトを代わってもらったりしてきました。
でもその日はちょうど人が足りないので、代わりが見つからないということは職場に迷惑をかけてしまいます。
ギリギリまで何人かの同僚に声をかけて返事を待っているときに言われて、わたしもつい「パートだからって一応は仕事なんだよ。自分は代わりに休もうかとかそういうのはないんだね!」と言ってしまいました。
主人は、「今日は打ち合わせがあるから自分は休めないんだ。」と…。それを聞いてもわたしの気持ちはおさまらず、「こっちはいま色々調整しなくちゃいけなくて大変なんだから」とますますイライラ…。

イライラしたまま、小児科の予約をしたり元気な娘に朝食を食べさせ登校の準備をしたりしました。
また、息子が熱を出している状況では娘の習い事の送迎ができないので娘に習い事をお休みするよと伝えて振替えの予定を考えました。
ここで、娘が「今日行きたかった~!」となり…最初は娘の気持ちを考えてかわいそうに思っていましたが、何度もしつこく言われるとわたしも「しつこいよ!」と…娘の行きたかった気持ちは分かりますが、逆の場面もありえるのだから今回は分かってよ~という気持ちになってしまいました。
わたしに余裕があれば、娘の行きたかった気持ちにもっと寄り添えるのでしょうが、ダメな母です

そうしていると、同僚から「代われるよ!」との連絡が本当に感謝です!お礼を伝え代わってもらうことになり、一安心。わたしのイライラした気持ちは仕事の代わりのパートさんが見つかったことで少しおさまりました。
主人は仕事、娘は小学校へとそれぞれ出発して熱を出している息子と二人きりになってわたしも冷静になり…あぁ、八つ当たりしてしまったと反省しました。余裕がなく自分のことしか考えていなかったと…。

主人は普段、家事育児に協力的です。何か行事のときには有給をとってくれたり、わたしやこどもの病気や怪我でフレックスタイムを使い遅刻や早退をしてくれたこともあります。なので、今回は本当に抜けられない打ち合わせがあったのだと思います。わたしも結婚前に正社員で働いた経験がありますから、抜けられない仕事があるというのも理解しています。
今回は、言い方や言うタイミングが余裕のないわたしにとってイラッとするポイントだったのだと思います。でも、思い返すと、主人は主人で息子のことを心配していましたし、わたしの負担を軽くしようと考えて朝から洗濯や洗い物などたくさん協力してくれていました。本当なら「ありがとう。」と言わなくてはならないくらいです。

こどもが幼稚園ということもあり、フルタイム勤務ではなくパートで働くということも、こどものことについてはわたしが対応できるように融通がきくところで働くということもわたしが自分で決めたことです。そもそも、パートしよう!と思ったのもわたしで、主人に働くように言われたわけでもありません。
こどもが熱を出すのは想定内のことなのに、ついイライラしてしまった自分に反省です。
主人はわたしに余裕がなくてわたしがイライラしていることをお見通しなので、喧嘩にはならずにすみましたが…。

こどもが熱をだすのは仕方ないことです。また、こどもを心配する気持ちはきっと父母同じ。だから、休みやすい方が休むしかないという現実を受け入れてその場その場で何とかしていくしかないんですよね。
これから冬の風邪シーズンがこわいですが…がんばりましょ~

ちなみに、わたしは病児保育にも念のため登録しています。でも、わたしの登録している病児保育は、事前に病院受診して医師に専用の用紙に記入してもらってから預けるというルールがあります。今回は、病院受診して病児保育に提出する用紙を書いてもらう=その時間仕事にいけないという状況でしたので使うことができませんでした。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング