定期接種、任意接種を合わせるとこどもはかなりの数の予防接種をうけます。
風邪をひいていないタイミングで接種し、その日はなるべく家で様子をみるというのが基本だと思います。副反応がでることがあるから家で様子を見ましょうということになっているのだと思いますが、実は、娘も息子も副反応がでてしまったことがあります。

※医師ではないひとりの母の記録&記憶をもとに書いています。ご自身やお子さんに気になることがありましたら必ず医師の診察をうけてください。治療方針や副反応の出方もひとそれぞれですので、参考程度にとどめ必ず医師の説明をうけて相談してくださいね。あくまでも参考と考えてわからないことや不安なことがあったら病院に確認してください。

予防接種の副反応【娘の場合】

娘は、予防接種で副反応がでてしまったことが2回あります。

《ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンの同時接種で発熱》
生後3ヶ月のとき、ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンの同時接種(2度目)を午前中にうけたその夜に38度以上の発熱がありました。翌朝すぐに小児科に電話をして受診しました。翌朝には熱は下がっており、機嫌も悪くなく風邪症状もなかったため、「おそらく副反応でしょう」ということと「しばらく様子をよくみてくださいね」と言われました。娘が第一子ということもあり、副反応がでたことで不安がありましたが「必要以上に心配しなくて大丈夫ですよ」といった趣旨のことを言われました。
3回目のヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンの同時接種の際はかなりドキドキしていたのですが、副反応がでることはありませんでした。それ以降の追加接種などでも副反応はでていません。

《MRワクチンで腕が腫れあがる》

一歳ちょうどのとき、MRワクチンを午前中にうけた日の夕方、娘の腕が腫れていることに気が付きました。予防接種の部分だけが蚊にさされたように腫れているというレベルではなく、腕全体が腫れあがっているという状態でした。二の腕あたりに接種したはずなのに、肘をこえて腫れているので心配になって小児科に電話をかけてすぐに受診したほうがいいか相談をしました。(受付終了時間間際でした…)「手のひらまでぱんぱんに腫れて痛がるようでなければ様子をみて大丈夫です。」と言われたので、その日は様子を見ることにして翌朝も腫れが全くひいていないようだったら受診することに。
翌朝、まだ腫れていましたが、娘の機嫌は悪くなく痛がってもいなかったので少し様子をみていたところ少しずつ腫れがひいているようでしたので、受診せず様子をみて数日で腫れはひきました。
その後のMRワクチンの追加接種のときは副反応はでませんでした。


予防接種の副反応【息子の場合】

息子が予防接種で副反応がでたのは赤ちゃんのときではなく、最近の話です。

《インフルエンザの予防接種で発熱》息子3歳昨年(3歳)のインフルエンザの予防接種の1回目の翌日の夜中に38.5℃の熱をだしました。翌日の夜中ということで副反応なのか風邪なのかわからなかったのですが、翌朝はすっかり熱も下がり平熱で元気モリモリ。
2度目の予防接種をうける際の問診票や問診で1回目の翌日に発熱した旨を伝えて医師に相談しました。2度目の接種をうけることにして予防接種をうけたのですが、2度目の接種後はとくに副反応はありませんでした。
息子がインフルエンザの予防接種をうけたのは昨年が初めてではありません。おととしより以前は副反応がでたことはなかったので、何ででしょうね…。

副反応がでてしまったら

必ず、予防接種をうけた病院に連絡をして受診したほうがいいか相談しましょう。また、母子手帳に〈いつ何の予防接種でどんな副反応だったか〉をメモをしておくといいと思います。
ほかの種類の予防接種のときも含めて、予防接種をうける際に記入する問診票には必ず《これまでに予防接種をうけて副反応がでたことがあるかどうか》を記入する欄があります。副反応がでたことがある場合は必ず〈いつ何の予防接種でどんな副反応だったか〉を記入して医師に伝えましょうね。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村