娘、扁桃腺とアデノイド手術(1)・(2)・(3)・(4)・(5)
のづづきです。

※医師ではないひとりの母の記録&記憶をもとに書いています。ご自身やお子さんに気になることがありましたら必ず医師の診察をうけてください。治療方針もひとそれぞれですので、参考程度にとどめ必ず医師の説明をうけて相談してくださいね。

入院直前の出来事

さて、翌日に入院を控えた夜、我が家では大変なことが起きてしまいました。息子が胃腸炎を発症してしまったのです。。。突然、吐いた息子…これは胃腸炎かも!と慌てて娘と離して別室に。(主人が息子につきそいました。)夜中、熱があがり吐きつづけ…これは胃腸炎だと確信。。万が一、娘にうつっていたらどうしよう…翌日は入院であさっては手術というタイミングでの胃腸炎に、わたしはパニック。眠れぬ夜を過ごしました。
夜が明けて、娘の入院予定の病院に朝イチで電話して娘を予定通り入院させていいか聞こうとしたのですが、電話がつながらず…仕方ないので予定通り娘を連れて朝病院にいき、受付で弟が胃腸炎を発症した旨を伝えて予定通り入院していいか聞くことにしました。

入院の日 入院手続き~病棟へ
病院で弟が胃腸炎を発症した場合の入院について聞いてみたところ本人が発症していないので可能とのことで、入院の窓口で手続きを行いました。娘の場合、主治医は耳鼻咽喉科ですが、6歳ということで小児科病棟に入院しました。娘の入院した病院の小児科病棟は親が付き添いの部屋と付き添わない(親も基本的に面会時間内のみ)の部屋がありました。事前に希望はだせるけれど、病状や年齢、他の入院患者さんとの兼ね合いなどで希望通りにならないこともよくあるようです。娘は付き添いなしの4人部屋に入院することになりました。わたしは付き添い入院のつもりで準備していたのですが、付き添いなしの部屋に決まり最初は娘が心配な気持ちでいっぱいでした。でも、同じ部屋に年齢の近い女の子がいてお友達になれたこと、娘はわたしにだとどうしても甘えてワガママになってしまう(薬イヤだ!など)こと、息子の胃腸炎やわたしの体力など色々な理由がありますが、結果的には付き添いなしの部屋で良かったと思いました。
入院当日は、色々な説明をうけました。トイレや食事に関することなど病棟の生活面のこと、面会や親の飲食スペースについてのこと、明日の手術の麻酔科の医師からの説明、手術日の流れや親はどうしたらいいか(何時までに病院にきてどこで待っているかなど)などなど。あっという間に時間が過ぎていきました。娘は、テレビをみたり本を読んだりして時間を過ごしていました。面会時間が終わるくらいにはもう眠たそうにしていたので、「明日は手術の日だから特別に面会時間の前から来ていいって言われたら、朝からくるから待っててね」と言って看護士さんにお任せしてこの日は病院をあとにしました。特にグズることもなく「おやすみ」と言ってくれたので面会時間終わりで帰る他の方と一緒くらいのタイミングで病室をでました。

※娘の入院期間のわたしの日記…携帯にメモしていたものがなくなってしまい、記憶をもとに書いています。多少、記憶違いがあるかもしれません。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング