まだ11月半ばですが、お店の飾り付けなどはもうクリスマスムードですね!

わが家も、そろそろプレゼントの用意をしたりケーキの予約をしたりしなくては!
娘は、おばあちゃんにクリスマスカードを送りたいと準備をしています。
飾り付けは…もうちょっと先でいいかな…(←ついつい後回し…)

実は今年、わが家のクリスマスは過渡期を迎えています。
小学生の娘がサンタクロースさんの存在を疑いはじめたようなのです。(去年からちょっぴりは疑っていたけれど…)

小学生ともなると、お友達から様々な情報が入ってきますよね?!
お友達の中には中学生や高学年の兄姉がいるお友達もいるし、「サンタクロースなんていないんだよ!!」とはっきり言うお友達もいるみたいです。

う~ん…どうするべきか…
いろんなことが分かってくるのも成長の証ですもんね。

わたしとしては、あと一度、今年のクリスマスだけはまだファンタジーの世界で過ごして欲しいなぁと。
息子が幼稚園児の間までは今までみたいに「サンタさんが来てくれた~!」とふたりでクリスマスの朝に喜びあってくれたらいいなと思うのです。

娘がそうであったように、息子も小学生になればいろんな情報を得ていくことでしょう。
今年がラストなのかな…と思っていて。

主人は、反対に「娘はもう小学生なんだし、お友達との関係もあるし、今回話をしたらいいんじゃない?!」と。

主人が言ってるのも一理あります。
というか、そうするべきなのかな?!

う~ん…

PhotoGrid_1542121916730
↑以前のクリスマスの時期に作ろうとしたクッキーっぽいもの。
たしか、失敗したような…
年も何か作ろうかな~!?